自分が嫌いになった時にすべき心を鍛える4つの習慣

自分が嫌いになった時にすべき心を鍛える4つの習慣
「もうこんな自分が嫌!」と自分が嫌いになってしまうことってありますよね。頑張っているのに仕事でミスしてしまったり、職場での人間関係に嫌になったり。また、恋人ともケンカばかりしてしまってこんなはずじゃなかったのに。と落ち込んでしまう。

人として生きていく限りは、他人との接触は避けられません。人は自分を写す鏡のようなものであるといいます。人と接することで自分の嫌なところを見てしまうことになる為、自分が嫌になってしまうのです。ですが、自分が嫌いってなんだか寂しく悲しいものです。出来れば自分を好きでいきいきと生きていきたいものですよね。

そこで今回は、自分が嫌いになった時にすべき心を鍛える習慣について4つお伝えしていきます。

[ →続きを読む… ]

イライラを抑える為に行う、心を整えるための術

イライラを抑える為に行う、心を整えるための術
普段の生活では次から次へと起こる問題に悩まされ、イライラを抑えるのも一苦労してしまいますよね。自分では万全だと思って取り組んでいた問題でも、周囲との意見の相違や、誰かのうっかりミス、担当者の無責任な対応などで頭が痛くなることがあります。

そんな時、周囲にイライラしているところを見られるのは避けたいものですし、もしイライラを相手にぶつけたとしても自分の気持ちがおさまるどころか、相手までイライラさせてしまって良い結果になることはまずないでしょう。

そこで、無理矢理イライラを抑え込もうとしてみても、感情のコントロールというはそんなに上手くいきませんよね。そこでこの記事では、心理学的にも有名なイライラを抑える為に行う、心を整えるための6つの術についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

なぜか辛い時は理由を探って対処するとスッキリする4つのワケ

なぜか辛い時は理由を探って対処するとスッキリする4つのワケ
「人生山あり谷あり」とはよくいいますが、うまくいかないことが続くと、本当に辛い気持ちになり、すべて投げ出してしまいたい!と思ってしまいますよね。

家族、仕事、恋愛や交友関係など様々な人間関係が日々の生活には存在しています。仕事が波に乗っていて、恋人とも順調で信頼できる友人がいて毎日が楽しく充実していると感じている時はいいのですが、そのバランスがふとしたことで崩れてしまうと、人は苦しく辛い気持ちになってしまうのです。

その辛い気持ちから脱するためには、なぜ今辛いのかを探る必要があります。そのままにしていてもいいことはありません。

少しでも辛い気持ちを改善するために、辛い理由を見つけてスッキリしたいと思うことでしょう。そこで今回は辛い時に理由を探って対処するとスッキリする4つのワケをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

イライラしない方法を知ると、平常心が保てる3つの理由

イライラしない方法を知ると、平常心が保てる3つの理由
短気は損気なんて言われても、イライラしない方法なんてなかなかないし、頑張ってイライラしないようにすると余計にイライラしてしまうものですよね。

でも、周りを見てみてください。常にイライラしている人と穏やかな人、どちらに魅力を感じますか。圧倒的に穏やかな人ですよね。イライラしてしまうのは性格だから、イライラしない方法なんてないと考えていたかもしれませんが、常にイライラしている人と穏やかな人では物事の受け止め方に違いがあるようなのです。

そこで今日は、平常心を保てる、イライラしない方法についてお伝えします。自分だって穏やかな人に憧れるけど、どうも感情のコントロールがうまくいかない、すぐにイライラしてしまうという人は必見ですよ。

[ →続きを読む… ]

人生疲れたならゆっくり休むと回復する理由

人生疲れたならゆっくり休むと回復する理由
毎日が忙しい、嫌なことが立て続けに起こってしまった時などは、「なんでこうなったんだろう。もう人生に疲れた…」と思ってしまいますよね。身体だけではなく、心も疲労してしまっている状態です。

これでは毎日起きるのも億劫ですし、外に出るのもイヤになるでしょう。最近は中高年の引きこもりが増えていますが、こういう人生に疲れた、何もやる気が起きない、という人にも、もちろん身体と心の両方の回復が必要です。

特に心が疲れていると、うつや引きこもりだけではなく、不眠や摂食障害、その他の体の不調までも引き起こしてしまいます。

他人から見て「甘えだ」と言われても、本人はとても辛いものです。その言葉は、本人が何よりも自分にぶつけてきたもので、だからこそ身体も心も疲れきって「もうイヤだ。人生疲れた…一体何の意味があるんだ」と立つ気力までなくなってしまうほどなのですから。

そこで今回は、人生に疲れたあなたに、身体と心をリラックスさせて休息をとる大切さや、休むと回復していくのは何故なのかをお伝えします。

[ →続きを読む… ]