「継続は力なり」で成功した世界の偉人達、その7つの感動話

「継続は力なり」で成功した世界の偉人達、その7つの感動話

「継続は力なり」は、企業の社訓や学校のスローガンにかかげられるなど、努力や修練の継続の重要性を端的に表現した言葉として、あまりにも有名です。

しかし、誰もがひとつの事を続けることが大切であることを知りながら、途中で諦めてしまったり、モチベーションが下がって飽きてしまったり・・・・・・。

「継続は力なり」は言うはやさしいですが、体現するとなるとなかなか簡単にできることではありません。けれどもできるなら諦めないでひとつのことを続けて極めてみたい。そんなあなたに、「継続」を実践し続けて大きな功績を残した偉人たちのエピソードを紹介します。



 

「継続は力なり」で成功した世界の偉人達、
その7つの感動話

 

絵と向き合い続けたゴッホ


ひまわりの絵が有名なヴィンセント・ファン・ゴッホは、仕事も恋愛も家族関係も、うまくいかないことだらけの人生でした。最後には自分の胸を拳銃で打つという壮絶な死に方をしていますが、彼の絵が死後多くの人に認められたのは、「絵を描く」ことに向き合い続けた結果といえます。

ゴッホは精神を病んで入院したり、自分で耳を切ったり、周囲の人たちに疎まれながらも貧しい生活のなか絵と向き合い続け、残したたくさんの作品が没後ではありますが大きな評価を得たのです。数々の挫折の中でも絵を書くことを諦めなかったからこそ彼の功績があるのですね。

 

前向きに挑戦し続けたエジソン


偉大な発明家として知られているトーマス・アルバ・エジソンは、私たちの生活に必要不可欠な電気の発電と送電を事業化したり、白熱電球や、オーディオの原型となった蓄音機などを発明し普及させるなどの功績を残しています。

彼の格言に「わたしは、今までに、一度も失敗をしたことがない。 電球が光らないという発見を、今まで2万回したのだ」というものがあります。

「電球が光らない」ことを失敗ではなく発見とポジティブにとらえ挑戦し続けたことが、今の私たちの便利な生活につながっているのです。

 

努力を続け自信をも獲得したイチロー


背番号51番がトレードマークのメジャーリーガーで天才バッター、鈴木一郎は、野球に興味がない人でも知っている生きた偉人です。

彼の名言のひとつに「努力した結果、何かができるようになる人のことを、天才というのなら、僕はそうだと思う」という言葉があります。

自分は初めから天才ではないけれども、できる限りの努力を積み重ねてきて結果をつかんできたのだという、自信にあふれた言葉です。「継続は力なり」はもちろんのこと、継続それ自体によって自信が得られることも教えてくれるのがイチローです。

 

努力する凡才!? アインシュタイン


現代物理学の父とされるアルベルト・アインシュタインは、特殊相対性理論を初めとする多くの理論を提唱した天才物理学者です。

存命中から誰もが彼を天才と認めていましたが、実はアインシュタイン自身は自分を「凡才」として思い上がることなく、研究に没頭して常に努力を忘れなかったといいます。

「天才とは努力する凡才だ」という言葉からも、彼の輝かしい功績は「継続は力なり」を地道に、楽しみながら実践してきた所以であると言えるかもしれません。

 

運命に立ち向かい続けたベートーベン


ベートーベンは、クラシック音楽に詳しくなくても「運命」「エリーゼのために」などの傑作で誰もが知る音楽家です。彼のエピソードとしては、途中から徐々に耳が聞こえなくなったにもかかわらず、聴力を失った後も次々とたくさんの名曲を生み出していったことが有名です。

それだけでも信じられない精神力を持っていることが分かりますが、ベートーベンはとても不器用な努力家でもあります。「運命」の第2楽章には8回も書き直した部分があり、散歩中などに書き付けたメモは7000枚にも及ぶといいます。

聴力を失うという音楽家としては致命的なハンデを追いながら、納得の行くまで試行錯誤をくり返し音楽と向き合い続けた、ベートーベンは努力と継続の天才だったのです。

 

情熱を燃やし続けたカーネルサンダース


世界80カ国、1万店舗以上に及ぶファーストフードの大チェーン店「ケンタッキーフライドチキン」の創業者カーネル・サンダースは、誰もが白いスーツを着た老紳士の姿を思い浮かべるられるくらい知られていますね。

実は彼が「KFC」を創業したのは65歳と高齢で、最初のレストランはサービスも味も評判がよかったものの、フライドチキンのレシピをアメリカ中に売り歩くもなんと1009回も断られ続けたといいます。

高齢で生活的にも経済的にも厳しい中、それだけ断られても諦めずにレシピを売り込み続けたからこそ、今や知らない人はいない大チェーンへと成長をとげたのですね。

60歳をこえても「おいしいもので人を幸せにしたい」という情熱を燃やし続けたカーネルこそ継続の天才かもしれません。

 

感動を与え続けたJ・K・ローリング


本・映画ともに大ヒットしたあの「ハリー・ポッター」シリーズの著者J・K・ローリングは、貧しいシングルマザーから、世界でもっとも裕福で著名な作家へとのぼりつめたサクセスストーリーの持ち主です。

J・K・ローリングは、ジャーナリストの夫との不和で離婚した後、一人の娘を抱え、生活保護を受けながらたいへん貧しい生活を送っていました。

生活苦と貧困でうつ病になりながらも「ハリー・ポッター」の執筆に没頭し続け、「ハリー・ポッターと賢者の石」を完成させます。母ひとり子ひとりの苦しい生活の中でも、あきらめて他の仕事につくことなく、自分の「書きたい」という情熱を持ち続けたからこそ、世界中の子供に愛される物語を生み出せたのですね。

「継続」を体現することがすばらしい仕事を生み、多くの人たちに大きな感動をも与えることもできるのです。

 

いかがでしたか。

苦難に何度も直面しながらも、決して自分の信じた道をあきらめずに努力し続けた、世界の偉人たちのエピソードをご紹介しました。誰もが決して最初から世間に認められるような偉業を成し遂げていたわけではなく、継続の努力を惜しまなかった結果、(場合によっては本人が亡くなった後に)その成果が認められていたのです。

偉人たちに共通することは、決して自分を天才とは思っていないことです。アインシュタインの「天才とは努力する凡才だ」という言葉に表れているように、彼らは自分を天才だと驕ることなく、描いた夢や未来のために少しも努力を惜しまなかったのです。

なかなか結果が出ず、あきらめそうになったときは、今となっては知らない人はいない偉人たちも、数え切れないほどの努力の積み重ねと継続によってようやく成果が出たのだということを思い出し、励みにしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

「継続は力なり」で成功した世界の偉人達、その7つの感動話

・ 絵と向き合い続けたゴッホ
・ 前向きに挑戦し続けたエジソン
・ 努力を続け自信をも獲得したイチロー
・ 努力する凡才!? アインシュタイン
・ 運命に立ち向かい続けたベートーベン
・ 情熱を燃やし続けたカーネルサンダース
・ 感動を与え続けたJ・K・ローリング

でも自信がない、ちょっと元気がなくなってしまった時にはこの音声を聞いて、やる気を取り戻しましょう。だまされた!と思って試してみてください、結構すっきりして自信を取り戻せるはずです。

自信満々になってやる気を取り戻す音声

この音声のダウンロード版を用意しているので、よかったら下記よりダウンロードして、スマホや音楽プレイヤーなどに入れてお使い下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント