娘の彼氏を嫌いになったとき、距離を置いて関わる策

娘の彼氏を嫌いになったとき、距離を置いて関わる策
娘の彼氏を嫌いになる親は珍しくありませんよね。親にとって娘は何にも変えがたい存在、幼い頃から目の中に入れても痛くないほどかわいがり、その成長を見守ってきた、文字通り宝物です。その娘を見知らぬ男が奪っていくのですから、どんなに相手が良い男でも寂しさに見舞われるものです。

ましてや、その相手が自分の嫌いなタイプだったら、と思うとぞっとしてしまうという人もいるでしょう。でも実際には、娘の連れてきた彼氏が嫌いでたまらない、というお父さん、お母さんも少なくないのです。

なかには、娘の彼氏が嫌いで顔を見るのもイヤという人もいます。なのに、交際の進展次第ではどうしても会わなければいけない機会がでてきます。辛いところですね。そこで今回は、娘の彼氏を嫌いになったときに、距離を置いて関わる方法についてお伝えします!



 

娘の彼氏を嫌いになったとき、
距離を置いて関わる策

 

父親が娘の彼氏が嫌いになったときは、とりあえず母親に任せよう!


まず、父親が娘の彼氏を嫌いになった場合について考えてみましょう。どこの家庭でも、娘のことについては父親より母親の方が詳しいものです。女は女同士、余程仲の悪い母娘でない限り、恋愛や結婚のことは父より早く母に相談しているはずです。

また、付き合いの長い夫婦であれば、何も言わなくても、妻は夫が何を考えているか分かるもの。娘が連れてきた彼氏がどうにも気に入らないというときは、意地を張らずに奥さんを頼ってしまいましょう。

勘の良い奥さんなら黙っていても適当に自分がイニシアティブをとってくれるでしょう。ちょっと鈍めの奥さんなら、こっそり「あんまり会いたくないんだよなぁ」と伝えてしまうのもありです。

大切なのは、娘さんには彼氏が気に入らないとか、嫌いだとかいったネガティブな感情をダイレクトに伝えないこと。父親が彼氏の好き嫌いをあからさまにしてしまうと、娘さんが恋人や彼氏と別れることになったとき、しこりとして残ってしまいます。子供とはいえ、彼氏が出来る歳になればもう大人です。

自分のパートナーは自分で選びたいもの、意見を伝えるにしても、間接的に、スマートにアドバイスするように心がけてください。

一人娘だったりすると、特に感情的になってしまったりしますが、男親はクールに振舞うのが効果的です。どうしても言いたいことがあるときは奥さんの力を借りてしまいましょう。

 

母親が娘の彼氏が嫌いになったときは、娘と話してみる!


一方、母親が娘の彼氏を嫌いになるケースもあります。こちらはちょっと複雑です。誰しも苦手な人間と付き合うのは嫌なものです。かといって、彼に会ってという娘さんのお願いを無視し続けるわけにはいきません。

どうしても好きになれない彼氏と娘さんの仲が深まってきて、相手が自分の家に顔を出すようになったら、思い切って娘さんと話してみましょう。そんなとき、ストレートに自分は彼氏が嫌いだと伝えてしまうのはよくありません。

娘さんが傷つくばかりでなく、親に貶されたせいで一層ほれ込んでしまうということにもなりかねないからです。恋愛というのは、反対されると燃え上がってしまうのですね。

では、どんな風に話せば良いのか?彼氏のことを娘さんと話し合うときは、まず、娘さんがどうして彼のことを好きなのか、彼のどこを好きになったのかについて、訊いてみましょう。

親としては、娘が連れてきた彼氏だというだけで彼に対する見方にもある種のバイアスがかかってしまっています。娘の口から、彼の良いところ、悪いところ、それらを含めてどんな風に愛しているかを訊いてみてあげてください。もしかしたら、彼氏が嫌いという気持ちも薄まってくるかもしれません。

また、どんなに話をきいても好きになれない場合は、「分かったよ。今仕事が忙しくてあんまり会えないけど、慎重に付き合いなさい」というように、適当に理由付けをして、距離をとるようにしましょう。

最初から放置するのではなく、きちんと話をすることで、娘さんも理解を示してくれるはずです。大切なのは、歩み寄りを見せる態度なのです。

 

娘の彼氏が嫌いになったときは、本人と話してみる!


どうしても娘の彼氏を好きになれない、だけど、娘本人は彼のことを大好きらしいというときは、思い切って彼氏本人と一度話してみましょう。相手を気に入らないときは話すのも嫌なものですが、逃げ回ってばかりいるとみっともないと思われてしまいます。

ここは大人の余裕を見せておきましょう。会うからと言って、無理に好きになる必要はありません。また、何度も会う必要もないのです。親の役割として顔を合わせ、話をしておけば、あとは距離をとって、娘さんたちに任せておけばいいのです。

大切なのは、けじめです。親がけじめを示しておくことで、娘さんの彼氏も娘さんや貴方たちにけじめを示さざるをえなくなります。娘さんを大事にしてもらうために、ちょっと折れておけば良いのです。娘さんの彼氏と話すときは、自分が話すよりも、相手に話をさせるよう仕向けましょう。

話をするときは、詰問調になったり、仏頂面になったりしないように、屋外など気楽に話せるところで顔を合わせるのがお勧めです。よく、映画やドラマなどで訊ねてきた娘の恋人に過剰反応してしまう父親像が描かれますが、これはよくありません。

いきなり自宅に呼ぶと、「敵」が侵入してきたような心理的危機に陥りがちです。穏やかに話すにはお互いのテリトリー外で会うのがお勧めです!

 

娘の彼氏を嫌いになったらなかなか穏やかではいられないもの。でもそこで感情的に接してしまうと、後々の関係に響いてきます。男親が娘の彼氏を嫌いになる、どうも上手くいかない、好きになれないと思ったときは、いっそ母親に下駄を預けてしまいましょう。

付き合いの長い夫婦であれば、奥さんが上手に仕切ってくれるのを期待してもいいでしょう。一方、母親が娘の彼氏を嫌いになったときは、娘さん本人と話してみましょう。娘さんの口から彼の良いところ、悪いところを話してもらうと、彼氏に対する気持ちも変わるかもしれません。

また、変わらなくても、距離を置く口実を伝えやすくなります。娘さんと話しても彼氏を嫌いだという強い思いが消えないときは、思い切って彼氏本人と話してみましょう。

大切なのは、娘さんや彼氏と意志の疎通を図ることです。一度話をしてしまうと、後は自然に距離をとることができるものですので、ここは大人の余裕をみせましょう!

まとめ

娘の彼氏を嫌いになったときには

・母親を介して間接的に!
・娘と話をしてみる!
・彼氏本人と話してみる!

ことがお勧めです!

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれると話題の「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。

プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

近日中に起こる運命を知りたい方は、初回無料ですので是非お試しください!

コメント