就職面接が苦手な人に薦める!コミュニケーション攻略法

就職面接が苦手な人に薦める!コミュニケーション攻略法

就職面接って緊張しますよね。希望する会社に入社できるかどうかがかかった重要な面接なのですから、当然と言えば当然です。

「内定」の二文字を手にするために、志望動機や自己PRなど面接で話す内容を考えたり、服装に気を使ったりなど、でき得ることを駆使して就職面接に臨む人も多いのではないでしょうか。

でも、これらももちろん重要ですが、就職面接でもっとも重要なことは、コミュニケーションなんです。就職試験の面接官は、あなたが話す内容よりもあなたのコミュニケーション力を見ています。それは、会社というひとつの組織の中では、誰かと必ずコミュニケーションを取る必要があるからです。

就職面接において、必ず内定をもらえるという絶対的な正解はありませんが、面接官とうまくコミュニケーションが築ければ、合格率が跳ね上がりますよ。では、さっそく就職面接で上手にコミュニケーションをとるための秘訣をお伝えしましょう。



 

就職面接が苦手な人に薦める!
コミュニケーション攻略法

 

何を伝えるのかではなく何が伝わるかを意識しましょう


多くの人が就職試験で内定をもらうために、どんな質問をされるかを想定して、志望動機を聞かれたらこう答えよう、自己PRではこれを話そうなど、綿密に準備しますよね。

それをしっかりと暗記した状態で就職面接に臨む人も多いのではないでしょうか。でも、これではどこか不自然で、言葉に気持ちがこもらないので、面接官に暗記したことを言葉にしていることを見透かされてしまいます。

こうなると、「コミュニケーション力が低い」という印象だけが強くなってしまうため、どれだけアピールをしてもなかなか良い評価につながりません。

つまり、あなたが言葉で伝えた内容よりも表情や声のトーンなどから相手が受け取った印象があなたの評価に繋がってしまうということです。

たとえば、コミュニケーション力があることをアピールしているのに、自分の話だけが長かったり、リーダーシップがあることをアピールしているのに、自信のない表情をしていたりしたら、どうでしょう?言葉で伝えられたままの印象を持つことができますか?少し難しいですよね。

質問されたことにしっかりと答えることだけが評価に直結するわけではありません。言葉にした内容とそれを伝えているあなた自身の印象が一致して初めて言葉にした内容を評価してもらえるので、伝えようとしている内容と自分自身を照らし合わせ、しっかりと一致させておくことが大切です。

 

自分に自信を持ちましょう


あなたは「今」の自分に自信がありますか?「あまりない」とか「ない」と答える人も多いかもしれませんね。実は、就職試験で面接官とコミュニケーションを取るためには、自信が重要になってきます。

でも誤解しないでくださいね。自信と言っても「誰にも負けない強み」という意味の自信ではありません。就職面接では、志望動機や自分自身のこと、将来的な夢などを聞かれることがありますが、口先だけのコミュニケーションでは、目先を取り繕うような浅いコミュニケーションになってしまいます。

面接官の心を動かすしっかりとしたコミュニケーションを取るためには、「今」の自分に自信を持ち、それを強みとすることが大切です。自分では気づかないものですが、自信のなさは表情や声のトーン、態度などに現れます。

面接官はこれまでに何十人、何百人と面接をしてきたプロですから、自信がないことも見破ってしまいます。「今」の自分に自信がないという人は、「ほんの少しがんばればできること」「ほんの少し勇気をだせばできること」を毎日ひとつずつやってみることから始めましょう。これを継続していくことで、少しずつ内側から変わっていくことができますよ。

 

相手の目を見て笑顔で話しましょう


面接試験では、誰もが緊張するので、表情も硬くなりがち。でも、これではコミュニケーション力が高いことをアピールできません。人に笑顔を向けられるとなんだか安心できて、警戒心もほぐれますよね。

これは、面接官も同じです。就職面接という誰もが緊張する空気の中、笑顔で話せる人には好印象を抱くもの。場の空気を読まずにただヘラヘラと笑っているようでは問題ですが、まったく笑わないのも考えものですよね。

コミュニケーション力をアピールするためには、時折笑顔を交えながら、相手の目を見て大きな声ではっきりと話すことが大切です。

相手の目を見て話すのが苦手な人は、無理をして目を合わせようとすると、緊張が増してしまうため、面接官の目のすぐ下を見て話すのがおすすめです。

 

成功させたい気持ちを全面に出し過ぎないようにしましょう


内定を取りたい気持ちが強すぎると、その気持ちが全面に出てしまう傾向があります。すると、無意識に面接官に媚びるような受け答えをしてしまいがち。これでは、面接官とのコミュニケーションがうまく取れなくなってしまうため、好印象とはほどとおいですよね。

内定を取りたい、就職したいという気持ちを持つのはある意味当たり前です。それは、決していけないことではないのですが、その気持ちが必要以上に強すぎると、面接官にあなたの魅力が正しく伝わらなくなってしまいます。

就職面接は、面接官との対話です。1社落ちたからと言って、あなたの夢が潰えるわけではありません。「今日は面接官とコミュニケーションをとるために来たんだ」と良い意味で開き直り、楽しむつもりで就職面接に臨みましょう。

 

具体的なエピソードでコミュニケーション力をアピールしましょう


就職面接では、コミュニケーション力は大きな武器になります。でも「私はコミュニケーション力があります!」と言っても面接官に信用してもらうことはできませんよね。

では、コミュニケーション力があることを信用してもらうにはどうすれば良いのでしょうか。コミュニケーション力があると評価してもらうためには、具体的なエピソードを盛り込み、説得力のある内容で自分をアピールすることが大切です。

アルバイトや高齢者、地域の人との交流、留学などの経験からどうやってコミュニケーションを学び、それをどう生かし、どんな結果が得られたのかをしっかりと伝えることで初めて面接官に評価してもらえます。

コミュニケーション力があることをアピールしたいのは、誰もが考えること。だからこそ、どんなエピソードをどのように伝えるのかが重要ですね。

 

いかがでしたか。

就職面接って、どれだけ練習を重ねても、どれだけ就職面接を受けても慣れることはないですよね。憧れの企業に入社するために、誰もが就職面接に向けた準備を進めていきますが、ただ聞こえの良い言葉を並び立てるだけでは内定にはつながりません。

どんな仕事も人とのコミュニケーションが必要不可欠。企業は、できるだけ仕事をスムーズにこなせるようコミュニケーション力が高い人材を探しているので、内定を得るためには、就職面接でどれだけコミュニケーション力があることをアピールできるかが重要です。

面接官は、あなたが話す内容よりもあなたの表情や声のトーンなどから、あなたの言動と印象が一致しているかを見て、どの程度コミュニケーション力があるのかを判断しています。

成功させたい気持ちを抑え、笑顔を混ぜながら、面接官の目を見てしっかりと思いを伝えることが大切です。就職面接が苦手な人は特に、ここにご紹介したことを参考に、コミュニケーション力をアピールしてみてくださいね。

 

まとめ

就職面接が苦手な人に薦める!コミュニケーション攻略法

・ 何を伝えるのかではなく何が伝わるかを意識しましょう
・ 自分に自信を持ちましょう
・ 相手の目を見て笑顔で話しましょう
・ 成功させたい気持ちを全面に出し過ぎないようにしましょう
・ 具体的なエピソードでコミュニケーション力をアピールしましょう

試練に直面して、自分を信じられないときに必要な言葉

音声はいかがでしたか?こちらの、ダウンロード版も用意していますので、スマホや音楽プレイヤー等に入れて諦めそうな時に、挫けそうな時に、何度も聞き返して下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント