感情をコントロールして、円満な人間関係を築くには

感情をコントロールして、円満な人間関係を築くには
皆さんご存知のように、感情をコントロールするのは簡単ではありませんよね。他人のちょっとした言葉にイライラしたり、些細な失敗にクヨクヨしたり。上手に感情をコントロールできたら、仕事の能率もあがり、プライベートも充実させられるのにと思っている人は少なくないでしょう。

一方で、いともやすやすと感情をコントロールしているように見える人たちがいます。困ったことがあっても声を荒げるでもなく、表情も変わらない、イライラ、くよくよする人にとっては羨ましい人たち。どうすれば彼らのように感情をコントロールできるのか、不思議ですよね。

実のところ、彼らをよく観察していると、そのコツは伺えるものなんです。そこで今回は、感情をコントロールして円満な人間関係を築くための考え方のコツをお届けします。

感情をコントロールするには外側から刺激を取り入れる!

外側から
感情をコントロールするには、イライラくよくよしそうなとき、外側から刺激を取り入れると良いのです。

たとえば、職場で誰かが失敗したとき、部署全体の空気が悪くなってしまいますよね。上司がイライラした声をあげたりすると、一気にムードが悪化します。そういうとき、ちょっと窓を開けて外からの空気を入れればよどんだ空気を動かすことができます。

BGMをかけられる環境なら、音楽を流すのも良い方法です。場が凍ってしまったときは、場の空気を動かすと緊張感が緩和するのです。

個人的な対処法もこれと同じです。自分が叱られたときには、外に出て深呼吸をしてみましょう。イヤホンで音楽を聴いたり、軽く何かを食べるといった好意も感情を収めてくれます。身体の中に何かを「入れる」のがポイントです。

感情のコントロールの上手い人、怒らない人を見ていると、イライラしそうなときにガムを噛んでいたり、飴をなめていたり、口を動かしているものです。これも身体の外から軽い刺激を取り入れるための方策のひとつなんです。

そのほか、軽い運動をする、歩き回る、軽い読み物を読むといったことも感情コントロールに有益です。運動、特に有酸素運動は体内に酸素を取り入れられますので、身体が活性化して、脳も沈静化するのです。歩き回るのも同様の効果がありますので、会社なら屋上などを歩いてみましょう。

頭脳に負担のかからない程度の読み物を読むのもイライラの沈静化に向いています。ちょっとした気持ちの切り替えで、自分も気が楽になり、周囲も安心しますので、ぜひ試してみてください。

 

他人は他人!割り切るのが感情コントロールのコツ

割り切る
次は感情をコントロールするための、考え方のコツです。

感情をコントロールするには、他人は他人と割り切ってしまうことです。「簡単にいうけど、それが難しいんだよ」という声が聞こえてきそうですね。確かに、割り切るというのは簡単にできることではないでしょう。普通の人はたいてい割り切れない思いを抱えていきているものだからです。

ですが、ちょっと考え方を変えれば、簡単に割り切ってしまえるものです。たとえば、人としてちょっと冷たくなってしまうと、感情に振り回されにくくなるのです。冷たくなるというのは、たとえば、腹をたてている相手を突き放すということ。これができれば、感情のコントロールは楽になります。

普通の人は突き放すことができないので、怒ったり、イライラしたりしますが、たまに「○○さんは優しいようで、実は冷めてる」と言われる人がいますよね。誰にでも優しくて、誰とも上手く付き合っている、だけど、誰ともそれほど親密じゃないという人。皆さんの周りにもいるのではないでしょうか。

こういう人は、人間関係を割り切って考えているのです。自分には関係ないと思っていると、腹はたちません。逆に言うと、イライラしたり怒ったりする人は、人間性の豊かな人だとも言えます。それが仇になって、感情が前面にでてしまうのです。

感情の豊かな人がその性質を完全に抑えてクールな人間になるのは困難ですが、クールな人は何故クールなのか、自分は何故感情的な対応をするのかということを頭で理解していると、怒りの感情から冷めやすくなるものです。

 

感情をコントロールするには、期待しないこと!

期待しない
私たちの感情が乱れるのは、主に、期待が裏切られたときです。

もっと上手くできると思っていた自分のプレゼンが思ったように出来ないと、落胆します。部下に頼んだ企画書、もっと良い出来を期待していたのに全然出来ていなかったらイラッとします。旦那さんに買い物を頼んでたのに、違ったものを買ってこられたら腹がたちます。

これらはすべて、思ったとおりになると思っていたから、感情が裏切られた結果です。したがって、思ったとおりになると思わなければ、落胆したり、イラッとしたり、腹が立ったりもしないのです。つまり、最初の期待値を下げておくと、裏切られないということですね。

特に、人に何かを頼むときは、上手くいけばもうけものくらいに考え、最初から失敗したときのことを想定しておきましょう。部下に仕事を頼むときはあらかじめフォロー案を考えておくようにする、旦那さんに何かを頼むときは失敗することを前提にしておくなど、予防策を考えた上で結果を待つと、相手が失敗しても動揺することがなくなります。

性格的におっとりした人、人が失敗しても笑い飛ばしてしまうような人がいますね。そういう人はたいてい、最初から人に多くを期待していない人です。もっと図太い人になると、誰かが失敗すれば、「話のネタ」になるくらいに考えています。そこまで図太くなる必要はありませんが、期待値を下げ、失敗を考慮に入れておくと、感情のコントロールはかなり楽になります。

 

感情を完全にコントロールするのは難しいことですが、ちょっとした工夫で緩和することは出来るのです。

まず、イライラくよくよしそうなときは、聞く、食べる、深呼吸するなどの方法で、外側から刺激を取り入れることです。ガムを噛む、飴をなめる、軽い運動をする、軽い読み物を読むといったことも効果的です。

考え方のコツとしては、他人は他人と割り切ってしまうこと。簡単にいうと、人としてちょっと冷たくなってしまうことです。腹をたてているときは思い切って相手を突き放してみると、感情のコントロールが楽になります。

考え方として大切なのは、人や自分に期待し過ぎないことです。感情が乱れるのは、期待が裏切られたとき。期待値を下げておくと、裏切られることもありません。特に、人にものを頼むときは、最初から失敗を想定しておくようにしましょう。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました