男性心理と行動の関係を知り上司と良好な関係を築くテクニック

男性心理と行動の関係を知り上司と良好な関係を築くテクニック

職場においていつも悩まされるのが人間関係です。特に上司は選ぶこともできませんから、上司との関係には悩みがつきものです。あなたが仕事をしやすい環境かどうか、そして、仕事が正当に評価されるかどうなのかも全て上司次第で決まってしまうのが宿命です。

世間では女性の活用が叫ばれている昨今ですが、まだまだ日本社会は男性優位が多いもの。特に上司となると、男性ばかりという職場がほとんどではないでしょうか。そこで今回は男性心理と行動の関係を知り、その特性を上手く活用することで、上司と良好な関係を築くテクニックを7つご紹介します。



 

男性心理と行動の関係を知り
上司と良好な関係を築くテクニック

 

愛嬌をもって接しよう


えっ。仕事の話じゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、上司に可愛がられるための手っ取り早い方法は、愛嬌をふりまくことです。男性は、自分の権威にこだわる傾向があります。

愛嬌があるということは、自分に対して好意的に見てくれている証と捉えるのです。自分に懐く人を嫌がるような男性はいません。また、愛嬌に笑顔は欠かせないもの。男性は外見で判断し、見た目の良い人に惹かれがちな面もあるため、上司を虜にする笑顔には、強い効果があるのです。

愛嬌のある人とは、「笑顔」や「さりげなさ」を持つ人のこと。誰にでもすぐできることなので、あなたがまだ意識したことがないのであれば、早速取り入れてみましょう。

 

気配りの達人になろう


また、愛嬌と同じくらい大切なのが「気配り」です。可愛らしさにプラスして、さり気ない気配りが出来るようになれば、上司との関係は上手くいったも同然です。

男性は特に仕事において、「誰にでもできることは、誰かがやってくれたらいいのに。」と考える人が多いため、そこにさっと気が付いてさりげなく済ませてくれるような人は、大切にされるでしょう。

例えば、いつもコーヒーを飲む上司であれば言われる前に用意したり、上司がふと口にしていた件について先回りして情報収集をしておいたりと、できることはたくさんあります。

とはいえ、気配りはすぐにできるものではありませんから、周りの気配りが出来ている人を良く観察して、どのような動きをしているのかを知ることが大切です。また、「私に出来ることはないか?」というアンテナを日頃から張っておくとよいでしょう。

 

教わり上手になろう


仕事をする以上、すぐに人に頼ったりせず、自分で考え動くことが基本です。とはいえ、上司から見て部下が自分の考えだけでどんどん進めていく姿は、寂しくもあり、人によっては面白くないと感じるものです。

特に男性は、自分を認めてもらいたいと思ったり、人より優れていることを確認したいと考えていますので、時には思い切って甘えてしまいましょう。「こんなこと?」と思うようなことでも、教えを請うたり頼ったりすることで、上司は俄然張り切ってあなたに教えてくれるはずです。

そして、助けてもらった暁には少し大げさなくらい、感謝の気持ちと尊敬の念を伝えるようにしてください。きっと上司はあなたの強い味方になってくれるはずです。

 

メンツを立てよう


男性社会は、出世争いと背中合わせです。常に誰が先に上へ登りつめるか勝負しています。そのため、男性にはプライドが高く、見栄っ張りな人が多く存在します。

そこで、あなたが部下であれば、そのメンツを立ててあげましょう。例えば、取引先と話をする時には上司をティーアップをしたり、普段から報連相を密にして相手を立てるということも効果的です。反対に、一番やってはいけないことが、プライドを潰してしまうことです。

たとえ上司の意見と食い違う場合でも、真っ向から否定してしまうのではなく、意見を聞きたいという相談の形をとることでやんわりと自分の意見を通していきましょう。そして最後には「さすが!」の一言を付け加えるとなお効果的です。

 

データや数字にこだわろう


もともと男性には女性と比べて、物事を論理的に考える傾向があります。男女の話がしばしば食い違うのは、この脳の構造にもあると言われることもあります。この点を活かし、あなたが何か上司に提案をする際には、データや数字を取り入れて話をするようにしましょう。

なぜそれが必要なのか、どのくらい成功しそうなのかなどという根拠を示すことで、一挙に説得力が増し、提案が採用される確率が上がるでしょう。またデータ以外にも、新聞やニュースなので取り上げられているという事項も、話の裏付けとして喜ばれることでしょう。

 

メリットを説明しよう


ビジネスの世界では、損得勘定のもとに判断を下す男性も少なくありません。さらには、会社という組織社会においては出世欲もあり、どうしても物事を保守的に判断しがちだという場面も多く存在します。

そういった上司に対しては、あなたの提案によって上司にどのようなメリットがあるのかを、具体的に説明しましょう。また上司だけではなく、部全体や会社にとって得になるような内容であれば、一層提案は通りやすくなるでしょう。

あなたの提案が、上司の手柄になるような内容であればあるほど良いと言えます。さらに上の上司を意識することを心がけましょう。

 

良妻賢母を演じよう


男性は普段、強く逞しい存在でいるために、陰では神経をすり減らしているものです。疲れた時にはそっと、癒しを求めているのです。戦いのさなかに聖母を求める戦士の心理も、これと同様です。

会議やプレゼン前で気合の入っている上司には「頑張ってください!」「きっと上手くいきます。」とい言ったり、仕事で疲れた上司を見かけたら、慈しむ気持ちで「お疲れさまです。」と声をかけてみてください。

支えてもらっているということが伝われば、男性は俄然また頑張ろうという気力が湧いてくるものです。時には敢えて、良妻賢母を演じましょう。

 

いかがでしたか。

男性心理と一言で言っても、それぞれの性格が異なりますから全ての方には当てはまらないかもしれません。しかし、男性の本能的な心理と行動の関係には、必ずどこか通ずるものがあるはずです。

7つのテクニックを取り入れることで上司との関係が良くなるのですから、是非この中の1つからでもチャレンジしてみてください。上司との関係が改善することで、働く環境が改善したり、仕事の評価が変わることにだって繋がるのです。

ここにご紹介したテクニックと、上司の性格を見極めながら、より良い関係を築いていってください。そして今度はあなた自身が、より一層評価されることを期待しています。

 

まとめ

男性心理と行動の関係を知り上司と良好な関係を築くテクニック

・ 愛嬌をもって接しよう
・ 気配りの達人になろう
・ 教わり上手になろう
・ メンツを立てよう
・ データや数字にこだわろう
・ メリットを説明しよう
・ 良妻賢母を演じよう

人間関係を円満に!

人間関係を改善して、人生を充実させるためのエクササイズ形式のワークシート、リレイションマップを作りましたので良かったら使ってください。リレイションマップのダウンロードはこちらから。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント