「自分が嫌い」を克服させる6つのステップ

「自分が嫌い」を克服させる6つのステップ
「自分が嫌い」という気持ちほど生きにくいことはないですよね。あなたは何故自分が嫌いだと感じるのでしょうか?対人関係が苦手だからでしょうか?容姿が自分が理想とする姿と違うからでしょうか?それともただ漠然と何となくでしょうか?

いずれの理由にせよ、本来であれば自分が自分の一番の理解者であるべきところを、自分が嫌いであるということは、日々の生活の中で自分で自分を苦しめてていることに違いありません。

そんなことはいっても、自分が嫌いなんだからどうしようもないと思うかもしれません。しかし、ちょっと考え方や物の見方を変えてみるだけで、自分の捉え方を変えることが出来るかもしれないのです。そこで、今日は「自分が嫌い」を克服させる6つのステップについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

人間関係で失敗を繰り返さない適切な交際術5つの要点

人間関係で失敗を繰り返さない適切な交際術5つの要点

どんな場面でも新しい人間関係を作ることは難しいことです。友好関係を築きやすい人とだけ交流できるのであれば良いですが、社会に出て生きていく以上、そういうわけにはいきませんよね。

人間関係の問題でトラブルとなり、苦い思いをした経験がある方も多いのではないでしょうか。ただ、100人の人がいれば100通りの考え方があるわけですから、あらゆるタイプの人と良好な関係を築くということは、ほぼ不可能です。

人間関係を築き、人付き合いをする上で失敗してしまうことは決して珍しいことではありません。ですが、同じような失敗やしくじりはしたくないですよね。そこで今回は、人間関係で失敗を繰り返さない適切な交際術の要点を5つお伝えします。
[ 続きを読む… ]

目標管理のゴールデンルールを使って楽々と達成する方法

目標管理のゴールデンルールを使って楽々と達成する方法

会社の管理方法のひとつに、目標管理というものがあります。これは会社の中で、社員自身が、業務上の一定期間内に達成すべき目標というものを設定し、社員の責任において目標達成を目指させるというものです。

目標の達成度合いが、社員の業績評価になるというもので、営業が絡む会社の多くが目標管理を取り入れているんですよ。達成したから終わりではなく、達成度に応じて、次の目標を設定していきます。

この目標管理は、1945年に経営学者のP・F・ドラッカーが提唱した経営管理で、社員一人一人が、自分の意思を目標に組み入れることが出来る為、やる気とその過程の努力で、社員の向上意識が働くという思想から生まれました。

確かに、上司にいつも指示されてばかりよりは、自分の意見や意志が入った仕事の方が、頑張ろうという気持ちになりますよね。

そこで今日は、目標管理のゴールデンルールを使って、楽々と達成出来る目標の立て方のコツを5つ、お伝えします。
[ 続きを読む… ]

自己啓発をボランティアで実践して成長する5つの方法

自己啓発をボランティアで実践して成長する5つの方法

自己啓発の本を山のように読んでいても、実践できなければ無意味ですよね。しかし、職場でいきなり実践すると、かえって同僚や部下との足並みを崩しかねません。

自己啓発本で身につけた技術は、ボランティア活動の場で実践してみることをおすすめします。お金が出ない仕事だからと言ってボランティアは決して甘い現場ではありません。集まる人たちも様々です。

やる気はあるけど思いが先走っていたり、就活に有利だからと言って始める学生だったり、と思ったより連携が取れない、なんてことも往々にしてあります。

そういう場所こそ自己啓発のスキルを試すのにもってこいだと思いませんか?今回は、ボランティア活動の場で自己啓発のスキルを実践してあなた自身が成長する方法をお伝えします。
[ 続きを読む… ]

因果応報を子供に教えるとき役に立つシンプルな諭し方

因果応報を子供に教えるとき役に立つシンプルな諭し方

因果応報の意味を小さい子供に教えるって難しいですよね。「悪いこと、良いことをするといつか自分に返ってくる」というだけのことですが、人生経験をほとんど持たない子供たちに取っては理解が追いつきません。

しかし「どうせ教えたところでわからないだろう」と見下してもいけません。教育の基本は、「相手がどんなに子供でも尊敬すること」だからです。子供とは言え一人の人間です。

大人が本気で何かを伝えようとすれば、子供は一生懸命理解しようとしてくれるものです。勉強が必要な難しい言葉はわからなくても、教え方にひと手間加えるだけで、子供の理解力は見違えるほど伸びていきます。

今回は、因果応報を子供に教える時に役立つシンプルで効果的な諭し方をお伝えします。
[ 続きを読む… ]