嫉妬深い女での悩みを解消する5つの秘策

嫉妬深い女での悩みを解消する5つの秘策
嫉妬深い女はどこにでもいるもの、それが恋愛でも友情でも、嫉妬深い言動にいろいろな迷惑をこうむってへきえきすることってありますよね。実にはた迷惑な話ですが、立場的にむげにすることもできずに困ってしまうというのもよくある話です。

「たいしたことでもないのにどうしてスルーできないんだろう」「今の話のどこに、つっかかってくるところがあったの!?」と疑問に思いつつも、彼女の真意がわからないから何ともしようがない、とお悩みのあなたに向けて、今回は嫉妬深い女がもたらす悩みの解消法についてお伝えします。

嫉妬深い女の思考パターンがわかれば、対策のたてようもあるというもの、うまくかわしていく術を学んでいきましょう!

許容範囲を明言しておく

嫉妬深い女の心を探っていくと「自己評価の低さ」が根付いていることがあります。自信がないから誰かと比べる・誰かと比べると自分が劣っているように感じる……そこから自己評価を高める方向に向かえばよいのですが、嫉妬深い女はそこで「どうせ自分なんて」と卑下してしまいます。

そして自分にないものを持っている(と思われる)他人が妬ましくなるのです。こうした嫉妬深い女は、自分を肯定してもらいたくて自虐的な言動を繰り返したり、他人に対して攻撃的になったりします。

こちらに余裕がある時は流したり、時に相手が望むような慰めの言葉をかけてあげることもできるでしょう。しかし毎回そうもやってられませんし、かえって嫉妬深い女を助長させることになりかねません。

自分のストレスをためないためにも「これ以上のその言動は、こっちも許容できないよ」という意思を明確に示しましょう。

 

興味や思考の対象を分散させる

嫉妬深い女は視野や思考が狭くなっている傾向があります。四六時中同じことをぐるぐると考えているから、同じような嫉妬から抜け出せずに、同じ言動を繰り返してくるのです。

自分の中で完結してくれる分には問題ないのですが、それに巻き込まれたり、勝手にターゲット認定されて当たられる方はたまったものではありませんよね。視野の狭い「嫉妬深い女」は他人の言動に敏感で、すべてを自分に結びつけて考えます。

誰かが談笑していれば「自分を笑っているのではないか」と疑念を抱き、誰かが自分の方を見ている(と思う)と「自分の言動をチェックしているのではないか」と思っています。

できれば、嫉妬深い女の興味や思考を他の方面に分散させる方向へと持っていけるとよいですね。いろんな「考えること」や「やるべきこと」があれば、一つどころでうじうじしている暇がなくなります。

 

表現方法の形は変わるものと知らせる

嫉妬深い女は「時間が止まっています」。例えば恋愛でも仕事・学業でもたいてい、最初のうちは目いっぱい手をかけられます。やがて時間がたち、関係性が落ち着いたり仕事・学業の手順が安定してくると、求められるものが変化しますよね。

当然、今まで「できたらほめられた」ことが「できて当然」になるので、言われることや態度も変化していきます。ところが嫉妬深い女はこのあたりの「ステップアップ」が理解できません。

「恋人からの愛情表現が以前より減ってしまった」「仕事で冷たくされた」などと大騒ぎするのは、最初の段階から「時間が止まっているから」。

2人の関係が安定した・自分のレベルが上がったから求められることが増えた、といった考えに至らないのです。めんどくさくても「気持ちは変わっていないが、状況は変化しているんだ」ということを伝えてあげましょう。

 

心変わりは短時間では起こらないと教え込む

嫉妬深い女の体感時間は、止まり続けることもあれば、思いっきり早く進むこともあります。「あの時は好きだといってくれたけれど、今はもう心変わりしているかもしれない」と不安になって占いに走ったり、彼氏に過剰かつ執拗に愛情表現を求めたり……

かえって恋愛寿命を縮めることに気がつかずにバタバタと焦って動いてしまいます。しかし、3日や1か月で他人の気持ちがそうそう変わるものでしょうか?このあたりの時間の感覚を、嫉妬深い女は完全に見失って暴走してきます。

常に愛情確認される彼氏も、ちょっとしたことで呼び出されては「心変わりされたかも」と訴えられる友達も多大なストレスを抱え込むことになってしまいますよね。

よっぽどのことがない限り、そうそう短時間で人の気持ちが変化することはないこと・かえってそうやって不安やいら立ちをぶつけることで終わりを早めることになることをはっきり言ってしまうのも一つの手です。

 

欲しい言葉を与えることで満たしてあげる

嫉妬深い女に圧倒的に不足しているのが「自己肯定感」です。彼女たちはそれを自分の言動からくる結果(恋人が喜んでくれた・仕事がうまくいった、など)から能動的に受け取ることができません。だから不安のままに疑いをぶつけてくるのです。

これをうまくかわすには、そしてあなたの心に余裕があるなら、いっそ嫉妬深い女が望む言葉を与えてあげる、という手があります。

慰めてほしいんだな、と思ったら慰めてあげましょう。愛情を確認されたら、「好きだよ」くらいはいってあげましょう。それだけで彼女の心が軽くなることがあります。

ただし、彼女側が味を占め、何度も当たり前のようにあなたに「与えてもらうこと」を求めてくるとも限りませんから、「○○(嫉妬深い女)はどう思ってる?」「あなたはどうしたいの?」と投げかけるなど、変化球を入れてみるのがポイントです。

 

このように、嫉妬深い女の言動の奥底には卑屈な気持ちが眠っています。友達だから・恋人だからと彼女の態度に悩んだり、不快な思いをさせられても耐えてしまいがちですが、それではあなたの気持ちはどうなるのでしょう。

相手はあなたよりも自分を優先しているからこそ、あなたの気持ちに気づくことすらせずに振り回してくるわけですよね。親しき仲にも礼儀あり、大切な間柄だからこそ、遠慮すべき点も、あえて一線引かなくてはいけない面もあるのです。

嫉妬深い女を変えたいのなら、根気強く接する必要があります。あなた自身がストレスをためないようにうまくコントロールしていきましょう。また、どうしてもだめならそっと距離を置くのも一つの勇気と、頭の片隅に入れておいてもよいでしょう。

まとめ

嫉妬深い女とうまくつきあうには

・ 許容範囲を明言しておく
・ 興味や思考の対象を分散させる
・ 表現方法の形は変わるものと知らせる
・ 心変わりは短時間では起こらないと教え込む
・ 欲しい言葉を与えることで満たしてあげる

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました