揚物を食べ過ぎて気持ち悪い時にすぐ試してほしい対処法!

揚物を食べ過ぎて気持ち悪い時にすぐ試してほしい対処法!

「また食べ過ぎてしまった…」後悔より気持ち悪さが勝り、とにかく早くラクになりたい。そんな状況、もう何回目でしょうか。揚物は食べ過ぎたら気持ち悪くなるのがわかっているのに何故止められないのか。

それは「揚物(脂肪分)と塩分」の組み合わせは味覚を麻痺させる作用があるからです。ポテトチップスがその代表ですよね。味覚を狂わせもっと食べたいと脳が感じてしまう最強コンビなのです。

また「脂肪分と糖分」の組み合わせはストレス解消に大きな効果があるため脳がもっと食べたいとシグナルを送るので、こちらも食べだしたら止まらなくなるのです。ここでは揚物を食べ過ぎて気持ち悪いと感じた時にはどうしたらラクになれるのかの対処法をお伝えします。



 

揚物を食べ過ぎて気持ち悪い時に
すぐ試してほしい対処法!

 

散歩で腹ごなし


食べ過ぎて気持ち悪いと感じたら「軽いウォーキングなどして体を動かしましょう」と紹介しているものが多いのですが、これが出来るのは症状がかなり落ち着いてきたころ。もちろん動けるのでしたら、ウォーキングは良い方法なんですよ。

腸が動き出しますから、ラクになります。中にはジャンプして食べ物を下げるなんていう説明もありますが、本当に食べ過ぎたときは、口から出てきそうだし、実際動きたくない、動けないですよね。

 

炭酸水で予防と改善


そこで食べ過ぎて気持ち悪いと感じた時の一番のおすすめが「炭酸水」。今はどこでもお得な価格(50円前後から)で売ってあるので、日頃から冷蔵庫にいれておけば、いざと言うときに助かりますよ。

炭酸水は胃に刺激を与え、食べ過ぎて滞っている消化の働きを助けます。また、食前に飲んでおけば、食べ過ぎを抑えてくれますし、消化の働きを促して胃もたれの予防にもなります。

 

ミントガムはダブル効果


ミント(ハッカ)系のガムなどを食べるのもおすすめです。ミントは食べ過ぎや飲み過ぎで気持ち悪いときに胃の調子を調えてスッキリさせてくれる働きがあります。また、ガムを噛むことで胃の動きを良くする効果もあります。また噛むことで唾液が多く出ますが、唾液は消化吸収を助けるので消化促進につながります。

 

普通の人は右向き、逆流性の人は左向き


食べ過ぎで気持ち悪いから横になって休もう…と思ったら右側を下向きにして下さい。右側に胃の出口があり食べ物をスムーズに腸に流しやすくなるので胃もたれを防ぐことができます。そして時々姿勢を上に向けて下さい。

腸の出口(十二指腸球部)は背中寄りにあるからです。ただし、逆流性と診断されている人が右を下にすると酸が逆流しやすいので逆流性の人は左側を下向きにして下さい。注意すべきは、うっかり寝てしまってはいけないということ。寝ると各細胞の再生や修復など他の器官に血液が回され、消化力が分散され弱まるからです。

 

お風呂はタブー


普通の食事でも、食後1時間程は入浴を避けた方がいいのに、食べ過ぎて気持ち悪い時にはなおさらです。胃もたれがなくなるまで入浴は避けましょう。これは、入浴すると血のめぐりがよくなるので、消化器に集まった血液が分散され消化が遅れるからです。

 

次回のための予防策


揚物を食べ過ぎて気持ち悪いと感じる原因は、食べ物の消化が追い付かず、胃の中に長く食べ物が留まるからです。次回のために予防策をお教えします。揚物を食べるときには次の食品を一緒に食べると胃もたれを防げますので覚えておくと安心ですよ。

・ゴボウやキャベツ、大根おろしの食物繊維は、脂肪の吸収を抑えてくれるし食べ過ぎも予防できます。代謝をよくして揚物の負担を少なくしてくれます。

・キュウリには「ホスホリパーゼ」という脂肪分解酵素が含まれているのが最近の研究でわかりました。キュウリだけでもいいのですが、ぬか漬けだとビタミン・ミネラルが加わり効果倍増です。梅肉を付けて食べる梅キュウも胃を保護してくれます。

脂肪を燃焼する酵素「リパーゼ」を多く含む食べ物を一緒に食べましょう。主にオレンジ、グレープフルーツ、イチゴ、ほうれん草、トマトなどです。揚物と一緒に食べるものを工夫すると、食べ過ぎても気持ち悪いと感じなくなります。賢く予防をしましょう。

 

いかがでしたか。

食べ過ぎて気持ち悪いと感じることは誰にでもあります。こんな苦しい思いをしてもまた同じことを繰り返してしまうんですよね。脂肪の旨味は恐ろしい…また悲しいことに日本人の胃は食べ物が胃に長く留まりやすい形になっていて、欧米人の胃液がスムーズに流れる胃に比べると胃もたれしやすい形になっているのです。

肉など脂肪分が多いものに向かない胃なのです。欧米食になったのはここ数十年のことですからね。でも現代は和食より欧米食に変わってきているので肉や油ものは避けられません。

ここではすぐにできる対処法を教えていますので食べ過ぎて気持ち悪いと感じたときにぜひ実践してみてください。簡単なので対処法は覚えておきましょう。また、予防策も覚えておくほうが得策ですね。

 

まとめ

揚物を食べ過ぎて気持ち悪い時にすぐに試せる対処法

・軽いウォーキングで腸を動かす
・炭酸水で食べ過ぎの予防と改善ができる
・ミントガムはスッキリ消化を助ける
・右下を横向きにして休む。逆流性の人は左下向きに休む
・お風呂は消化が悪くなるので入らない
・食べ合わせでできる胃もたれを予防法

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント