話し方ひとつで人間関係が変わる! 今すぐ使える7つの言葉変換術

話し方ひとつで人間関係が変わる! 今すぐ使える7つの言葉変換術
人間関係を築いていく上で、コミュニケーションはかかせません。「なぜか人とうまくいかない。」「嫌われてしまっている気がする」そのように考えるとき、一度自分の話し方を客観的に見てみましょう。

嫌われる人の共通点は

①自慢話をする
②話が長い
③相手の話を遮る

この3つです。これは、いつの時代でも、ほとんどの国で嫌われる「嫌われ三兄弟」です。自分が話しているときは、ほかの人より話しすぎていないかに気をつけましょう。

そして言葉も上手に使うと話し方も変わってきます。そこで今日は話し方を変えて、良好な人間関係を築きたい。そんな方に“今すぐ使える7つの言葉変換術”をお送りします。



 

話し方ひとつで人間関係が変わる!
今すぐ使える7つの言葉変換術

 

第一印象をよくする言葉を使った話し方をしよう

①あいさつはコミュニケーションの基本
家族や会社の人たちにきちんとあいさつをしていますか?「挨拶」は基本的な礼儀、そしてコミュニケーションの入り口です。

初対面の人には「はじめまして○○と申します。よろしくお願いします」、日常の挨拶では「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「お疲れ様でした」等、迷惑をかけてしまったら、「申し訳ありません」「ごめんなさい」、感謝の気持ちを表すときには「ありがとうございます」など基本的なあいさつは、人間関係の大切な潤滑油になります。「あいさつ」は相手に対する気づかいの基本です。

②相手に合わせた単語を使う
専門用語や外国語を使うときには、相手に合わせた言葉を使った話し方にしましょう。
パソコンを知らない人に、「OSは何を使っていますか?」と聞いても「???」となりますよね。専門用語や、外国語を相手がわかりやすい言葉になおして話す事はとても大切なきづかいです。

③正しい敬語の使い方を身につける
敬語には、「丁寧語・尊敬語・謙譲語」があります。ビジネスに敬語はかかせません。
敬語を正しく使って話している方は、とてもスマートでかっこよく見えます。
ビジネス以外では「丁寧語」を使うだけでもずいぶんと印象が変わってきます。適切な敬語を身につけると話し方の印象も大きく変わります。

 

ワンランク上の「ありがとう」を使った話し方をしよう

①「すみません」を「ありがとう(ありがとうございます)」と「ごめんなさい(申し訳ございません)」に変える。

あなたは、何かをしてもらったとき、何か物をいただいたとき、「すみません」と言っていませんか?謙虚なのはとてもいいことです。ただ、頻繁に使うと自信のない人に見えてしまいます。

この言葉を「ありがとう」と「ごめんなさい」に変えましょう。何かをいただいたら、ニコッと「ありがとう」、悪いことをしたなぁと思ったら、「ごめんなさい」あなたの心をこめた素直な気持ちが相手の心にスーッと響きます。

口先だけではなく、心をこめた「ありがとう」と「ごめんなさい」を心がけましょう。

②「ありがとう」に一言添える。

自然と「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるようになったら。ちょっと洒落た一言を加えてみましょう。
「ありがとうございます。これ、前からずっと欲しかったんです。」「あなたの気持ちを汲み取れなくてごめんなさい。」自分が素直に感じた言葉を添えるだけで、あなただけの「ありがとう」と「ごめんなさい」が届きます。

 

ワンランク上の聴き上手なろう

聴き上手は話上手と言われます。人の話を上手にきくこと話上手になる基本です。
「聞く」はなんとなく聞く、「聴く」は意識をかたむけて全身であなたの話を聴いているということです。

①私は全身全霊であなたの話を聴いてます!!

まず大切なのは笑顔。体ごと相手の方を向く(理想は斜め45度)。それから視線。相手の顔をみる(目をずっと見ていると相手が緊張するので、眉毛や鼻のあたり)。あなたの話していること全部受け止めますよという姿勢が大切です。

②効果的なうなずき、あいづちをしよう

相手の話が途中に、合いの手のようにうなずきましょう。また、「はい」「ええ」「なるほど」などのあいづち言葉を入れると相手は話しやすくなります。「そうなんですかぁ?」という疑問形よりは、「そうなんですねぇ」という共感の言葉がより相手の気持ちを聴いているという気持ちが伝わります。

③共感の言葉

話の途中で相手の言葉を確認しながら、自分が感じた感情を伝えてみましょう。
「○○だったんですね。それは嬉しかったでしょうね。(楽しかったでしょうね。)」「それは、寂しかったでしょうね。(つらかったでしょうね。)」
共感の言葉を添えると、「自分の気持ちを理解してくれているんだ」と相手も話をしやすくなります。

 

質問をして話を盛り上げる話し方をしよう

話を聴くことできるようになったら、質問をなげかけてみましょう。質問の仕方には2通りあります。質問の種類を使い分けて上手に会話のキャッチボールをしましょう。

①クローズド・クエスチョン

「はい、いいえ」または、「A、B」で答えられるものをクローズド・クエスチョンといいます。クローズド・クエスチョンは、相手の考えや事実を明確にしたい場面などで有効に使えます。あまり、使いすぎると、警察官の尋問みたいになってしまうので、初対面の方、話すのが苦手な方、回答に困っている場合に使うと効果的です。

②オープンク・エスチョン

クローズドクエスチョンに対して、「どう思う?」など相手が自由に答えられる質問をオープンクエスチョンといいます。相手からより多くの情報を引き出したい場面で有効に使えます。話好きな相手には、オープン・クエスチョンを使うと話がはずみます。

会話を盛り上げるためには、オープンク・エスチョンの方が、会話の幅が広がります。
ただ、あまり親しくない人に対しては、答えやすいクローズド・クエスチョンで質問をはじめ、親しくなってきたら少しずつオープン・クエスチョンに変えていけば相手と打ち解けるのも早くなります。

 

相手にいやな思いをさせない話し方をしよう

①欠点をカミングアウト

話が苦手な人はけっこういると思います。そんな人は、「私、無口なんです。でも、お話はとても楽しいので気にしないでくださいね。」(ニコッ)「私、ボキャブラリーが少なくて…」と先に自分の欠点をカミングアウトすると自分のコンプレックスが個性になります。ただし、聴く姿勢は忘れないようにしてください。

②余計な一言に気をつけよう

自分が発した言葉の中に、相手を不快にさせるトゲのある一言が入っていませんか?

A 「昨日、あのドラマで感動してないたんだぁ~」
B 「あなた“でも”泣くことがあるんだ。」

この「でも」が相手を傷つけてしまいます。言葉はできるだけシンプルにして、トゲのある一言をつけないように気をつけましょう。

 

相手に伝わる話し方をしよう

①相手が想像できるように、状況を説明するように話す

「昨日、すごくきれいな夕日を見たんだぁ~」

これだと、「そう、綺麗だったんだぁ~、よかったね。」で終わってしまいます。

「ちょうど太陽が海に沈む瞬間を見れたんだ。海に夕日がうつって、空も海も真っ赤に染まって綺麗だった。雲ひとつなかったから、太陽が海に吸い込まれていくみたいで幻想的だったよ。海に沈む夕日なんてめったに見れないから感動したよ。」とその状況とその時の気持ちを相手が想像できるように話すと、感動が伝わりやすくなり、話がはずみます。

②第三者の言葉を引用して意見を伝える

いくら正しい話をしても受け入れてもらえないことがあります。同じ言葉でも親がいうことは聞かないけれど、ほかの人が言った言葉だとスーっと受け入れてもらえるなどといった経験はありませんか?

そのような時は、第三者を主語に話をします。

「これは、○○の本に書かれてあった言葉です。」
「これは、○○さんに教えてもらったことなんですが・・・」

すると相手も素直になりやすく、話を聞いてくれるようになります。繰り返しているうちにあなたの言葉も受け入れてくれるようになってきます。

 

相手を幸せにする話し方をしよう

マイナスの言葉のあとにプラスワードを重ねると心地のよいコミュニケーションがとれるようになります。

A「今日は、ほんとに寒いね。こんな日は、あったかい鍋がおいしいよね。」
B「今日は、暑いね。こんな日は、仕事のあとの冷えたビールが美味しいよね。」
C「病気をしたから、人の痛みがわかるようになって優しく接することができるようになったんだ。」

事実は、良くも悪くもありません。泣いても笑っても変えようがありません。だからマイナスだけで話をおわらせるのではなく、プラスの言葉を添えると、その場が温かくなり、自分も相手も心がなごみます。

 

いかがでしょう、話し方のくせは、なかなかわからないものです。あせらずに、まず自分の話し方に気づくことからすべては始まります。失敗しても、反省しながらでもいいから、気づいたことから少しづつ変えていく。

「自分は、いつも笑顔で、明るい声で、どうどうとはっきりしゃべる魅力的な人に変わる」と心に決めて、できることからはじめていきましょう。

まとめ

話し方ひとつで人間関係が変わる!
今すぐ使える7つの言葉変換術

・第一印象をよくする言葉を使った話し方をしよう
・ワンランク上の「ありがとう」を使った話し方をしよう
・ワンランク上の聴き上手なろう
・質問をして話を盛り上げる話し方をしよう
・相手にいやな思いをさせない話し方をしよう
・相手に伝わる話し方をしよう
・相手を幸せにする話し方をしよう

written by 絆
時は流れないそれは積み重なる。自分の時間を積み重ねていきましょう♪

あなたの環境を見直そう!

今日は、あなたが現在どのような人間関係を持っていて、どのような意識を持ち、何を行えば良好な人間関係を築くことが 出来るかを知ることが出来る、ワーク形式のエクササイズシート 「コミュニケーションマップ」を用意しました。ぜひあなたの目標達成のために活用してください!

あなた自身に変化を与えることで、抱え る人間関係の問題の多くが解決し、良好なコミュニケーションに 恵まれる素晴らしい毎日を送ることができますよ。

 

人間関係を改善する為のワークシート
コミュニケーションマップはこちらからどうぞ

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

Comments

  1. 匿名 says:

    とてもわかりやすかったです。
    参考にさせていただきますね^^

  2. のんたん says:

    これ、なるほど〜〜って思い当たったことみんな実践できたら人間関係もっとうまくできるだろうな〜〜

  3. ムーたん says:

    そっか〜やっぱりすいませんより
    ごめんなさい、有難うございます
    の方がいいんですね!

  4. リッチ― says:

    すっごくわかりやすい記事です!ありがとうございます!(^^)/

  5. まいこ says:

    頭ではわかってても 滅入ってくると なんで 私だけ なーんて思ってしまう
    でも これができれば 色々いいふうになると思う
    よっし!これから上品になーろ(^^)\(゚゚)

コメント