上手な言い方、話し方で、あなたの印象を劇的に改善する15の方法

上手な言い方、話し方で、あなたの印象を劇的に改善する15の方法

言い方、話し方ひとつで、相手があなたに対して受ける印象がガラッとかわります。上手に話す人の言葉には説得力があり、また独特の温かみやポジティブな感情があるので、「聞いていて嫌にならない」ですよね。

一方、「伝わらない話し方」や「他人をイラッ!とさせてしまう物の言い方」などをすれば、信頼や納得を得ることは難しく、それが原因で仕事にも悪影響が出ることもあります。

では、あなたの印象を劇的に変化させるためには、どんな話し方や言い方をすれば良いか?

今日は言葉であなたの印象を改善する、15のポイントを紹介します。



 

上手な言い方、話し方で
あなたの印象を劇的に改善する15の方法

 

好印象を与える言い方・話し方1:相槌(あいづち)のうち方


話し方に自信がない方は、まずは「他人の話し方」を参考にするべきです。他人の話し方には、多くの「学べるポイント」が隠されているんですね。たとえば、「この人のこの言い方は嫌だな…」と思ったら、「自分は気を付けよう」と思う事が大切です。

このように、「他人のふり見て我がふり直せ」のことわざのように、話し方や言い方を学ぶには他人を反面教師として捉えることも重要です。

と、ここでポイントになるのが「相手に安心して話させる」ということです。相手が警戒・緊張していれば、ボロを出すことはないでしょう。つまり、学べる部分が少なくなってしまいます。

そこで、「相槌のうち方」を工夫して相手を安心させるようにして下さい。ポイントは、「それで、その後は?」のように、時々相手に話すことを促すのです。促しすぎてはいけませんよ(笑)。まずは普通に話を聞いて、話の腰が折れそうになったら「それで?」と促しておきましょう。こうすることで相手は話し続けやすくなるため、参考になる点を多く聞くことが出来ますよ。

 

好印象を与える言い方・話し方2:目を大きく開けて話す


あなたが誰かに話すとします。この時、「目が鋭い」では相手に威圧感を与えることになってしまいますよね?また、「なんでそんな顔で話すの?」と、怪訝に思われてしまうかもしれません。

自分の言葉で好印象を勝ち取るには、「聞いていて心地良い」と思わせることが大切です。したがって、「目が鋭い」などの威圧感たっぷりの話し方では、絶対に好印象を勝ち取ることは出来ないんですよ。

大切なのは、「目を大きく開けて話す」ということです。目を大きく開ければ「鋭さ」は消えるため、相手に威圧感を与えることなく心地よさを演出することが出来るでしょう。簡単に出来ることだと思いますので、ぜひ実践しておきましょう。ただし、「見開きすぎ」にはくれぐれもご注意を。不自然ですからね。

 

好印象を与える言い方・話し方3:ドヤ顔はNG


好印象を与える話し方の基本です。先日、あるテレビ番組を見ていた時、あるお笑い芸人の方がフリートークをしていました。その方はトークをしないタイプの芸人さんで、「音楽ネタ」を中心にやっているのです。

「へぇ~。どんなトークをするんだろう?」と思って観ていたのですが、話している時の「ドヤ顔」があまりにも目立っていたのです。視聴者によっては「腹が立った」という方も確実にいたでしょう。正直、私も途中でチャンネルを変えてしまいました。

ドヤ顔は、本人が自分の言葉に自信を持っている時に出やすいものです。しかし、自分の言葉を評価するのは自分ではなく、聞き手が評価するものなんですね。したがって、「どうだ!面白いだろ!」という意識を持って話すのは良くありません。

自意識過剰になってしまうと、どうしてもドヤ顔が出やすくなってしまいます。だからこそ、「どうぞ。私の言葉を自由に評価して下さい」という姿勢で話すことが、好印象を引き出すポイントです。

 

好印象を与える言い方・話し方4:話の腰を折らない


相手が気持ち良さそうに話している時は、絶対に話の腰を折るような言葉の言い方は止めましょう。

時として、「相手が話している話題を盗む」という人がいます。これはルール違反ですね。好印象を勝ち取る以前に、「ビジネスマナーに違反している」ことになってしまいます。

相手発信である話題が出てきたなら、その話題はその人の物なのです。こちらは「話を上手く広げる」という作業に徹するべきです。

そして、相手の話が一段落したら、そこで初めてその話題をこっちに持ってきて良いのです。相手発信の話題を途中で持ちだすのは絶対に止めましょう。

 

好印象を与える言い方・話し方5:話のオチに共感する


双方向のコミュニケーションにおいては、「話し手&聞き手」がタイミングよく交代することが大切です。「片方だけが話して、もう片方は聞いているだけ」ではダメなのです。双方向に言葉を発して、お互いの話しのオチにお互いが導き合うことが重要です。

その場合は、たとえあなたの趣味に合わなくても、相手のオチには共感しておきましょう。たとえば、「ビールはA社が一番うまい」と相手が言ったとき、「そうですかね~。私はB社が好きです」ではNG。

コミュニケーションが上手な人は、「へぇ~。私はいつもB社を飲んでいました。じゃあ、今夜はさっそくA社を試してみますよ」と言うでしょう。こうすることで、自分の主張を曲げずに双方向のコミュニケーションを保ちつつ、なおかつ相手のオチに共感できる事になります。

一方、「そうですね。A社が一番です!」と、本当はB社が好きなのに「ゴマをする人」がいます。これは、「相手のオチに反対しない」という意味では正しいですが、「言いなり」になっている分だけ双方向のコミュニケーションとは言えません。

自分の主張を言いながらも、相手のオチに共感するという「狭い隙間」を狙って言葉を発するようにしておきましょう。

 

好印象を与える言い方・話し方6:オチを先に言わない


先ほど、「自分の主張はしながらも、相手のオチに共感する」という事を紹介しました。それに関しての注意点になるのですが、「オチを先に言わない」は徹底しましょう。

たとえば、仕事先の人間と飲みに出かけるとします。すると、人によっては「何度も同じ話」をする人がいるんですね。また、酔っ払っていなくても「同じ話をするクセ」のある人はいます。当然、「また始まったよ…」と思いますよね。

しかし、そこはコミュニケーション能力の高さを見せるべき。つまり、何度も聞いた話でも「初めて聞いたふり」をしておき、絶対にオチを先に言わないようにして下さい。さもないと、もちろんあなたに責任はないのですが、「あいつは話していても面白くない…」と逆ギレされる可能性もありますから。

 

好印象を与える言い方・話し方7:名言や格言は控える


皆さんの周りにもいると思いますが、やたら「名言や格言を語る人」がいます。歴史的、社会背景的には明言かもしれませんが、「あなたが言う事ですか?」と思われれば最悪です。

仮に、ある人が周りからあまり良く思われていないとしましょう。そんな状況で格言や名言を言っても、周りを「イラッ!」とさせるだけです。

名言や格言は、活字として読んでその世界観に感動するものであり、一般的な口語によるコミュニケーションで使うのは難しいのです。コミュニケーションを苦手とされている方であれば、なおさら控えておくべきでしょう。

どうしても格言や名言の趣旨を言いたい場合は、「時は金なりですから」ではなく、「時間を有効活用できますから」と表現して下さい。どちらも同じ意味ですし、後者の方が口語のコミュニケーションとしては説得力がありますよね。

 

好印象を与える言い方・話し方8:あっ!おはようございます!


時々、挨拶をする時に「あっ!おはようございます!」のように「あっ!」を挟まれる方がいます。気にしない人にとってはどうでも良い事ですが、あまりオススメできるクセではありません。

また、人によっては「あっ!」を予想以上の大きな声で発する人がいます。相手は面食らうでしょうね。会っていきなり大声を出されたわけですから、これでは好印象を与えるのは難しそうです。

どうしてもクセで「あっ!」が抜けない人は、笑顔の練習をしておきましょう。「あっ!」の代わりに笑顔を使うのです。それだけでもこちらへの印象は大きく好転しますよ。くれぐれも、「あっ!」と言って相手を驚かせるより、「笑顔」で「お迎えする気持ち」を演出しておきましょう。

 

好印象を与える言い方・話し方9:共感→結論を促す


私の周りにもいますが、「何が言いたいのか伝わって来ない…」という人がいます。一向に話しの結論が見えず、堂々巡りするように例え話を繰り返したり、違う話にそれたりします。

これでは、何時間話しても結論は出ないでしょう。しかし、ここで「だからどうなんですか!?」と、イラッとした物の言い方をしてはいけません。

その人は、必死であなたに論点を伝えようとしているのです。ただ、話し方が下手なだけなんですね。つまり相手に罪はなく、こちらが結論に誘導するような物の言い方をするべきです。

たとえば、例え話を繰り返して論点を伝えようとする人がいます。もちろん、とっくの昔に論点はこちらに伝わっているので、タイミング的には結論に向かうべきでしょう。

その場合は、「なるほど~。確かにそうですねぇ~」と、まず相手のトークに共感しておきます。

もう一度言いますが、相手に罪の意識はないのです。ただ、必死になって論点をあなたに伝えようとしているんですね。したがって、「大丈夫ですよ。ちゃんと伝わっています」と相手に分からせることで、「あぁ、伝わったんだな」と相手に思わせ、自然と結論に向かわせる方法が有効です。

 

好印象を与える言い方・話し方10:結論の促し方


前述で「共感してから結論を促す」という方法を紹介しました。しかし、それでも結論に向かわないケースもあるのです。特に、相手が慎重な物の言い方をしている場合、あるいはトークが極端に下手だった場合は、「なるほど~。じゃあ結論はどうなりますか?」と促しても、またそこから例え話が延々と続く事になってしまいます。

これでは結論を促した意味がありませんので、その場合は「二者択一形式」で結論に導いておきましょう。

具体的には、「じゃあ、結論として○○はどうですか?」のように、「YES/NO形式」で質問を出すのです。これなら「そうですね(YES)」、「う~ん…(NO)」のように相手の意思が分かりやすいため、そこからどんどん二者択一をして最終的な結論に導くのです。

「自分から結論を言えない人」はたくさんおられますが、その場合は、相手の言葉に共感してからトークの主導権をこちらに移しておきましょう。あとは、上記の通り二者択一形式で結論に導いておけばOKです。

こうしておけば、「この人は決断が出来る人だ」と相手が錯覚しやすいため、こちらへの好印象に結びつきます。

 

好印象を与える言い方・話し方11:結論の出し方


上記で「二者択一形式で相手に結論を促す」という方法を紹介しました。じつは、この方法は「相手の結論を促す」だけでなく、「こちらから結論を出すのが苦手な人」にも応用できる方法です。

自分から結論を切りだすことが苦手な人は多いですが、たいていの方には「自分の出した結論に自信がない」という共通点があります。だからこそ、どうしても言葉に詰まってしまい、それが相手をイライラさせてしまいます。

相手をイライラさせてしまうと、好印象どころか「失笑の対象」になってしまいます。そこで、「こちらから二者択一を切りだし、相手に決断してもらう」という方法を覚えておきましょう。

自信がある人は、「こうしましょう!」とハッキリ言います。しかし、苦手な人は「えーっと…」となってしまうため、事前に選択肢を2~3つほど用意して下さい。

そして、トークが佳境に入って結論のタイミングだと感じれば、「では、AとBのどちらが良いと思われますか?」と投げかけておきましょう。急に投げかけてはNG。あくまでも「そろそろ結論だな…」と、お互いが感じているタイミングで投げかけて下さい。

そうすることで、「この人は、複数の結論の中から両者に最も良い選択肢を打診している」と印象付けられますので、「仕事のできる人」という印象を与える効果があります。

 

好印象を与える言い方・話し方12:歯のホワイトニング


話し方とは直接関係ないかもしれませんが、話す時には笑顔も見せるでしょう。この時、「歯が黄色く、くすんでいる…」では話になりません。不潔なイメージはコミュニケーションの印象を一気に悪化させてしまいます。

そこで、タバコを吸う方、あるいはコーヒーをよく飲まれる方は、ぜひ審美歯科で歯のホワイトニングを受けておきましょう。

私の知り合いに歯科衛生士をしている方がいますが、その方から聞いた話では、市販のホワイトニング薬剤は効果が薄いようです。

素人が薬剤を手にした場合、一刻も早く白い歯を欲するあまり、力を入れてゴシゴシと強くブラッシングしてしまうのです。結果、歯ぐきを痛めて薬剤による炎症を引き起こすリスクがあるため、厚生労働省は市販の薬剤の効果を薄めに設定しており、一定以上に効果のある薬剤の販売を禁止しています。

一方、クリニックでのホワイトニングは専用の器具を使ってプロが行うため、市販の薬剤よりも効果が圧倒的に強いものを使用します。つまり、クリニックの方が料金は高くなるのですが、「短期間で効果が出る」と言えるんですね。

ぜひ、白くてツヤのある歯を手に入れ、笑顔による好印象をゲットしましょう!

 

好印象を与える言い方・話し方13:沈黙はベタ質問で対処


トークをしている時、話題が尽きて「沈黙」が訪れることもあります。困りますよね。沈黙は、長引くほどに「気まずさ」を生みます。何とかして沈黙を破りたいのですが、下手な破り方をすれば「再沈黙」に陥るケースもあります。

これでは好印象を相手に与えることは出来ませんので、「ベタ質問」で対処するようにしておきましょう。たとえば、「最近の景気」について話しているとします。当然、このようなザックリとした話題では、間を長く持たせることは出来ないでしょう。

その場合は、「最近、おたくの会社はどうですか?」などのベタな質問をして下さい。ポイントは、「いやぁ~、うちもダメですね~」のように、「おそらくこんな答えが返ってくるな…」と予想できる質問にしておくことです。

そして、その両極端にある話題を振るのです。「でもあの会社は儲かっているみたいですよ…」のように、「景気が悪い→景気が良い」のように、一気に話題を転換するのです。この「話題転換」は、沈黙の気まずさを吹っ飛ばす効果を持っているんですよ。したがって、この対処法でコミュニケーションに沈黙を作らなければ、あなたへの印象もアップする事になります。「この人と話していると、何時間話しても飽きない」と思わせる効果がありますよ。

 

好印象を与える言い方・話し方14:主張が対立した時は?


双方の主張が対立して沈黙になった場合、トークの上手い人は「チャンス」だと捉えます。一方、苦手な人はそのまま黙りこんでしまい、これでは好印象を相手に与えることは不可能でしょう。

では、トークの上手い人はなぜ「チャンス」だと考えているのでしょうか?

その理由は、「双方の主張に隠されたメリットとデメリットを確認して、トークの主導権をこっちに持ってくることが出来る」と分かっているためです。

たとえば、こちらはAを主張しているのに、相手がBを主張しているとしましょう。お互いが主観的に話しているうちは妥協に至らず、それが「沈黙」や「気まずさ」を生んでしまいます。

その場合は、「なるほど。御社はBを主張なさるんですね。では、AとBのメリットとデメリットを再確認してみませんか?そこから妥協点が見つかれば良いですし、見つからなくても【妥協点を見つける必要がある】と、お互いに認識できるだけでも成果です」のように言っておくのです。

相手も、強引に物事を進めても上手く行かない事は知っています。したがって、「妥協点を探す」という共通の認識を持ち、その主導権をこちらに引っ張ってくるのです。そうすることで、こちらの交渉能力の高さをアピールできますし、一定の信頼と好印象を植え付けることも可能でしょう。

なお、それでも強引に押し付けてくるなら、「妥協しなければいけない客観的な事情」を冷静に伝えておきましょう。オドオドしてはいけません。無い袖は振れないのです。「妥協する必要がある」と、冷静に客観的に、相手に伝えることでコミュニケーション能力の高さをアピールできますよ。

 

好印象を与える言い方・話し方15:共通のアレ


人は、他人と共有できる感覚があれば距離を縮めることが出来ます。コミュニケーションで相手から好印象を勝ち取るには、この距離感を縮めることも大切です。

そのため、接待などでは相手の趣味や食の好み、好きな話題などを調べることになるんですよ。しかし、下調べする時間や方法がない場合はどうすべきでしょうか?

そんな時は、「話さなくても分かる」という雰囲気を演出する方法があります。

「まぁ、そうなるとアレですからねぇ…」と、こんな表現を聞いてことはありませんか?外国人が聞いたらビックリするでしょうね。「アレ…って何?」と、思うこと間違いなし。

日本人は、「High Context」の持ち主だと言われています。日本語では「高いレベルで共通の基盤を持っている」ということになるでしょう。アメリカを例に見ると、アメリカは「人種のるつぼ」と言われるほど多くの国から移民がやってきます。当然、国や地域が違えば常識も変わりますし、話し方や物の言い方も変わります。したがって、「ストレートに物を言わないと伝わらない」という文化が生まれたのです。

一方、日本は大陸から離れた島国であるため、大陸からの血が大きく流入する事はありませんでした。したがって、日本人は2000年以上も日本人のままであり、その中で「言わなくても理解できる」という、「ツーと言えばカーと言う」の文化が生まれたのです。

ならば、その文化をコミュニケーションにも取り入れてみましょう。お互いに「こうなりますよね?」と理解できる部分に差し掛かったと感じたら、「まぁ、そうなるとアレですからねえ~」のように、外国人では絶対に理解できない表現を使用するのです。

その時、「そうですね~」と相手が相槌を打ったら、僅かですが距離が縮まった証拠です。そこを突破口に話を進めておくと、スムーズに話が進むはずです。

まぁ、それだけでは「好印象を絶対に勝ち取れる」とは言い切れませんが、沈黙が入ったり、あるいはお互いの主張が違って気まずくなった場合は、「アレ」という表現を使って「お互い分かっていますよね?」と、「アレ」という言葉を通して意思疎通が出来ている事をアピールしましょう。

 

如何でしたか?

仕事や社会生活を送る上で、「好印象を勝ち取る話し方」を紹介してきました。上記で紹介した方法は、どれも「ちょっとしたこと」なのです。しかし、その「ちょっとしたこと」を自然に行うのは難しく、最初は慣れないかもしれません。

しかし、所詮は「ちょっとしたこと」であるため、何度か実践しているうちに自然と使えるようになるはずです。そうなると、話し方だけでなく振る舞いも自然になってくるため、さらに好印象を勝ち取るに有利な状況を作ることが出来るようになりますよ。

しかし、言葉も反応も習慣ですから、いきなりすぐに直すというのは、難しいですよね。
ですので今日は、あなたの悪い癖を直し、良い癖を身につけるための、目標計画表「エクスプレッションシート」を差し上げます。

ぜひ、これを使って、あなたの印象を変えましょう。これを行うことで、あなたは、

  1. 言葉に変化を与えることによって、身の周りの反応が変わることを実感できます。
  2. 自分に自信が持てるようになりコミュニケーションが改善します。
  3. 周りから見られる目も変わり、あなた自身も今よりもっとイキイキしてきます。

ぜひ以下よりダウンロードしてご活用ください。

まとめ

上手な言い方、話し方で、あなたの印象を劇的に改善する15の方法

好印象を与える言い方・話し方1:相槌(あいづち)のうち方
好印象を与える言い方・話し方2:目を大きく開けて話す
好印象を与える言い方・話し方3:ドヤ顔はNG
好印象を与える言い方・話し方4:話の腰を折らない
好印象を与える言い方・話し方5:話のオチに共感する
好印象を与える言い方・話し方6:オチを先に言わない
好印象を与える言い方・話し方7:名言や格言は控える
好印象を与える言い方・話し方8:あっ!おはようございます!はNG
好印象を与える言い方・話し方9:共感→結論を促す
好印象を与える言い方・話し方10:結論の促し方を意識
好印象を与える言い方・話し方11:結論の出し方を意識
好印象を与える言い方・話し方12:歯のホワイトニング
好印象を与える言い方・話し方13:沈黙はベタ質問で対処
好印象を与える言い方・話し方14:主張が対立した時は?
好印象を与える言い方・話し方15:共通のアレを意識する

≪2016年下半期 あなたの運勢≫ズバリお教えします!

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「話題のカード占術 マナ・タロット」で、自分の本質を知ることで2016年下半期に起こる運命が驚くほど好転します。いい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末など、あなたの運命を知ることができますよ。

プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員初回無料で体験できちゃうんです^^

2016年下半期の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!

Comments

  1. 匿名 says:

    マジで?

  2. お皿 says:

    レベルが高すぎて自分には無理っ( ;∀;)

コメント