離婚後、子供との面会について取り決めておくべきこと

離婚後、子供との面会について取り決めておくべきこと
「離婚しても、子供にとっては二人とも大切な親なんだよな…」離婚を考えるとき、子供と親との面会について悩んでしまいますよね。どんな理由での離婚であっても、子供にとって親はあなたたちであるという事実は変わりません。

しかし、実際に離婚となると自分たちだけの問題ではなく、それぞれの家族や周りの環境などのことまで考えなくてはならないことが沢山あります。その際、どうしても離婚後の子供との「面会」についての取り決めが甘くなりがちです。結果としてその甘さから、あなたたち親はもちろん、将来的に子供までが辛い思いをすることになりかねないのです。

離婚の際の考えるべき大切な事柄として、「子供との面会」はトップに上げても良いくらい大切なことです。今回は、離婚後に子供も親も幸せに暮らすための面会について取り決めておくべきことをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

老後破産しないためにも、無理なく貯蓄をする3つの方法

老後破産しないためにも、無理なく貯蓄をする3つの方法
現在30代から50代の男女にとって、怖いのが老後破産。これからの世代は、いま年金をもらっている親世代のような年金額はとても期待できないといわれています。そうなると、今のうちにしっかりした将来設計をしておかないと、悲惨な老後を迎えることになってしまいますよね。

実際、未婚の男女、離婚者の増大で、老後破産するケースは年々増えており、50歳以下の世代でも、シングルやバツイチはこれまでの時代と比べると右肩上がり。子供に老後を託すという発想は、既に過去のものになっています。

では、どうやって老後破産せずに乗り切れるのか。それにはやはり、普段から堅実に貯蓄していくのが一番。ということで今回は、老後破産しないための無理のない貯蓄方法についてお伝えします!

[ →続きを読む… ]

どうしても仕事に行きたくない時のサボり方!

どうしても仕事に行きたくない時のサボり方!
夜更かしをしてしまった時や、やる気が出ないときには「仕事に行きたくない」「もし、仕事をサボれたら…」なんてつい思ってしまいますよね。しかし、仕事をサボるのに、良いイメージはなく褒められたものではない事は社会の常識です。

とはいえ、仕事に行きたくないという気持ちが強すぎると、業務に集中できなかったり、無駄なストレスに苛まれてしまったりと、何も良いことはありません。心と身体のバランスを考えて、本当に休息が必要だと思ったときは仕事に行かないという選択肢を選ぶのも一つの手段になるでしょう。

しかし、もし仕事を休むとしたら、相手に連絡をしなくてはいけませんよね。会社やアルバイト先に欠勤を伝えるには「相手が納得してくれる理由」が必要不可欠です。そこで今日は、どうしても仕事に行きたくない時に使える、上手なアリバイや、使える欠勤の理由などについてお伝えします。ではご覧ください。

[ →続きを読む… ]

離婚したい時に必要な手続きと相談先とは?

離婚したい時に必要な手続きと相談先とは?
結婚している夫婦であれば、一度は「離婚したい」と思ったことってありますよね。価値観が多様化してきた現代では、些細なすれ違いが多くなり、「こんな人と離婚したい」と考えてしまうことも多くなります。

しかし、実際に離婚をするに至るには、多くの問題を解決しなければいけません。自分が本当に離婚したいのか、離婚するには何の手続きが必要なのか、離婚後に生活できるのかどうかといったことが問題として挙げられます。

また、相手が離婚に応じない場合もあります。そのような時に、どこに相談すればいいのか、分からない人が多いです。そこで、離婚したいと考えた時に、何の手続きが必要なのか、どこに相談すれば良いのかをまとめてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

離婚したい!その前に、子供に及ぼす7つの影響とは?

離婚したい!その前に、子供に及ぼす7つの影響とは?
夫婦生活の破たんはどこの夫婦にもあり得ることです。しかし離婚したいと思っても子供に及ぼす影響を考えればそう簡単には決められませんよね。大人だって離婚後の生活には不安がつきものですし、子供にもその苦しみを負わせてしまうとなれば躊躇して当然のことです。

離婚したいと思う気持ちはわかりますが、離婚は子供にとって親の身勝手な行動でしかありません。しかし、離婚しないで無理をしながら家族を続けるのもまた子供に悪影響を及ぼす可能性があります。そこで、離婚したいと思うなら少しでも子供に悪影響が及ばないように努力して回避しましょう。

そのためには、まず離婚が及ぼす子供への影響を知っておく必要があります。ここでは、離婚したい人に子供に及ぼす影響とその対処方法をまとめました。離婚したい!と思うときにはぜひ参考にしてください。

[ →続きを読む… ]