気持ちの切り替えが下手な人が無意識に行っている9つの行動

気持ちの切り替えが下手な人が無意識に行っている9つの行動
気持ちの切り替えというと、仕事とプライベートを自分の中で切り分けることを、まずはイメージますよね。

朝、出勤しても家の事が気になったり、夕方仕事が終わって家路につくときでも仕事のことが気になったりしていろと、ストレスが溜まってしまったり、神経質になってしまったりします。健康管理面でも重要なファクトとなる気持ちの切り替え。それをスムーズに行う為にはどのような方法があって、うまく切り替えられる人と切り替えられない人の違いはいったいなんなのか。

そこで今日は、気持ちの切り替えが下手な人が無意識に行ってしまっている行動についてお伝えします。ぜひ反面教師としてい、自分自身の経験に当てはめてみることで、必要以上のストレスを回避することができますよ。ではご覧ください。



 

気持ちの切り替えが下手な人が
無意識に行っている9つの行動

 

高見盛のパフォーマンスに見る気持ちの切り替え

例えば先日引退した大相撲の高見盛のパフォーマンスを覚えていますか?彼は自分の取り組みにあたって最高のモチベーションで臨むために塩溜まりでロボットのような動作をしていましたよね。そして立ち会い。

相撲に勝てば胸を反って勝ち名乗りの後支度部屋に戻り、負けてしまうとションボリして支度部屋への道をとぼとぼと舌を向いて帰る。大相撲の中継で注目されていたシーンです。

この時、高見盛は気持ちを切り替えていたのでしょうか?勝った瞬間や負けた瞬間に気持ちを切り替えるなんて神業でしかありません。彼だって人間ですから負けて支度部屋に戻るまではガックリしていたことだと思います。

それでも翌日には、また同じパフォーマンスで勝負に臨んでいました。これがまさに気持ちの切り替えなのです。

 

プロ野球でも気持ちの切り替えが重要

もう一つ例を出してみましょう。プロ野球で三振したバッターやエラーをした野手が監督やコーチからベンチで怒られているというシーンを見かけます。

実は監督やコーチは単にミスをしたことを怒っているばかりではなく、その選手の気持ちを切り替えさせようと叱咤している部分もあるのです。ですから、次のバッターボックスで見事なヒットを打ったり、ファインプレーをしたりすることがあるのです。

もちろん、この叱咤が逆効果になることもままあります。その後の打席でも成績が残せなかったり、守備につけばエラーばかり、試合の途中で交代させられ、その後2軍に落とされてしまう。

この差はなんでしょうか?言うまでもなく、気持ちの切り替えがうまくいったか、行かなかったかの違いなのです。

 

切り替えのタイミングを見逃すな

気持ちの切り替えがうまくいくか、いかないかというのは、切り替えるべきタイミングを自分で見極められるかという点も重要な要素になってきます。

仕事で失敗してしまった、試験問題の解き方を間違えてしまった、彼女に言ってはいけない一言を言ってしまった・・・・失敗のタイミングはどんなところにも転がっています。

しかし、気持ちの切り替えを行うタイミングは、その時期を逸してしまうと自分の行動や言動、感情が負の連鎖に陥ってしまう危険性をはらんでいるのです。

 

失敗を引きずらない努力をしましょう

もちろん、失敗してしまった様々なことを一瞬で忘れてしまったり、なかったことにすることは感情を持っている人間にとっては至難の技です。

かといって、その時の感情や事象をいつまでも引きずってしまうことは、その後の行動にとって大きなマイナス要素となって蓄積していってしまいます。

頭の中で素早い反省を行うこと、その反省に基づいて同じ轍を踏まないように気を配ることが大事なのです。

 

前向きの考え方で局面打開

気持ちの切り替えに大事なことの一つにプラスのイメージを持つこと、というものがあります。失敗した後に着手する様々なことに対して失敗した時のイメージではなく、うまくいった時のイメージをもって対峙することが大切です。

これは仕事でも勉強でも恋愛でも言えることで、自分自身の感情を、ことが成就するのだといういい意味での思い込み、イメージをもって臨んでみることで失敗した時とは違ったものが見えてくるはずです。

 

切り替えのタイミングを逸すると不安感が増大する

これまで述べてきたことは気持ちの切り替えをいかにうまく行うか、についての方法です。

では、逆にうまくいかなかった時にはどのような状態に陥ってしまうのでしょうか。この状態を知っておくことで、自分の状況がマイナスの方向に向かいつつあるかどうかを判断する材料になってくるでしょう。

まず、切り替えのタイミングを逸してしまった場合です。この状態で作業を続けると、取り組んでいる感情がなにかしっくりこない、こんなことでいいんだろうか、といった不安な状態になっているはずです。

首を傾げながらバッターボックスに向かう打者、のイメージです。

 

失敗を引きずると集中もできなくなる

失敗の思いを引きずってしまうというのは、気持ちの切り替えタイミングを逸してしまった後に現れる感情に似ています。ただ、タイミングを逸した時以上に、うまくいかない、また失敗しそうだといった負の感情が大きく支配してしまうでしょう。

素早い反省を伴っていない分、これは深刻かもしれません。物事に集中できなくなってくることもあります。こうなると何をやっても悪い結果しか見えてきません。

 

イメージがダメージになっていく

切り替えのタイミングを逸し、その失敗を引きずる、そして負のイメージで物事に対処しようとしてしまったら、もうお手上げです。

感情の中には負のイメージしかなくなってしまい、仕事には手がつかず、考えることも悪い結果ばかり・・・・ここまで来てしまうともうダメージしか与えられるものはなくなってしまいます。

 

最悪の場合にはうつ状態にもなってしまう

たかが気持ちの切り替えと侮らないでください。ちょっとしたミスから負のスパイラルに陥ってしまうというのは恐ろしいものでもあるのです。

最悪の場合には精神的なダメージから引きこもりになったり、うつ病を発症してしまうこともあるのです。

 

いかがでしょう、ネガティブな例証を書いてきましたが、逆説的にこうならないような予防をするためには事象を知っておくことが大切です。これまで書いてきた症状が少しでも見えてきたら、仕事を中断してリフレッシュしましょう。

例えば、仕事をするのは翌日に回してしまうのも一つの手段です。自分の中で失敗をリセットする回路を作っておくことで気持ちの切り替えが上手になることでしょう。

これで頭をスッキリさせよう!

ちょっと辛い、、、そんなふうに思った時にはこの音声を聞いてみてください。頭がすっきりして、嫌な気持ちや、沈んだ感情がちょっとだけ楽になるはずです

頭をスッキリさせる音声:

下記よりダウンロードして、iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れてお使い下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント