就職できない人が持っている7つの共通点

就職できない人が持っている7つの共通点
就職できない人と就職がすぐに決まる人には違いがあります。いくら学歴が高く、これまで学校の成績が優秀で教師からも絶賛されていても、就職できない人はいますよね。このような人は、これまでの人生で失敗をあまり経験しなかったため、内定がなかなかでないとどうしてよいのか戸惑ってしまいます。

一方で、学校の勉強はあまり得意でなくても就職はすぐに決まるという人もいます。この理由は、就職は偏差値で決まるものではないためで、企業が社員を雇う時に重要なのは、その人の頭の良さではなく、その人が企業に利益をもたらすかどうかです。

そこで、なかなか就職できないで焦っている人は必見の、就職できない人が持っている7つの共通点を解説します。



 

就職できない人が持っている
7つの共通点

 

清潔感がない身なり


人は見た目が9割とも言われるように、面接官は就職試験を受けに来ている学生の外見をまず見ます。これは、顔立ちがいいかではなく、身なりに清潔感があるかどうかを見ているのです。

接客業や営業職はもちろんですが、事務職や専門職であっても、身なりが清潔な人と不潔な人がいたら、前者の人との方が一緒に働きたいと思いますよね。これは、面接官も同じ。髪型や化粧などの身なりに気を遣えないと就職できない人になってしまいますよ。

 

服がシワシワ


いくらハキハキ話せて頭の回転が早そうな人でも、スーツやシャツにアイロンがかかっておらず、いつも服がシワシワというのは就職できない人の共通点の1つです。

スーツやシャツがシワシワという事は、事前にアイロンをかけていない、もしくは、ハンガーにかけずに無造作に服を置いているという証拠ですから、性格がおおざっぱでいい加減だと受け取られてしまうのです。面接に着ていく服はパリッときれいな状態にしておくように気を付けましょう。

 

緊張しすぎる


いくら性格が良くて真面目そうに見えても、面接で緊張しすぎてしどろもどろになる人というのは、就職できない人に多くいますよね。よい人なのに面接で緊張したからと言って落とすのは可愛そうだと思うかもしれませんが、すぐに緊張する人は、社会人としては十分に能力を発揮できない可能性があります。

面接で緊張してしまうという人は、面接官もただの人間だと思うことがポイントです。そう思う事で緊張は和らぎますから、受け答えもだいぶ変わりますよ。

 

丸暗記を棒読み


就職できない人の共通点として、準備し過ぎるということもあります。面接前に企業研究をして質問を想定してリハーサルするなど、万端に準備をするのはよい事です。しかし、実際の面接のときに丸暗記したことを棒読みで言うようでは面接官の心には響かないですよね。

面接官は、面接で学生の本心を聞きたいと思っていますから、暗記したことを感情も入れずにただ言うだけでは、仮に完璧に回答できたとしてもプラスポイントにはならないのです。

 

プライドが高い


就職できない人の特徴には、プライドが高いという共通点があります。プライドが高い人は、自分を過剰評価していますから、就職先は大企業でなければ嫌だと思ってしまいます。大企業や人気が高い企業は競争率も高いですから、内定を得られる確率も必然的に低下します。

少し競争率を落とした企業を受ければ内定がでるかもしれないのにそれが許せないという頑固でプライドが高い人は、妥協しないために就職が中々決まらないのですね。

 

野心がなさすぎる


あまり高みを望まなければ就職はできるだろうと思っている人も就職できない人になりえます。企業はどんな業種、どんな職種であっても、やる気がある人を採用したいと思っています。ですから、就職に安心や安定を求めている人には、企業も魅力を感じずに内定を出さないのですね。

定型業務をする事務職や一般職であっても、内定をもらうにはその仕事に対しての自分のやる気を面接ではアピールする必要があります。冷めた目で物事見ずに熱い気持ちを持つことは面接官に魅力的に映りますよ。

 

ネットの情報に振り回される


企業選びに慎重すぎるのも就職できない人の共通です。自分の人生を左右する決断ですから就職先は慎重に選ばなくてはいけませんよね。しかし、ネットの情報をうのみにして「残業が多いからだめ」「社風が古いからダメ」などと悪い評判ばかり気にしていては、受ける企業数が狭まってしまいます。

社員全員が満足している企業なんてほとんどないに等しいのですから、ネットに書かれているネガティブな情報をすべて鵜呑みにしないで自分の判断を信じることも重要です。ネットにしばられないように注意しましょう。

 

如何でしたでしょうか。就職できない人の共通点には、一見すると「就職には関係ないのではないか」と思われることや「むしろよい事なのではないか」と思われることが多くあります。例えば、身なりに気を遣わないとか服が汚いというのは、仕事ができるできないとは無関係そうに思えますよね。

しかし、どんなに些細なことでも面接官はしっかり見ています。面接官は学生を面接という限られた時間内で判断する必要があるため、あらゆることからその人のなりを想像するのです。ですから、些細な落ち度が就職できない人の共通点になってしまうのです。

人の振り見て我が振り直せとはよく言ったものです。就職できない人の共通点に注目することで、おのずと就職できる人の特徴がわかりますよね。コツをつかんで面接に臨むだけで大きく面接通過率は高くなります。

まとめ

就職できない人の特徴とは

・髪がぼさぼさ、化粧をしないなど身なりに気を遣わない
・スーツやシャツにアイロンがかかってなくシワシワ
・面接で必要以上に緊張してしどろもどろになる
・志望動機などお決まりの質問に対して丸暗記のことを言う
・プライドが高く大手企業しかエントリーしない
・野心がなく、就職に安定や安全さを求めている
・ネットで企業の悪い評判ばかりを調べている

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

コメント