働きたくないけどお金が欲しい時のお小遣い稼ぎ術!

働きたくないけどお金が欲しい時のお小遣い稼ぎ術!
「働きたくないけれどお金は欲しい」という気持ちはほぼ誰にでもあるものですよね。誰だって面倒な通勤をしたり、職場での人間関係に悩まされたりしてまで働きたくないし、自分の時間は好きなように過ごしたいもの。ストレスが積もり積もって「仕事したくない!」と爆発してしまうことも・・・。

しかし、働かずしてお金を稼ぐことは不可能だとも言われています。安定した収入が得られているのは仕事をしているからであって、その仕事をやめてしまえばお金が入らなくなるのは当然。やめたとたんに底なしの不安にかられることになります。

それでも、仕事という形ではないけれどお小遣いを稼いだりお金を得たりすることは不可能ではありません。少額かもしれないけれど、着実にお金を稼ぐ方法はあるのです。そこで今回の記事では、そのための方法5つについて解説します。

[ →続きを読む… ]

起業に失敗しない為にも、今いる会社から学ぶべきコト

起業に失敗しない為にも、今いる会社から学ぶべきコト
勇気を出して起業するなら失敗は誰だってしたくないものですよね。世の中、沢山の会社が日々誕生していますが、その会社の生存率を知っていますか。何と、起業後1年未満で3割の人が廃業、10年生き残る会社は僅か6%といわれています。

「今の会社にいては自分は成長できない」「起業したらもっと成功できる」と考えているあなた、起業に失敗しないためには、まず今いる会社から学ぶことが大切ですよ。今、働いている会社が起業後10年、20年と続いている安定した会社であるならば尚更です。

そこで今日は、起業に失敗しない為にも、今いる会社から学ぶべきコトについてお伝えします。今の会社で大変な思いをしているのであれば、学ぶべきコトをちゃっかり学んで、次のステップアップへ繋げましょう。

[ →続きを読む… ]

ダイエットと運動を組み合わせて健康体型をゲットする!

ダイエットと運動を組み合わせて健康体型をゲットする!

ダイエットには運動が必要だと分かっていますが、どうせするなら楽にダイエットをしたいもの。近年、様々なダイエット方法が紹介されていますよね。

しかし、食事を制限してするダイエットだけでは健康体型をゲットするには不充分。ダイエットの基本は、やっぱり食事と運動でしょう。

今回は基本に立ち返ってダイエットと運動を組み合わせた方法をお伝えします。ダイエットと運動を組み合わせた方法は、痩せるだけでなく、あなたを健康にするためにも効果的。

せっかく痩せても体調を崩すようでは痩せた意味がありませんよね。流行りダイエットは体重を落とす効果はあるかもしれませんが、健康な身体を脅かすものも少なくありません。

ダイエットと運動を組み合わせた方法は地味に見えるかもしれませんが、流行りに流されない方法でダイエットを行うのが1番効果的ですよ。早速、あなたもダイエットと運動を組み合わせた方法で体重をコントロールしましょう。
[ →続きを読む… ]

心理学の大学選びの要★先に確認するべき自己チェック

心理学の大学選びの要★先に確認するべき自己チェック

心理学の大学へ進学することを真剣に考えている受験生や高校生にとって賢く大学を選ぶために前もって幾つかの点を考慮することは大切です。

どの学科を選ぶにしても、その選択によってある程度将来の職業や進む道が決まっていくため決して軽く考えることはできませんよね。

絶対に心理学の大学で臨床心理を学びたい!と心に決めている人もいれば、心理学の大学に進学するのかあるいは全く違う分野を学ぼうかと悩んでいる学生もいることでしょう。

そうなると心理学の大学を選ぶに際してどんなことを念頭に選べば良いのか、もしくは本当に心理学を学ぶのかという点でどんな判断材料があるのかを把握して選びたいところ。そこで今回は心理学の大学選びの要★先に確認するべき自己チェックをお伝えします。
[ →続きを読む… ]

ダイエットに運動を取り入れるなら注意したい5つのタブー

ダイエットに運動を取り入れるなら注意したい5つのタブー

ダイエットに運動を取り入れるのはダイエットの基本だと考えている人は多いもの。確かに食事制限だけでダイエットを行なうよりも運動をした方が健康的な痩せ方のような気がするという気持ちも分かります。

しかしダイエットで運動を行なうのなら絶対に注意しておきたいことが数点あるのも事実。それらの知識がないままにダイエットで運動を始める人が多いため、健康を害してしまったり、すごく頑張っているのになかなか目標まで到達しないなど残念な声も聞こえてきます。

せっかくダイエットに運動を取り入れつつ頑張ろうと決意しているのであればより効果的に、また健康的に行いたいところですよね。そこで今回はダイエットに運動を取り入れるなら注意したい5つのタブーをお伝えします。
[ →続きを読む… ]