やりたいことを書き出して、夢を実現させる7つのコツ

やりたいことを書き出して、夢を実現させる7つのコツ
やりたいことや夢は誰にでもありますよね。仕事で現実的な目標を持つという人もいれば「社長になる」などの大きな夢を漠然と描いている人もいます。やりたいことを実現できるかどうかは、その夢の実現性の高さによると思われがちですが実は必ずしもそうではありません。

やりたいことがどんなに簡単そうに思えることでも実現できないこともありますし、逆に誰もが「無理だ」と思うような大きな夢でも実現してまう人はいます。それらの違いはずばり、やりたいことを現実のものとして自分が捉えているかどうかに寄るのです。

やりたいことを現実のものとして自覚させるためには、書き出すことがポイントになります。漠然と思い描いている夢を活字にして書き出すことで自分の中でも整理ができるのです。そこで、やりたいことを書きだして夢を実現させる7つのコツをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

本当に願いが叶う方法とは?夢ノートの作り方

本当に願いが叶う方法とは?夢ノートの作り方
大人になるにつれて毎日仕事や家事や育児、やらなければならないことに忙殺されて一日が終わってしまう、そしていつしか夢や希望ってなんだっけ・・・と思う方も多いはず。そんな時にまるで魔法のように願いが叶う方法があったら素敵ですよね。

実は願いがかなう方法のひとつに「夢ノート」という手法があるのです。夢ノートはサッカーの本田圭佑選手も実践しているという知名度の高い願いが叶う方法。現在でも多くの著名人や実業家の方々が願いが叶う方法のひとつとして夢ノートを活用していらっしゃいます。

「夢ノート」自体はごく普通のノートとペン、どこでも売っているものです。それがポイントを押さえることで願いが叶うノートに大変身!まるで魔法の世界のようですが、多くの方が実践されているメソッドです。今回は、そんな夢ノートで願いが叶う方法をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

上司が納得する企画書の書き方と構成の煉り方を伝授!

上司が納得する企画書の書き方と構成の煉り方を伝授!
新人社員にとって企画書を構成するのは難しいものですよね。企画書はプロジェクトなどの内容をクライアントやスポンサーなどに伝えるための「武器」です。この武器が冴え渡っているか鈍っているかに、プロジェクトが通るかどうかの命運がかかっています。

せっかく企画や商品がよくても、的確に企画内容を伝えなければ、プロジェクトは陽の眼をみないのです。そういう意味では、企画書がプロジェクトの命を左右するといっても過言ではないほど。

上手な企画書を書ける部下は上司にとって何よりも有難い存在なのです。逆にいえば、企画書の構成もしらないようでは、上司の覚えもめでたくないということになってしまいます。

ということで今回は、上司が納得してくれるような企画書の書き方と構成の練り方をお伝えします!

[ 続きを読む… ]

働きたくないけどお金が欲しい時のお小遣い稼ぎ術!

働きたくないけどお金が欲しい時のお小遣い稼ぎ術!
「働きたくないけれどお金は欲しい」という気持ちはほぼ誰にでもあるものですよね。誰だって面倒な通勤をしたり、職場での人間関係に悩まされたりしてまで働きたくないし、自分の時間は好きなように過ごしたいもの。ストレスが積もり積もって「仕事したくない!」と爆発してしまうことも・・・。

しかし、働かずしてお金を稼ぐことは不可能だとも言われています。安定した収入が得られているのは仕事をしているからであって、その仕事をやめてしまえばお金が入らなくなるのは当然。やめたとたんに底なしの不安にかられることになります。

それでも、仕事という形ではないけれどお小遣いを稼いだりお金を得たりすることは不可能ではありません。少額かもしれないけれど、着実にお金を稼ぐ方法はあるのです。そこで今回の記事では、そのための方法5つについて解説します。

[ 続きを読む… ]

起業に失敗しない為にも、今いる会社から学ぶべきコト

起業に失敗しない為にも、今いる会社から学ぶべきコト
勇気を出して起業するなら失敗は誰だってしたくないものですよね。世の中、沢山の会社が日々誕生していますが、その会社の生存率を知っていますか。何と、起業後1年未満で3割の人が廃業、10年生き残る会社は僅か6%といわれています。

「今の会社にいては自分は成長できない」「起業したらもっと成功できる」と考えているあなた、起業に失敗しないためには、まず今いる会社から学ぶことが大切ですよ。今、働いている会社が起業後10年、20年と続いている安定した会社であるならば尚更です。

そこで今日は、起業に失敗しない為にも、今いる会社から学ぶべきコトについてお伝えします。今の会社で大変な思いをしているのであれば、学ぶべきコトをちゃっかり学んで、次のステップアップへ繋げましょう。

[ 続きを読む… ]