失敗の本質はこれ!自分の行動を成功に導くためのポイント

失敗の本質はこれ!
失敗の本質を自分なりに理解して次の成功につなぐためには、現実を受け入れないといけないので場合によっては辛いですよね。失敗は成功のもとなんて世の中では言われていますが、失敗せずにすんなり成功したいと思うのは皆さん共通するでしょう。

失敗の本質を理解すればさらに大きな成功を導くチャンスになりますので、必ずしも失敗を避けて通らないといけないわけではありません。

仕事、人間関係、恋愛、金銭面などあらゆる生活のなかの出来事で、私たちは予想通りに物事が運ばない場面がよくあります。失敗を認めるのは決して簡単ではありませんが、結果よりもそこに至るまでのプロセスを冷静に判断したいですね。

そこで本日は失敗の本質を知り、自分の人生をさらに幸福に成功させるポイントをお伝えします。

アクションを起こす前にしっかり計画を立てましょう

失敗の本質は成功に向けた準備不足が何よりも大きな要因で、思い付きで行動した時は期待通りに結果が出ないものです。たとえば好きな人に告白する時、瞬間的に行動を起こして告白してもうまくいかない可能性が高いですよね。

それよりもどこで、いつ、どうやってと具体的なシチュエーションを頭に描いて計画したほうが成功を導きやすいのです。

テスト勉強や仕事も同じこと、準備には時間がかかりますので効率的に物事を進めるためにも、しっかり準備をしてからアクションを起こしましょう。そのほうが万が一壁にぶつかったときも回避策がみつけやすくなります。

 

自分の得意を上手に生かしましょう

失敗の本質がなにかわからない時、なぜ失敗したのかチャレンジしたことを冷静にもう一度振りかえってください。自信がないことや得意でないことは、一度で成功しない可能性があります。

逆に得意ならば成功する確率が高く、疑いを持たずに前進できますよね。もし失敗を恐れるなら、完全に自分のものになるまで何度も熟考したり練習を繰り返しましょう。

たとえば受験、レベルが上の学校だと受かる確率よりも落ちる可能性が高いのは自分が一番わかっているはず。失敗の本質はどれぐらいの成功率があるのか把握し、失敗しないために努力をして得意に変えておかないといけません。

 

ゴールをひとつに絞りましょう

あれもこれもチャレンジして、ゴールがあちこちにあったら、どこを目指すべきかわかりませんよね。そよりもたとえ小さな目標でもたったひとつだけの成功にこだわって努力する人のほうが、失敗の本質を理解しているといえるでしょう。

ゴールをクリアすると達成感が生まれ、自信へとつながります。この繰り返しこそが新しい物事にチャレンジするモチベーションになり、自分の世界を広げるチャンスになるでしょう。

失敗の本質はたくさんゴール設定をしてどれかひとつでもクリアすればいい、と的が定まっていないことが原因。同時に失敗すると細かい原因を見落としてしまうので学ぶ機会もなくなってしまいます。

 

失敗が人生のドン底とは思わないようにしよう

失敗の本質は失敗を恐れるためで、ここで成功しないともうだめだとプレッシャーをかけているからです。長い人生の間、失敗が許されない時は必ず一度は訪れることもあるでしょう。

たとえば受験や就職など、失敗すると人生が変わってしまう瞬間、ここでプレッシャーを感じずに失敗してもセカンドチャンスがあると余裕を持てばいいのです。これがだめならあれがある、そんな失敗した時の策を練っておけばリラックスして臨めます。

しかし絶対に成功しないとダメだと窮屈な発想をすると、必然的に成功を回避してしまい期待外れな結果が生まれるでしょう。失敗した人ほど土壇場に強く、あらゆる回避策を知っているもの。だからこそ人生が豊で弱い立場の人への理解ができるのです。

 

拒否する態度を心がけよう

成功のためになんでも受け入れていると実は自分にとって損が増えるだけです。たとえば昇格したいので残業を断らずに続けると、自分の時間がなくなってしまいますよね。

時には拒否する姿勢を意識して、違った角度から自分の人生にアプローチしてみましょう。「やる」ことばかりでなく「やらない」ことを作ると、今までに見えなかった幸福がやってくるかもしれません。

 

このように失敗の本質はあちこちに隠されていますが、気が付くのが怖くて目をつぶってしまう自分が存在します。人生を成功に導くためには失敗をして学ぶこと、そしてなぜ失敗したか二度目は違う方法でトライしてください。

自分の行動のせいで成功できない場合、挫折感や無気力などネガティブな気持ちになります。ここが失敗の本質であり、豊かな人生を切り開くためには失敗からポジティブなことを見つける思考が大切なのです。

有名なセレブやビジネスオーナー達もきっと皆さん今だから笑って話せる失敗談があるでしょう。苦い体験を多くした人のほうが人間としての価値が高まり、必然的に成功が近寄ってきます。

そのチャンスを掴むためには、遠回りになるかもしれませんが失敗体験をしたほうが自分にメリットになります。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました