彼氏と結婚したい!恋愛から一歩前進させる5つのコツ

彼氏と結婚したい!恋愛から一歩前進させる5つのコツ
付き合っている彼氏と結婚したいという憧れは、女性なら誰もが抱く気持ちですよね。最も、ただ憧れるだけではその夢は叶わないですから、本当に彼氏と結婚したいならただ付き合っているだけの状態からの進展が必要です。さて、実際に結婚に向けて一歩前進するには何より彼氏の心を動かさなければなりません。いくら彼氏と結婚したいと願っても、彼氏に結婚願望がなければ進展はあり得ないからです。

と言うことは、彼氏と結婚したいと思って一歩前進を狙うなら「彼氏に結婚を意識させる方法」を考えることが解決策になります。このため、今の状態から結婚への進展を希望する女性は、彼氏の心を自分と同じ気持ちに変えるにはどうすればよいのかを考えてみましょう。

それでは、これから「彼氏と結婚したい!恋愛から一歩前進させる5つのコツ」をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

結婚したいなら、彼をその気にさせる6つの方法

結婚したいなら、彼をその気にさせる6つの方法
女性は結婚したいと思える男性と出会えたら、やはり幸せな家庭を築きたいと思いますよね。しかし、草食男子の出現で女性に積極的な男性が減り、セクハラを恐れて周囲は結婚をせかさない現代では、晩婚化は進んでいくばかり。

結婚したくない人には好都合ですが、いずれは結婚したいと思っていてもなかなかそのきっかけがつかめない人が多くなっています。このためいつまでも結婚したいと言ってくれない彼氏にイライラする女性も多いのではないでしょうか。

彼氏が、今のあなたとの関係に居心地良くて満足しているようなタイプなら、いつまでもただ待っているだけでは結婚できません!プロポーズされるように強引に持っていくことも時には必要です。そこで、こちらから彼氏が結婚したいと感じるように仕掛けてみましょう。

ここでは結婚したいあなたが、彼氏をその気にさせる方法を順を追ってまとめました。彼氏と結婚したい人はぜひ試してくださいね!

[ 続きを読む… ]

彼氏と早く結婚したい!親に認めてもらう為の裏ワザ

彼氏と早く結婚したい!親に認めてもらう為の裏ワザ
付き合いが深まってくると、女性としては一刻も早く大好きな彼氏と結婚したいと思うものですよね。いくら男女の結婚観が変わってきているとはいえ、適齢期は女性の方が深刻です。彼氏がその気になっているうちに、少しでも早く結婚してしまいたいと考える女性は少なくありません。

でも、結婚は二人の意思だけでするものではありません。どんなに本人たちが盛り上がっていても、両親が結婚に賛成してくれないと、結婚式まで持ち込めません。せっかくの結婚、生み育ててくれた親に認められて新しい家庭を傷期待という思いは誰しも持っているものでしょう。

ということで今回は、彼氏と結婚したい女性に向けて、少しでも早く親に認めてもらうための裏技をお伝えします!

[ 続きを読む… ]

娘の彼氏を嫌いになったとき、距離を置いて関わる策

娘の彼氏を嫌いになったとき、距離を置いて関わる策
娘の彼氏を嫌いになる親は珍しくありませんよね。親にとって娘は何にも変えがたい存在、幼い頃から目の中に入れても痛くないほどかわいがり、その成長を見守ってきた、文字通り宝物です。その娘を見知らぬ男が奪っていくのですから、どんなに相手が良い男でも寂しさに見舞われるものです。

ましてや、その相手が自分の嫌いなタイプだったら、と思うとぞっとしてしまうという人もいるでしょう。でも実際には、娘の連れてきた彼氏が嫌いでたまらない、というお父さん、お母さんも少なくないのです。

なかには、娘の彼氏が嫌いで顔を見るのもイヤという人もいます。なのに、交際の進展次第ではどうしても会わなければいけない機会がでてきます。辛いところですね。そこで今回は、娘の彼氏を嫌いになったときに、距離を置いて関わる方法についてお伝えします!

[ 続きを読む… ]

女子が急に彼氏のコト嫌いになるのはナゼ?5つの理由

女子が急に彼氏のコト嫌いになるのはナゼ?5つの理由
昨日まであんなに仲良しだったのに、今日は彼氏のことが嫌いになったという、女心は本当に難しいですよね。

自分では心当たりが思い当たらず、本人に聞いてみても、はっきりとした答えを聞くことが出来なくてモヤモヤしてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。やっぱり女心は気まぐれで理解不能と感じたあなた、女子が急に彼氏のことを嫌いになるにはちゃんと理由があるのですよ。

彼氏を嫌いになった理由を言わないのは、聞かなければ嫌われた理由がわからないことに対して怒っているからです。

そこで今日は、女子が急に彼氏のコト嫌いになる5つの理由についてお伝えします。気づかずに女子の地雷を踏んでしまわぬよう、女子の気持ちを理解しておきましょう。

[ 続きを読む… ]