嫌いな人との接し方を変えてストレスをためないコツ

嫌いな人との接し方を変えてストレスをためないコツ
生きていれば人間誰しも嫌いな人の一人や二人いますよね。この人ちょっと苦手だなぁ、という程度の方もいればお話しをするのもストレスになってしまうという方もいらっしゃることでしょう。

嫌いな人と接するのは確かにストレスが溜まることです。出来れば接さずに過ごしていきたいものですが、職場の同僚や上司、ママ友や同じ趣味サークルのメンバーなど日頃から顔を突き合わせていなければならない相手であればそうもいきません。であれば、せめてストレスを溜めないように接したいと思うのは当然のことですよね。

実は考え方を少し切り替えるだけで、嫌いな人との接し方が変わりストレスを溜めないようにすることは可能なのです。そこで今回は嫌いな人との接し方を変えてストレスを溜めずにやり過ごすコツをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

心が疲れたあなたを癒す休息の取り方とは

心が疲れたあなたを癒す休息の取り方とは
働いている皆さんなら、心が疲れたと感じることってありますよね。肉体労働はしていないし、休息はちゃんととれている、なのに何をしても楽しめないということって誰にでも起こります。そういうとき、実は、心が疲れたと悲鳴をあげているのです。

今の時代、原始の頃と違って、身体を酷使しなくてもご飯を食べていくことはできますし、命の危険を感じないで毎日暮らしていくこともできます。余程ハードな仕事に従事していない限り、身体が悲鳴をあげることはありません。でも、心は満足していないのかもしれません。

身体が疲れたときは消化の良い食べ物を食べて、しっかり眠るのが第一ですが、では、心が疲れたときはどんな急速を取れば良いのでしょうか?と言うことで今回は、心が疲れたあなたを癒す休息の取り方をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

「自分が嫌い」をあっという間に克服する発想転換術

「自分が嫌い」をあっという間に克服する発想転換術
自分が嫌いな人っていますよね。その理由は様々ですが、自分が嫌いなことで性格はどんどん暗くなっていってしまいます。また、ネガティブや自分に自信が持てないという一面を自覚している人は、その場合も「自分が嫌い」という考えが元になっているのです。このように自分が嫌いであることは私生活の全てにおいて悪影響をもたらします。

自分で自分が嫌いな人が他人に好かれるはずはなく、それが友人関係や恋愛に悪影響をもたらすことは明白です。さらに他人から好かれることがなければ職場でも孤立してしまい、自分が嫌いな以上自信を持って意見することもできません。

まさに人間性自体を暗くさせてしまうこれらの事態…それを改善するには根本となる「自分が嫌い」という考えを直す必要があり、そのためのポイントは発想の転換にあります。そこで今回は「自分が嫌い」をあっという間に克服する発想転換術をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

苦手な人とストレスをためずに付き合う6つのコツ

苦手な人とストレスをためずに付き合う6つのコツ
生きていればいろんな人と出会いますが、その出会った人の中で少なからず苦手な人っていますよね。ちょっと話しただけで、「この人とは合わないな」と感じてしまうこともあります。

人それぞれ考え方や性格に違いがあり、自分と合わない人とは接しなくてもよいということであれば苦労はしないでしょう。しかし、職場やバイトなどで苦手な人とも接せざるを得ない状況もあります。特に社会に出ると上司や部下、さらには取引先とのお付き合いに気を使いますが、その上苦手な人が周りにいるとなるとかなり辛いものがあります。

できることなら、余計なストレスはためたくないものですよね。そこで今回は、苦手な人ともストレスをためずに付き合っていく6つのコツについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

会社に行きたくない気持ちをやる気に変える6つの法則

会社に行きたくない気持ちをやる気に変える6つの法則
会社に行きたくない気持ちをやる気に変えられたら日常生活が楽しくなりますよね。仕事というものは、なかなか常にモチベーションを高く保っていることが難しいものです。いくら好きな仕事であっても大きい小さいに関わらず波が来ます。その波が下がっている時は、会社に行きたくないと思うのは当然の感情です。

そんな時会社に行きたくない気持ちを少しでも上向きに変えられたらこんなに嬉しいことはありませんよね。楽しくて仕方がない、そんな気持ちで仕事に取り組めたらどれだけ充実するか、考えただけでもわくわくします。

やる気になるには、自分の中にある気持ちを切り替える必要があります。まさにやる気スイッチを自ら押すきっかけを作るわけです。そこで今回は、会社に行きたくない気持ちを自らの力でやる気にかえるためのきっかけとなる法則をお伝えします。

[ 続きを読む… ]