会社に行きたくない朝にできる気持ちの整え方3選

会社に行きたくない朝にできる気持ちの整え方3選
会社に行きたくないときって、誰にでもありますよね。書類の不備で上司に叱られた、同僚と意見が衝突して孤立してしまった、取引きが上手くいかず会社に迷惑をかけてしまったなどなど、毎日仕事をしていると、上手くいいかないこと、つらいことの種はどこにでも転がっているものです。

そういうことがあった日の翌日は、朝目が覚めても嫌なことが頭に残っていて、会社に行く気がしなくなってしまいます。とはいえ、会社に行きたくないからといって、そのたびに休んでいたのでは、社会人として一人前とはいえません。大人ならしっかり気持ちを整えて、家を出るしかないのです。

そこで今回は、会社に行きたくない朝にできる気持ちの整え方、切り替え方についてお伝えします!



 

会社に行きたくない朝にできる
気持ちの整え方3選

 

会社に行きたくない朝は、先のことを考える!


会社に行きたくないときの気持ちの切り替え方として、視点をずらすということがあります。特に、仕事が上手くいっていないときなど、今おかれている状況ばかり凝視していると、どうしても気持ちが重くなってしまいます。そんなときは、目先のことではなく、少し先のことを考えてみましょう

心理的な遠近法を利用して、現在目の前に横たわっている嫌なことをぼかしてしまうのです。子供の頃、夏休みやお正月、遠足などといった楽しいイベントが近づいてくると、気持ちが軽くなったのを覚えていませんか?あれと同じ精神構造を意図的に作り上げるのですね。遠くをみることで、近くの現実の苦さを薄めるということです。

特にお勧めなのが、予定表を作ることです。ノートに手書きしても構いませんし、パソコンのワードやエクセルで作るのも良いですね。表などに具体的な数字や日にちを書き起こすと、脳が論理的になり、感情を抑制してくれます。

会社に行きたくないというネガティブな発想は多分に感情的なものですので、これから解放されるには、感情を数値的な作業に向けるのが効果的なのです。さらにそこに少し先の楽しい予定を書き込んでいけば、気持ちも次第にはれてきます。暗く、重い発想に支配されているときは、現実からちょっと目を離して、遠くをみてみましょう!

 

会社に行きたくない朝は、いつもと違うことをしよう!


会社に行きたくないとき、いつまでもお布団の中でうだうだしているのは禁物です。会社に行きたくないときこそ、何はともあれ、お布団から出て顔を洗いましょう。会社に行きたくないときって目だけは早くに覚めているものの、ついついお布団のなかでぎりぎりまでもぞもぞしてしまいがちです。

そして、時間がくると仕方なく起きて着替え、朝食もそこそこに出勤。これでは、意気もあがらないし、気持ちの切り替えもできません。前日の重い気持ちを引きずったまま、しごとにつくことになってしまいます。こういう朝こそ、思い切って早めに起き上がってしまうのが肝心です。

気持ちを切り替えたいときは、いつもと違うことをするのが効果的です。いつもと違うことをすると、その行動に集中できるからです。たとえば、いつもより凝った朝食を作って、ゆっくりと食事をする、それだけでも、重い気持ちを払拭する効果大です。適当に料理するのではなく、お味噌汁を作るなら、しっかりと分量を量って、最高に美味しいお味噌汁を作りましょう。

こういうときのために、とっておきの好物を常備しておくのも良いですね。いつもの朝には食べないちょっと高価な缶詰を使ってサラダを作ったり、お取り寄せの名品を開けてみたり。作ること、食べることに集中している間に、少しずつ気分もほぐれていくものです。お腹が膨らむと気持ちも楽になりますので、会社に行きたくないときこそ、しっかり食べましょう!

 

会社に行きたくない朝は、偉人たちの失敗に学ぼう!


どんなに気持ちを切り替えようと思っても、犯してしまった失敗が頭から離れてくれないときがあります。その失敗の苦味がいつまでたっても脳裏から消えてくれず、自分はもう一生成功できないのではないかと思ってしまう・・・そんなときにお勧めなのが、パソコンやスマホなどで見られる偉人たちの失敗伝をみることです。

落ち込んでいるときは自分だけがダメ人間のように思えてしまうものですが、実は全くそんなことはないことが分かります。歴史上に名を残す偉大な発明家や政治家、小説家、実業家など、そうそうたる人々も、その生涯の中で何度も大失敗をしているのです。

たとえば、アメリカで最も人気のある大統領の一人であるリンカーンは、起業に失敗して無職になった挙句、州議会に立候補して落選、以来、8回もの落選を経験しています。また、イギリスの人気首相でノーベル文学賞も受賞しているチャーチルは子供の頃には言語障害があり、士官学校の入学試験に3度も落ちていますし、選挙でも苦い敗北を経験しています。

さらに、相対性理論で有名な20世紀最高の天才アインシュタインも、子供の頃は話すことも読むことも人より劣っており、学校を放校になったり入学を拒否されたりしています。こうした経験をバネとして、彼らは自分の道を切り開いていったのですね。

誰にでも学校や会社に行きたくないときはあった!そう思えると、重かった気持ちも軽くなりませんか?苦しいのは自分だけではありません。気持ちを切り替えて、どんどん前に進みましょう!

 

会社に行きたくない朝というのは、実に気分の重いものです。そんなときには苦しい現状ばかり考えず、視線をずらして近い将来のことなどを考えてみましょう。現実の苦さが薄まって、気持ちが楽になってきます。

さらに、頭の中だけで考えるのではなく、ノートやパソコンに具体的な予定をたてていくと、感情が抑制されてネガティブな発想から離れることができます。また、会社に行きたくない朝こそ、さっさと起きてゆっくり食事を取るなど、いつもとは違う行動を取ることも気分転換になります。

それでも気分が晴れないときは、パソコンやスマホで偉人たちの失敗伝を開いてみましょう。歴史上に名前を残す偉大な人物たちでも笑えないような情けない失敗をいくつも犯しています。ちょっとやそっとのことで凹んでいては時間が勿体無いと思えるようになりますよ!くじけていないで、前に一歩踏み出しましょう!

まとめ

会社に行きたくない朝には

・ちょっと先のことを考えてみる!
・いつもと違うことをやってみる!
・偉人たちの失敗談に学ぶ!

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。 あなたが結ばれるべき運命の人が誰なのか知りたくないですか?

「運命数診断」では、誕生日と血液型、そしてあなたの選んだ数字で、スピリチュアル鑑定師が運命を読み解き、本当の運命の人がズバリ分かります。自分の本質、運命の人を知り、幸せを掴むことができるのです。しかも、今なら、鑑定結果が全員無料でもらえますよ。

今すぐ運命を知りたいなら、期間限定無料鑑定をお試しください!

コメント