父親の事を嫌いになる女子高生の心理とは?

父親の事を嫌いになる女子高生の心理とは?
中学生、高校生くらいになると、男子も女子も反抗期、特に、親には反抗的になるものです。なかでも、思春期の女の子は父親を嫌いになる傾向にありますよね。

子供の頃はお父さんっこだった娘が「お父さん、うざい」「あっち行って」と避けるようになったり、時にはもっとひどい言葉で罵ってきたり。父親だけでなく、傍らできいている母親にとっても辛い時期です。

とはいえ、女親なら、自分にも父親を嫌いになった経験はあるのではないでしょうか。どうして女子高生というのは父親を嫌いになるものなのか、どうしてある時期をすぎるとそれが自然に解消されるのか。面白い心理ですよね。ということで今回は、父親を嫌いになる女子高生の心理についてお伝えします!

[ →続きを読む… ]

娘の彼氏を嫌いになったとき、距離を置いて関わる策

娘の彼氏を嫌いになったとき、距離を置いて関わる策
娘の彼氏を嫌いになる親は珍しくありませんよね。親にとって娘は何にも変えがたい存在、幼い頃から目の中に入れても痛くないほどかわいがり、その成長を見守ってきた、文字通り宝物です。その娘を見知らぬ男が奪っていくのですから、どんなに相手が良い男でも寂しさに見舞われるものです。

ましてや、その相手が自分の嫌いなタイプだったら、と思うとぞっとしてしまうという人もいるでしょう。でも実際には、娘の連れてきた彼氏が嫌いでたまらない、というお父さん、お母さんも少なくないのです。

なかには、娘の彼氏が嫌いで顔を見るのもイヤという人もいます。なのに、交際の進展次第ではどうしても会わなければいけない機会がでてきます。辛いところですね。そこで今回は、娘の彼氏を嫌いになったときに、距離を置いて関わる方法についてお伝えします!

[ →続きを読む… ]

勘違い女の特徴と、そうならない為の対処とは?

勘違い女の特徴と、そうならない為の対処とは?
どんな女性も出来れば「勘違い女」なんて思われたくないですよね。ところが、女性の華の頃は短いと言われており、女性が最も美しいと言われる時期は人生のほんの数年間、あっという間に過ぎてしまいます。訳もわからずもてはやされて咲かされて、過ぎた後に山のような「後悔」をする女性も少なくないのです。

そこで今回は、昔の自分を思い出して「なんて勘違い女だったんだろう」と恥ずかしくなる経験を持つ人生の先輩から、「勘違い女」の特徴と回避方法を学ぶことにしましょう。誰もが勘違い女なんて思われたくないにもかかわらず、知らないうちに多くの勘違いをしてしまっている女性は多いものです。

空気を読んで相手の気持ちを思いやり、勘違い女と思われないように行動する術を、先人から学びましょう。では、勘違い女の特徴と、そうならない為の対処法をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

こんな友達いらないとみんなが思う7つの性格

こんな友達いらないとみんなが思う7つの性格
「こんな友達いらない」と、もし周りから思われているとしたら、それはとても悲しいことですよね。自分では良い友達に恵まれているつもりでも、気づかないうちに「あんな人は友達にいらない」と言われていたら、確かにいろいろな意味でショックです。

でも、「あんな人は友達に持ちたくない」、「あの人は性格が悪い」と思われるには必ず原因があります。そしてその中には、私たちが「性格が悪い」と思われるなどとは全く思っていない性格が入っている、というのが恐ろしいところ。知らないうちに「嫌いな友達」認定されていることは珍しいことではありません。

では、具体的にはどんな言動や性格が危険なのでしょうか。そこで、心当たりがないのに友達が減っていくなんてことがないよう、「こんな友達はいらない」と思われる人の特色についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

子供が親をうざいと思うのは何故?理由とその対処法

子供が親をうざいと思うのは何故?理由とその対処法
「うちの親、超うざい!」まさか、うちの子がそんな風に思う日がくるなんて…、と凄くショックを受けてしまいますよね。しかし、悲観的になってはいけません。子供は親に反発心を抱く時期を通り過ぎて大人に成長していくのですよ。

反抗期の子供との関係って、とても難しいですよね。親としては、不機嫌になるスイッチがわからず、憎たらし気に悪態をつかれると、ただただ可愛かった幼い頃を思い出して「あの時は良かった…」と思わず呟いてしまいそうになります。だけど、子供の成長は喜ばしいことです。

徐々に親離れを始めた子供は、一体親のどんなところをうざいと思うのでしょうか。子供の成長と共に、親も子供との接し方を見直す必要があります。そこで今回は、子供が親をうざいと思う理由と、その対処法についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]