食後と睡眠の関係を学んで、成績をグングン向上させる7つの豆知識

食後と睡眠の関係を学んで、成績をグングン向上させる7つの豆知識

食後と睡眠というと食べてすぐ寝ると太るとか悪いイメージがありますが、その通りであまりよい結果は得られないものです。受験勉強や試験勉強で食事や睡眠も不規則になりがちですが、だらだらと眠る時間を削っても良い効果が得られないことは事実です。では、どうしたら覚えにくい英単語や歴史などをスムーズに効率よく暗記できるのでしょうか。

ここでは、食後の睡眠の関係を知って体にも優しい時間の有効な使い方をお伝えしていきます。食べたあとすぐに寝るとどうなるのか、眠る何時間前に学習したら良い効果が得られるのか、では食事はいつ取れば良いのかなど、成績を上げるにはどうすればよいのかをわかりやすくお知らせします。



 

食後と睡眠の関係を学んで、
成績をグングン向上させる7つの豆知識

 

食後と睡眠の関係とは

食後眠くなってしまう方がいらっしゃると思います。これは低血糖になってしまうからです。一つ目に人工甘味料が多く含まれる食品の摂取で低血糖が起こることがあります。

もう一つに機能が正常に働いてない場合のインシュリンの分泌量が異常なケースで、低血糖または高血糖を起こしてしまい、低血糖になった場合には眠気が襲って来るのです。なお正常な方で分泌異常でなければほとんど眠気は起こらないので眠気が襲う心配はありません。

 

食後の睡眠が脳に与える影響

食後に睡眠をとると脳に影響を与えます。食物を消化するために消化器官の血流は盛んになる一方、脳に送られる血液が減ってしまい食後の睡眠は血液不足を起こすのです。

このため睡眠中に活性化されリセットされるはずの脳なのですが食後の睡眠では休まるどころか逆に働きが悪くなります。食後すぐ眠ると翌朝の寝覚めが悪く頭がすっきりしないというのもこのためです。このような理由からも睡眠をとるのは食後4時間が理想的だとされています。

 

注意!疾病への誘引にもなる

昔から食後寝ると牛になると言われますが、体を横たえているのは消化の助けにはなります。しかし睡眠となるとかえって身体に悪影響を与えることがわかっています。

摂取した食事を燃焼しきれず滞留時間も長期になって肥満を誘発します。また大脳の血流が減少するために脳の血液不足で脳の疾患の脳梗卒中などを起こしやすくなるのです。また、胃腸にも悪影響が及びます。遺産が逆流しやすくなりますので逆流性食道炎にもなることがあるのです。

 

睡眠への影響

食後すぐの睡眠は脳や体に悪いことがわかりました。その上睡眠にも悪影響を及ぼすこともあります。睡眠中に胃腸などの消化器官が活発に働き熟睡できないからなのです。長時間であっても、十分寝たつもりでも、良質な眠りは得られないのです。

消化器官活動中の脳への血流の減少と、各機関への脳の指示活動により脳も休んではいないのです。十分な充実した睡眠とは脳が本当に休まる眠りのことをいいます。このように食後にすぐ睡眠をとることはリスクが大きいといって過言ではありません。

 

質の良い睡眠とは

睡眠の長さの理想時間は8時間と言われていますが、質が良ければ時間にこだわらなくてもよいのです。良い睡眠と眠りの長さとは比例しません。量も重要ですが質を重視してください。ひとつめに心がけたいのがゴールデンタイムという22時から3時の間の5時間に眠ること、そして次に重視することが1~2回目のノンレム睡眠で深い眠りに達し最後のレム睡眠を経て目を覚ますことができる眠りなのです。

良い眠りを得るためには眠る前にはもちろん満腹ではいけませんし、激しい運動も禁物で、熱いお風呂はいけません。入浴したなら体を冷ましてから暖かい寝床に入ると温度差から入眠がスムーズになります。

 

食後の正しい過ごし方

就寝時間の4時間前までには食事を終えることが重要です。夕食が21時より遅くなる場合は昼食と夕食の間に軽食を入れて夜は不足する栄養素を補うことをします。夕食のあとには運動を入れたいのですが、難しい場合は入浴をします。

ただし、熱いお湯は眠るためには妨げになるので、入眠がスムーズにできない方はぬるめのお湯に浸かりましょう。また、光は体内時計を狂わせてしまい目が覚めますので、眠る前にはパソコンやTV,メールなど控えていきます。

 

効果的な学習法とは

では、食後の学習はどうかといいますと万福寺は学習能力が落ちます。これは、脳に血流が十分に行き渡らない理由もあります。ですから食後一時間はゆっくりくつろいだり体を少しづつ動かしたりします。

一時間経過したら勉強を始めるのですが、睡眠の1~2時間前というのは記憶の質が高まってくる時間帯なので食後1時間で学習してから、1~2時間学習し眠るという時間の使い方が理想的と言えます。とくに記憶が必要な社会や生物、英語などがオススメです。なお、眠いときには効果は上がりませんので仮眠を取ってから暗記に務める方が効率は良いと言えます。

 

いかがでしたか?

食後に睡眠をとると脳に悪い影響を与えるどころか体にも良くないことがわかります。効果的な学習でとくに暗記に有効なのは食後1時間が経過したあとの1~2時間でそのあとに睡眠をとることで記憶の質が高まります。

 

まとめ

食後と睡眠の関係を学んで、成績をグングン向上させる7つの豆知識

・食後と睡眠の関係とは
・食後の睡眠が脳に与える影響
・注意!疾病への誘引にもなる
・睡眠への影響
・質の良い睡眠とは
・食後の正しい過ごし方
・効果的な学習法とは

目標を達成する為に!

そして、今日は、目標の明確化と、その達成のために役立つ「ナビゲーションシート」を用意しました。ぜひあなたの問題解決と目標達成のために活用してください!あなたが本当に達成したい目標を知ることができれば、今までのように頑張らなくても、もっと楽に目標達成することが出来るようになりますよ。

目標達成を明確するナビゲーションシートのダウンロードはこちらから

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント