怒りをコントロールして自分の感情と上手に付き合うには

怒りをコントロールして自分の感情と上手に付き合うには
怒りがコントロールできず自分らしくない行動をとり、後から後悔した経験はきっと皆さん一度はありますよね。喜怒哀楽の感情のなかでも「怒り」は突然襲ってくるもので、うまく抑えきれいない場面があります。

ネガティブな感情表現ほど本来は慎重になるべきですが、頭で考えているよういかないことがあるのです。怒りをコントロールできるようになると、人間関係でトラブルを回避できるようになり、さらに自分自身にも余裕が生まれてくるでしょう。

しかしいつも我慢ばかりではストレスになり、いつか爆発するのも避けたい点です。そこで本日はイラっとしやすい方にオススメの、怒りをコントールして上手に感情表現する秘訣をお伝えします。

怒った後の状況を素早くイメージしましょう

怒りをコントロールするのは時にはとても難しく、自分でも思わぬ行動をとってしまう場合があります。手元にあった本を投げつける、暴言を吐くなど怒りのアピールは様々。

こんな場面は怒りをコントロールするため、素早く怒った後の状況をイメージしてください。たとえば夫婦喧嘩のシーンで頭にきたとき、相手にきつい一言を投げつけたくなるでしょう。

もしこの言葉を言ったら相手が傷つき、しばらく口を聞かずに生活しないといけない、相手が逆上してさらに面倒になるなど。ネガティブな感情表現は受け止める人までも気持ちが暗くなり、平和にその場で解決できないことがほとんどです。

思うがまま感情表現してすっきりするのは、相手の気持ちを考えない自分勝手な行動なのです。

 

数字を数えて感情を抑制しましょう

職場で上司にイラっとしたときや、彼氏に頭が来た時など、小さなことでもうまく怒りをコントロールしないとさらに事態が悪化します。世の中は性格的にのんびりしている人ばかりでなく、短気でイラっとしやすい人も多いでしょう。

いつもイライラしている人は周囲に与えるイメージも悪く、人間関係にも影響を与えています。もし怒りをコントロールするべきシーンを迎えたら、まず反応する前に頭のなかで1~10までゆっくりカウントしましょう。

脳のなかでは思考と感情が戦っています。感情を優先すると怒りをそのまま相手に伝えてしまうため、まずは思考を優先して自分を落ち着かせることがコツです。

 

ケンカ口調で話をするのはやめましょう

怒りをコントロールできずに失敗すると、取り返しのつかない場面もあります。なぜイライラするのか怒りの原因を考えるほど余裕がないことがよくあるでしょう。そんな時は無理に感情を抑えずにどのように表現するか考え直してください。

そのままストレートに相手に怒りを伝えると、かなり辛辣な言葉や表現になることも。それならソフトな口調で相手とコミュニケーションをとれば、普通の会話で終わる可能性もあるのです。

たとえば「ちょっと!」と大きな声で呼び止めるよりも、「すみません」と優しく近づいて声をかけたほうが相手の受け止め方が変わります。

 

イラっとした時はその場から離れよう

怒りをコントロールしたいけど、感情が抑えられないほどの瞬間が一度はあるでしょう。そんな時に思いのまま言葉を発すると後で必ず後悔することになります。そんな場面で冷静に対応できない場合はとりあえずその場所から離れて一呼吸入れてください。

怒りがマックスになっているときは、順序よく物事が考えられない状態です。その場を離れてゆっくり深呼吸すると、副交感神経が優位になりイライラが落ち着いてきます。外を散歩したり音楽を聴くなど、違う環境に自分を置いてみましょう。

 

相手を変えようと努力するよりも自分から変わろう

怒りをコントロールする必要がなく、いつも平穏なタイプの人が周囲に必ず存在します。怒ったところを見たことがないという人に共通するのは、相手を変えるのでなく自分を変える努力をする点です。

自分の思う通りにいかない場面はどうしてもイラっとすることがあるでしょう。それは自分勝手な思考パターンで、相手を無理に変えるよりも自分の考え方を変えたほうが悪い状況を回避できるのです。

失敗した人をみて怒鳴りつける前に、なぜ失敗したか考えてあげる心の余裕を持つことが怒らない人になる第一歩。最初は大変かもしれませんが、怒りをコントロールするたびに自分自身が成長していきます。

 

さて人間なら一度は感情のままに行動したり、発言したいと思うことはあります。思っていることをストレートに相手に言えたらどれほど気分がすっきりするだろう、そんな理想を抱く瞬間は珍しくないですよね。

しかし人間関係を平和に維持するためには、お互いに我慢が大切。怒りをコントロールすることがとても困難に感じる人もいると思いますが、ネガティブな気持ちだけでなく喜びや感動をほかの人とシェアすることもはじめてみませんか。

いつもイライラして怒った表情をする人のそばよりも、ニコニコ楽しく平和な人のそばにいたほうが自分のエネルギーも高まります。

どうやって怒りをコントロールするべきか迷ったときは、相手の立場になりどのように受け入れてもらえるか考えてみましょう。

連記事

コメントをお書きください