インスピレーションを刺激して才能を引き出す5つの方法

インスピレーションを刺激して才能を引き出す5つの方法

「自分には何の才能もない…」と思っている人は、多いと思います。しかし、それは間違い。誰でも何かしらの才能は持っているけれど、ただそれに気づいていないだけなのです。

そんな才能を見つけ出すためには、インスピレーション(直感)を刺激することが効果的です。才能は、どんなところに隠れているかわかりません。

自分の思い描くような、または望んでいるような形のものとは別の才能が隠れている場合だってあります。隠れた才能を見つけ、その力を引き出すことができたら素晴らしいですよね。

そのためには、インスピレーションが重要な役割を担っています。自分自身について分析してみるときには、ついつい今までの経験に基づいて考えてしまうことが多いです。

たとえば自分自身について、「学校の美術の授業ではいつもひどい成績を取っていたから、わたしには美術の才能はないんだ」と考えているとしましょう。

これは、「学校の美術の授業でいつもひどい成績をとっていた」という「経験」に基づいて、「わたしには美術の才能がない」と判断していることになります。

もちろん、経験に基づいて考えることも大切ですが、もともと持って生まれた直感、インスピレーションを刺激することで、自分自身の意外な才能に気づくことができるんですよ。そこで今回は、インスピレーションを刺激して才能を引き出す5つの方法をお伝えします。



 

インスピレーションを刺激して
才能を引き出す5つの方法

 

「好きなこと」「得意なこと」を掘り下げてみよう


インスピレーションを刺激し、隠れた才能を見つけて引き出す時に大切なことがあります。それは、「好きなこと」「得意なこと」を掘り下げることです。

取り組み始めると熱中して、時間が経つのも忘れてしまう…という分野はありませんか?そういった「好きなこと」「得意なこと」の中に才能は隠れています。

理論や経験ではなく、自分のインスピレーションにしたがって、好きなことを一生懸命やってみましょう。また、なぜそれが好きなのかについて深く考えてみると、才能発見のヒントがありますよ。

 

あえて「他人と比較」してみよう


隠れた才能を見つけて引き出すためには、あえて「他人と比較」してみるのも一つの方法です。なぜなら、他人と比べて得意なところや優れたところに才能が眠っているからです。

それは、どんな細かいことでも構いません。たとえば、勉強の成績や頭のよさとはまったく関係なく「本を読むのが人より異様に速い」という人がたまにいますよね。それだって立派な才能で、「読む」という行為によって情報をインプットする能力に長けていると言えます。

「他人と比較する」というと自分らしさを失ってしまうような印象がありますが、人より得意な分野を見つけてその力に磨きをかけていくことは、自分自身の長所を伸ばして自分らしさを出していくことに他なりません。その中でインスピレーションが刺激され、才能を引き出すことができるんですよ。

 

ストレングスファインダーを使ってみよう


インスピレーションを刺激し自分の才能を引き出すのにもってこいのツールがあります。それが「ストレングスファインダー」です。「ストレングスファインダー」は、アメリカのギャラップ社が提供している強み発見テストです。

ウェブサイト上で質問に答えることによって、自分の強みを診断することができます。とてもよく当たっていて、参考になる!と非常に評判がいいんですよ。他のサイトの強み診断ツールと「ストレングスファインダー」の大きな違いは、強み・脂質の定義にあります。

「内省」「収集心」「学習欲」といった、他の強み診断ツールとは一風変わった定義で、自分の資質についての説明を読んでみるだけでもインスピレーションが刺激されるんですよ。

「ストレングスファインダー」を利用するためには、関連書籍(『さぁ、「才能」に目覚めよう』)についているアクセスIDが必要です。有料サービスではありますが、インスピレーションを刺激して才能を引き出すためにはかなりの効果を発揮するツールと言えます。

 

いつも読まないような本を読んでみよう


インスピレーションを刺激し、隠れた才能を引き出すためには、「いつもの自分」とは違った行動をとってみることも効果的です。

人間は誰しも知らず知らず「自分はこういう人間だ」という思い込みをして、その思い込みに基づいて行動しているもの。

思い切って、その枠から外れたことをしてみることで、インスピレーションが刺激され、今まで眠っていた才能が開花することがあるんですよ。

そこでオススメの方法は、いつも読まないような本を読んでみること。いつも小説を好んで読んでいるなら、たまには新書なども読んでみる。逆にふだんビジネス書ばかり読んでいるという人は、流行の小説を読んでみる、など、「いつもの自分」とは違ったチョイスをしてみるのです。

いつも読まないようなジャンルの本を読んでみるによって新しい世界が広がり、インスピレーションが刺激されますよ。

 

あまり付き合ったことのないタイプの人と友達になろう


「いつもの自分」の枠を外れ、インスピレーションを刺激するのであれば、ふだんあまり付き合ったことのないタイプの人と友達になってみるのもオススメです。

本や友人は、無意識のうちに自分に大きな影響を与える存在です。だからこそ、居心地のいい「いつものパターン」を繰り返してしまいがち。

いつも仲良くしているタイプの人であれば、どんな話題が喜ばれるか、逆にどんなことをすると怒るのかなどお互いによく分かっているため、人間関係でトラブルになることも少なく、一緒にいて消耗することもありませんが、一方で関係がマンネリ化しがちですよね。

いつも付き合わないタイプの人と付き合うことは、消耗も多いですが、お互い新しい刺激を得ることができます。勇気を出して、周りにいないタイプの人と友達になってみましょう。

 

いかがでしょうか。

インスピレーションを刺激して眠っている才能を引き出すための大原則には、2つあります。ひとつは、自分の好きなことや興味を感じること、得意なことにフォーカスすること。

もうひとつは、「いつものパターン」の枠から外れ、新しいことにチャレンジしてみること。この2つの原則を行動に移すための、5つの方法を紹介してきました。

お伝えした以外の方法としては、子供の頃の生活を思い出してみるのもオススメです。どんな性格の子供だったのか、何が好きだったのか、何に熱中していたのか‥など、自分では忘れている子供時代の話を、家族に聞いていてはどうでしょうか。

幼少期の性格や行動には、おのずと持って生まれた可能性や才能があらわれるもの。幼い頃の話を分析することで、インスピレーションが刺激され、意外な才能のありかに気づく…といったこともあるんですよ。

また、インスピレーションを刺激するためには、ふだんの自分がやらないようなさまざまな試みに挑戦してみるのも効果的ですね。

たとえばインドア派の人は、ぜひアウトドアの趣味に挑戦してみましょう。自分自身の意外な感性に気づくことができるかもしれません。

ぜひ皆さんも、自分の好きなことに熱中し、いろいろなことにチャレンジをすることで、インスピレーションを発揮し、新たな自分自身を見つけてみてください。

 

まとめ

インスピレーションを刺激して才能を引き出す5つの方法

・ 「好きなこと」「得意なこと」を掘り下げてみよう
・ あえて「他人と比較」してみよう
・ ストレングスファインダーを使ってみよう
・ いつも読まないような本を読んでみよう
・ あまり付き合ったことのないタイプの人と友達になろう

でも自信がない、ちょっと元気がなくなってしまった時にはこの音声を聞いて、やる気を取り戻しましょう。だまされた!と思って試してみてください、結構すっきりして自信を取り戻せるはずです。

自信満々になってやる気を取り戻す音声

この音声のダウンロード版を用意しているので、よかったら下記よりダウンロードして、スマホや音楽プレイヤーなどに入れてお使い下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント