朝活を30分するだけでつまらない毎日から脱出するコツ

朝活を30分するだけでつまらない毎日から脱出するコツ
近年「朝活」という言葉をよく聞きますよね。朝活ブームにのって早速朝活を試してみた人、未だに朝活って何をすることなんだろうと思っている人など様々のようです。

実は日本人は世界の他の国と比較しても平均的に就寝時間が遅く夜型が多いそう。よって朝早く起きるのが苦手な人も多いはず。

ですが朝活を実践している人の多くは朝の使い方を少し変えるだけで、1日の生活に良い影響が出るということを実感しています。

1日1日の積み重ねが将来の自分を作るという事を考えるとその日だけでなく大きく言えば人生に良い影響を及ぼすことでしょう。

本格的に朝活をしている人のように早朝4時、5時に起きるのは少し気が引けてしまうという方もたったの30分朝活するだけで毎日が楽しくなる!そんな経験ができたら嬉しいですよね。

そこで今回は朝活を30分するだけでつまらない毎日から脱出するコツを5つお伝えします。
[ →続きを読む… ]

睡眠の新しい知識を使い自分に最適な眠り方を知るコツ

睡眠の新しい知識を使い自分に最適な眠り方を知るコツ

睡眠ビジネスは3兆円もの潜在市場になっていて、毎年多くの快眠グッズが販売されています。しっかり眠ったつもりでも、朝スッキリ起きられなかったり、身体がダルく感じたりすることってありますよね。

また、仕事やご近所付き合いなど日々多くのストレスに悩まされて不眠になってしまうケースも少なくないでしょう。このように、質の良い眠りを得たいと考えている人は非常に多くいます。

近年、睡眠についての研究が盛んに行われていて、ヒトの睡眠に関する多くのことが分かってきました。今回は、これらの最新知見を応用して自分に最適な眠り方を知る5つのコツについてお伝えします。自分の睡眠をもっと良くしたいと考えているなら、このコラムを読んで参考にして下さい。
[ →続きを読む… ]

不眠と共存して成功する★自分らしい眠り方を実現する技

不眠と共存して成功する★自分らしい眠り方を実現する技

不眠という文字をよく目にしますが、単に睡眠時間が少ないというのが不眠と言うわけではありません。なかなか寝付けないとか、途中で何度も起きてしまったり、起きる時間でもないのに早く目覚めてしまったりというのも不眠状態です。

しかし、明日は遠足とか旅行などのワクワクしたり楽しいことが待ちきれなくて寝付けないのも不眠ですし、試験の前日や悩み事があって嫌なことが原因で眠れないのも不眠なのです。

今の日本は、国民の5人に1人は不眠で悩んでいて、通院している20人に1人は睡眠導入剤などを処方されているくらい、一般的なものです。そうは言っても、不眠は、倦怠感やうつなどの原因となる不眠症と診断される可能性もあります。

そうなると仕事や普段の生活にも支障が出てしまうため治療が必要です。だからこそ不眠と向き合って自分らしい眠り方を見つけてみませんか。そこで今日は、不眠と共存しながら自分らしい眠り方を実現する技をお伝えします。
[ →続きを読む… ]

短時間睡眠を活用してベストコンディションを維持する秘訣

短時間睡眠を活用してベストコンディションを維持する秘訣

睡眠時間は短くする事が出来ます。睡眠時間は7時間、8時間が良いといいますね。ですが、仕事の都合により7時間寝ることが難しい日もあるでしょう。短い睡眠では疲れが残りダルさを感じてしまう人が多いでしょう。

休みの日に寝溜めとして長時間寝て、休みの日を1日寝て過ごす人も少なくありません。もったいないですね。毎日快眠が出来ていれば休日に長時間寝ることもなく、趣味の時間に1日を使えます。

毎日快眠する為に必要な事は時間ではなく質です。短い睡眠時間で疲れがとれないのは、時間が足りないからではなく質が悪いからなのです。

短時間睡眠を行うコツを知り、正しい短時間睡眠の方法で、短時間で健康的に疲れをとり、スッキリした目覚めで一日を迎え、休日も充実させましょう。
[ →続きを読む… ]

「早起きは三文の徳」から学ぶ活力が蘇る7つの習慣

「早起きは三文の徳」から学ぶ活力が蘇る7つの習慣

毎日の疲れをしっかりと取るには早寝、早起きが大切。小学生のころ親から毎日のように言われた方も多いでしょうし、昔からことわざで「早起きは三文の徳」とも言われております。

これは早起きは体にも良く、僅かながらの徳があるという意味です。(三文は今の100円ほどの価値)昔は電気がなく、夜遅くまで起きているとろうそくも油の費用も掛かってしまうため、暗くなれば早々に床に就きました。

そして早く寝ることで日の出とともに目覚め、しっかりと疲れが取れた体で一日頑張って仕事をこなすことができました。では、現代の私達の生活はどうでしょうか。

深夜遅くまでコンビニや、お店も開店し、テレビも深夜放送を流し、明け方までネットサーフィンなんて人も多いのではないでしょうか。夜型の生活の割合が増えれば増えるほどストレスや、体調不良を訴える方も増えています。

こんな時代だからこそ、今一度古の人々の知恵「早起きは三文の徳」を考え実践してみましょう。では、早速早起きで生じる「徳」を7つをご覧いただきましょう。
[ →続きを読む… ]