スピーチが苦手な人に最適★聞き手の心をつかむネタ選び

スピーチが苦手な人に最適★聞き手の心をつかむネタ選び

人前で話すのが苦手…という人にとって、憂鬱の種となるのが「スピーチ」です。朝礼で定期的に3分スピーチが回ってくる会社も多いですよね。スピーチは、得意な人・苦手な人がはっきり分かれます。

得意な人にとっては、心を引き付けるネタを繰り出しながら、大勢の人の前で話すことも苦にならないものですが、苦手な人にとってはその3分間が地獄。

聞き手の反応がイマイチで、話しながら焦ってしまい、しどろもどろになって大失敗…という経験のある人も多いのではないでしょうか。

人前で話すことを苦手とする人がスピーチを成功させるためには、事前の入念な準備が必須です。スピーチの展開を事前に決めておくのはもちろんのことですが、やはり一番の鍵になるのはネタ選びでしょう。

多少話ベタでも、選んだネタに価値があれぱ、聞く人の心をつかむことができるんですよ。そこで今回は、スピーチが苦手な人こそ意識するべきネタ選びのコツを5つお伝えします。



 

スピーチが苦手な人に最適★
聞き手の心をつかむネタ選び

 

ニュースからネタを拾おう


スピーチのネタ選びのコツの1つめは、ニュースからネタを拾うことです。まず、スピーチのネタ探しの大原則を確認しましょう。

それは「聞き手が『聞いてよかった』と思うような知見・情報を盛り込むこと」です。そこで、ネタを拾うときにも、どんな知見や情報が、人に教える価値があるのかをよく考えてみましょう。

人が知りたいと思う情報のひとつに、最新のニュースやトピック、時事問題があります。今度のスピーチでは、新聞やニュース番組などから、業界に関連するトピックを紹介してみてはどうでしょうか。

また、異業種の一風変わった新しい取り組みなどのニュースも、聞き手のインスピレーションを刺激するいいネタになりますよ。

 

偉人の伝記・名言集などを読もう


スピーチのネタ選びのコツの2つめは、偉人の伝記や名言集を読むことです。偉業をなしとげた人の名言には、現代の私たちにとっても役立つ知恵が詰まっています。

名言として残るような言葉は、端的で説得力があり、リズム感もよいものが多いため、スピーチのネタとしてはうってつけなんですよ。

また、偉人の伝記を読んでみると、大成功を収めた人の若い頃の失敗や、意外なエピソードなども拾えます。「失敗は成功の母、という言葉がありますが、偉人の○○も若い頃には大失敗をしていたというエピソードがあります。

私たちも失敗を恐れず、逆に失敗から学んで日々成長していきたいですね」というようにスピーチに盛り込んで紹介するのもおすすめです。

 

仕事での気づきを共有しよう


スピーチのネタ選びのコツの3つめは、仕事での気づきを共有することです。ここで大切なことは、なるべくポジティブなネタを探すこと。

「いまのやり方は効率が悪いことに気づいた」などのネガティブな気づきは、話し方を慎重に選ばないと、会社や特定の誰かを批判しているように聞こえてしまいます。

スピーチ力に自信がない場合には避けた方が無難でしょう。おすすめは、人知れず頑張っている誰かの努力を紹介してみることです。特に下の席次の人・若手の人を褒めると感じが良いこと請け合いです。

「新人の○○さんは、毎日教わったことをノートにまとめ、復習をしています。彼の姿を見ていると『初心忘れるべからず』と自分の身も引き締まるようです」というように、期待やよい影響を伝え、メンバーで共有できるようなスピーチをすれぱ、話ベタでも一目おかれることができますよ。

 

最近読んだ本について紹介しよう


スピーチのネタ選びのコツの4つめは、最近読んだ本について紹介することです。本を読んでいて勉強になったことや、新しく知った知識をスピーチのネタにするのです。

自分が勉強になったと感じることであれば、他の人にとっても価値のある情報である可能性が高いです。本を紹介する場合には、現物を持参し、見せながら話したり、特に印象的なフレーズに付箋をつけておいて、その場で本を開いて引用しながらスピーチをしたりといったテクニックが有効ですよ。

 

最近体験した素敵なサービスを紹介しよう


スピーチのネタ選びのコツの5つめは、最近体験した素敵なサービスを紹介することです。会社の朝礼でのスピーチで、他の人の仕事上のインスピレーションを刺激するような気づきを盛り込めば、聞き手の心をつかむことができますよね。

アイデアのヒントはどこに眠っているか分かりません。もしかすると、まったくの異業種のサービスがインスピレーションを刺激する可能性もあります。

そこで、最近自分が顧客として体験した素敵なサービスについて紹介してみてはどうでしょうか。自分の仕事にも生かしていける共通項を見つけて話すと、目のつけどころがいいな、と思ってもらえるはずです。

 

いかがでしょうか。

聞く人に価値のある情報を与えるという軸でネタを選んでいけば、人前で話すことが苦手な人でも素晴らしいスピーチをすることができます。

また、価値ある情報をネタに選んでスピーチをする際のまとめ方にもコツがあります。それは、必ず「自分」を主語にすることです。

たとえば、ビジネス書から新しい仕事術を紹介するスピーチをする場合に、「○○という仕事術がありますので、皆さんも参考にしてみてはどうでしょうか。」というスピーチをすると、何となく上から目線の印象を与えてしまいますよね。

そうではなく、あえて「自分」を主語にして、「自分もこの○○という仕事術を取り入れていきたいと思います。」という宣言の形にまとめるのです。

そうすれば、興味のある人は「私もやってみようかな…」と引き付けられますし、周囲に意識の高さを感じさせることもできるので、おすすめですよ。

今回お伝えした5つのコツ以外にも、日常生活の中にネタ選びのヒントが転がっています。新しい情報や独創的な見方・考え方などに普段からアンテナを張って、他人に話す価値のある情報を集めていきましょう。

 

まとめ

スピーチが苦手な人に最適★聞き手の心をつかむネタ選びの方法

・ ニュースからネタを拾おう
・ 偉人の伝記・名言集などを読もう
・ 仕事での気づきを共有しよう
・ 最近読んだ本について紹介しよう
・ 最近体験した素敵なサービスを紹介しよう

プレゼンを成功させる為に!

面接やプレゼンを行う目的意識や目標を明確にして、プレゼンテーションを確実に成功させる為のワークシート「プレゼンテーションワークシート」を作りましたぜひ活用してください。

プレゼンテーションワークシート 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント