プレゼンテーションを大成功させる話し方5つの練習法

プレゼンテーションを大成功させる話し方5つの練習法
現在、プレゼンテーションスキルはビジネスシーンにおいて必須と言えます。あなたの職場でも会議や商談などの場でプレゼンテーションが日常的に行われていることでしょう。

多くの人は聴衆の前で話すのに慣れていないため、プレゼンテーションを無事に終えることが目的になっています。プレゼンテーションの目的は、情報を正確に伝えて聴衆の心を動かすこと。

つまり、情報を伝えるだけでは不充分なのです。しかし、情報を伝えることは出来ても聴衆の心を動かすのは難しいですよね。

そこで今回は、プレゼンテーションを大成功させる話し方の練習法をお伝えします。感動的なプレゼンテーションには練習が重要。今回のコラムを読んで、聴衆の心を動かすプレゼンテーションをしましょう。



 

プレゼンテーションを
大成功させる話し方5つの練習法

 

話すテーマを1つに絞ろう


プレゼンテーションをする際には「何を伝えたいのか」を明確にしましょう。プレゼンテーションの天才と言われたスティーブ・ジョブズさんは、聴衆に伝える内容をシンプルにすることを心がけていました。

テーマが明確であればあるほど、プレゼンテーションの内容を理解しやすくなりますよ。資料を作成する前に、プレゼンテーションであなたが伝えたい内容を1つに絞って下さい。

情報がありすぎて、どれを伝えたら良いか分からないという人もいますよね。そういう時には、聴衆が何を求めているのかを考えることが大切。

聴衆が知りたい内容が何かを徹底的に考えて、それに合わない内容は切り落としましょう。これは、普段の会話から練習出来ます。とにかくシンプルに相手に伝える練習をしてみましょう。

 

結論とアウトラインを先に伝えよう


ビジネスの現場では、結論を先に言うのが鉄則ですよね。これは、プレゼンテーションにおいても同じ。話の序盤で結論とアウトラインを先に言いましょう。

アウトラインとは、話の地図のようなものです。結論を説明するために、何をどのように言うのかをあらかじめ示しておけば、話の途中で、聴衆は今何を話しているのかが容易に理解出来るようになります。

結論とアウトラインを先に伝えておくのは、聴衆に理解してもらうための必須のプレゼンテーションテニクックです。上司に報告する際に、このテクニックを意識して使ってみましょう。

 

要点は3つにまとめよう


結論を1つ述べたなら、それを補足するための説明をして相手を説得させましょう。これがプレゼンテーションの要点となります。

しかし、ここで注意したいことが1つ。それは、要点を3つにまとめることです。ヒトが短期記憶で覚えられるのは、せいぜい3つか4つ。それ以上になると何が要点だったか覚えていないということもあるでしょう。

プレゼンテーションが終わった後に聴衆が覚えていられる内容にするのもプレゼンテーションを成功させる上で必要なスキルです。そのため、要点は3つに絞って話を展開して下さいね。

 

プレゼンの黄金理論を駆使して資料を作ろう


皆さんはプレゼンテーションの黄金理論というものをご存知でしょうか。これは「Me We Now理論」と呼ばれて、多くの著名人のプレゼンテーションや、大統領のスピーチでも使われる聴衆の心を動かすテクニックです。

このテクニックは、まず、自分の話をして相手との距離を縮め、相手との共通点を引き出して聴衆の心を動かし、今やるべき事を述べて行動させる意欲を引き出すという方法です。

最後の締めの言葉この理論を使って述べると効果的。聴衆の心に残るプレゼンテーションが出来ますよ。

 

台本は簡潔に書こう


プレゼンテーションを行う上で台本は重要です。なかには一字一句全て書き出して、台本を朗読するスタイルでプレゼンテーションを行っている人もいますが、それはNG。

ヒトの心を動かすにはプレゼンテーションで「何を話すか」も重要ですが、「どうやって話すか」も重要ですよ。プレゼンテーション中は、とにかく聴衆の目を見て話しましょう。

感動的なスピーチの多くは聴衆の目を見て話をしていますよね。同じように、あなたも台本ではなく、聴衆の目を見て話せるように練習を重ねましょう。聴衆の目を見て話すには台本の作り方にも工夫が必要です。

筋書き文のように一文に書く文字数を少なくしたり、要点が変わる部分にマーカーなどで印を付けておくなどの工夫をすると聴衆の目を見て話せるようになります。

 

いかがでしたか。

プレゼンテーションで相手の心を動かすには「何をどのように述べるか」が大切でしたね。最も伝えたい結論を1つに絞り話の冒頭に伝えることや、要点を3つに絞ることなどは普段の会議などでも応用出来るテクニックかもしれません。

普段から意識して使ってみましょう。また、台本を簡潔にして聴衆の目を見て話すなど、どのように話すかといったテクニックも普段の練習が物を言います。

普段、人の目を見て話すのが恥ずかしいという人は、普段の会話から練習するようにしましょう。先ほど紹介したスティーブ・ジョブズさんもプレゼンテーションの前は何度も練習したと言います。それほど人を動かすには事前の準備が必要なのでしょう。

このように良いプレゼンテーションには練習や準備がとても重要。普段から意識してテクニックを磨くと共に、何度も練習してから本番に備えるようにすれば、あなたもプレゼンテーションを大成功させることが出来ますよ。

 

まとめ

プレゼンテーションを大成功させる話し方5つの練習法

・ 話すテーマを1つに絞ろう
・ 結論とアウトラインを先に伝えよう
・ 要点は3つにまとめよう
・ プレゼンの黄金理論を駆使して資料を作ろう
・ 台本は簡潔に書こう

プレゼンを成功させる為に!

面接やプレゼンを行う目的意識や目標を明確にして、プレゼンテーションを確実に成功させる為のワークシート「プレゼンテーションワークシート」を作りましたぜひ活用してください。

プレゼンテーションワークシート 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント