感情移入と共感の5つの違いとは?

感情移入と共感の5つの違いとは?
本や映画などでよく物語に感情移入するという言葉が使われますよね。同じように、共感するという言葉も登場人物の気持を同じようなときに使ったりします。なんとなくだけれど知っている言葉の意味。文脈から読み取れる言葉の意味。

はっきりは分からないけど、ぼんやりと意味を知っている言葉がけっこう多い場合があります。国語辞典でしらべないといけないほど意味がわからないわけでもないから、なんとなくの意味で理解してしまっているのでは。

では「感情移入」と「共感」、この言葉の意味の違いは知っていますか。同じようシチュエーションで使う機会があるこの2つの言葉。実はちょっとした違いがあるのです。そこで今回は、「感情移入」と「共感」の違いを5つお伝えします。



 

感情移入と共感の
5つの違いとは?

 

人だけでなく「もの」も対象となるのが感情移入


自分の感情を相手が「こう思っているんだろうな」と自分と重ね合わせて、勝手に相手に移し入れることを感情移入といい、辞典には「自分の感情などを他の人や自然、芸術作品になどに投射し、それらと自分の融合を感じる意識作用」となっている。

つまり、感情移入は人の感情だけでなく音楽や芸術作品、自然などに対してもできるということなのです。例えば、音楽を聴いて「自分の恋の応援をしてくれている歌だ!」「失恋した気持ちを歌っている」と心酔して聞き入ったり、悲しくなったりすることがあるでしょう。

他にも小鳥のさえずりが楽しくお話をしているように聞こえたり、冬空の星がキラキラと切なく感じたりすることがありますが、それは自分の一方的な決めつけに過ぎず、自分が勝手に悲しくなったり、切なくなっているだけなのです。ポイントは自分が勝手に投射すること。これが感情移入なのです。

 

共感は「人」以外は対象にならない


「同感」と同じような意味になり、他人と同じ感情を持つことを共感といいます。つまり「人が楽しんでるのを見ると相手が楽しそうなことがわかり、自分も楽しくなる」ということです。

ポイントは「人が」というところで、人と人との関わりの中で発生する感情のため、人間関係を築く鍵ともいえます。そのため相手がなんの感情を持っていないのに「悲しそうだ」と推測して勝手に自分も悲しむのは共感とは言えません。

また、相手が悲しんでいても、自分が悲しんでいなければ共感とは言えません。他人の考えや行動、感情を自分のもののように感じ取ることが共感なのです。相手を理解し同じ感情になれたら、それは共感と呼べるでしょう。

 

感情移入は能動的


「こういう気持ちなんだろうな」と想像して勝手に自分に投射することなので、意識的に感情移入しようとしないとできないものなのです。

これは1人1人考え方や感じ方が違うために能動的になってしまうということ。つまり、自分が体験したことではないけれども、自分に起きたように想像して感情が生まれているのです。

人は、「自分」は「自分」、「人」は「人」という考えを持っています。ですが、それでは人間関係もうまくいかない、ものに対しても感情がわかなくなってしまうので感情移入という能力が備わっているのかもしれません。

 

共感は本能的


思い出してみてください。あなたが悲しんでいる友人から相談を受けていて、友人が悲しそうにしているのがわかると、自然と自分も悲しくなってきたということはありませんか。

悲しんでいる友人を前に、大笑いするなんてこと滅多にありません。そう、その経験こそが「共感」です。自然と悲しくなってくる・・というのは、もう生まれ持った本能なのです。

人との関係を良好にするために、人を理解して、人を思い、人と同じ気持ちになる。これは喜怒哀楽どんな時も同じ。相手から自分を認めてもらうために脳に作られた仕組みが共感なのです。

同じように、自分がしたことで相手が喜んでいる姿を見たら、自分も嬉しくなってもっともっと喜ばせてあげたいと思う気持ちが出てきますよね。共感というのは本能であり、人を思いやる優しい気持ちなのです。

 

感情移入すると疲れやすくストレスがたまりやすい


感情移入は、体験していないけれども、体験したかのように想像して感情を生み出すことなので、度が過ぎると感情に巻き込まれる可能性があります。

例えば、友人から恋の相談を受けて、友人の様々な感情に感情移入し、相談が終わった頃には友人はスッキリしているのに、自分だけ悶々として気分が晴れないとき、それは感情に巻き込まれているのです。

ドラマや映画を見て、疑似体験した気持ちになり、ネガティブな場合だとそのまま引きずってしまう場合にも、気分が晴れないでいると、体が疲れやすく、度が過ぎるとストレスさえ感じるようになってしまいます。

もし、疲れやすくストレスを感じるのであれば、ネガティブなものは切り離し、心がリラックスできる状態を作って、ホッと一息ついて、頭を空っぽにすることをオススメします。

 

感情移入と共感の5つの違いをお伝えしてきましたが、いかがでしたか。

同じように使っていたけど実は全然違った意味でしたよね。共感は「共感力」とも呼ばれ、人とのコミュニケーションをとる上で、相手を理解して大きな視点で物事を見ることができ、人に優しく接することができるとされる能力と言われています。

本能的にある共感する力ですが、それをより高めることで学校や仕事の人間関係がより良好になるとされています。また感情移入は自分が体験したわけでもないのに、勝手に想像して同じような感情になってしまうこと。

そのため、ポジティブなことはいいですが、ネガティブなことでその感情に巻き込まれてしまいストレスや疲れを感じやすくなってしまいます。

人との関係でもそうですが、感情移入は芸術作品や自然などのものも対象になるので、すぐに心の切り替えができない人は悲しく寂しい作品などは見たり聞いたりするのを避けるようにするのがオススメです。

ですが、感情移入もいいように考えれば、相手の立場になってどっぷり考えることができるので、人との関係を良好にするきっかけになるかもしれません。

 

まとめ

感情移入と共感の違いは

・感情移入は人だけでなく「もの」も対象になる
・共感は人と人との間での感情
・感情移入は能動的
・共感は本能的
・感情移入すると疲れやすくストレスがたまりやすい

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

コメント