女の嫉妬に注意して友人関係を良好に保つ秘訣

女の嫉妬に注意して友人関係を良好に保つ秘訣
女の嫉妬はエスカレートするととてもストレスになり人間関係をダメにしますよね。誰にでも嫉妬心は多少はありますが、恋愛関係や友達関係などあらゆる場面でこじれるきっかけになっています。

女の嫉妬を完全になくすのはとても難しく、そういう生き物だと理解して付き合わないといけない場面もあるでしょう。とくに友人関係では自分に全く非がないのに、突然女の嫉妬を悪化させるようなこともあります。

嫉妬は最初は「羨ましい」という憧れから始まり、徐々に偏った価値観へと変わっていきます。女の嫉妬心は本人が気が付いていない場合も多く、このタイプの人と付き合うのは簡単ではありません。

そこで本日は女の嫉妬をスムーズに回避して、友人関係をうまく維持するためのポイントをお伝えします。

女性は嫉妬する傾向が強いことを覚えておきましょう

女の嫉妬は仕事や恋愛、友達、家族など色々な場面で生まれてしまいますよね。自分ではそんなつもりがなくても、ある瞬間にきつい視線で見られたり、ネガティブなコメントを言われるなど嫉妬による行動は大変不快に感じます。

女性は自分と周囲を比較したがる生き物で、自分に劣っているところがあるとそれが羨ましいと感じる以上に「妬み」に変わる傾向があります。

友達の成功を笑顔を祝ってくれていても、心のなかでは怒りや嫉妬で一杯なんて場合も。友人関係はうまくいっていると油断しやすいシチュエーションこそ、女の嫉妬には注意が必要です。

 

自慢はできるだけ控えましょう

女の嫉妬は些細な言葉や態度でもすぐに生まれてしまうものですよね。とくに嫉妬しやすいシチュエーションとしては誰かが自慢する時。

新しいブランドのバックを買った、デートで人気のレストランに行った、給料がアップしたなど、女の嫉妬心は「自慢」されていると解釈するのです。そもそも羨ましいと感じる気持ちがわくのは、自分にはないもの、持っていないものだから。

女の嫉妬はネガティブ思考が土台になっていますので、友人関係をうまく維持するためには相手が羨ましがるような自慢は避けましょう。たとえば失恋した直後の友達にデートの話をするのは嫉妬を買うきっかけになります。

 

刺激を与えないように意識しましょう

嫉妬はどこで生まれるかわからないため、友人関係を良好に維持するためには自分の言動に注意しないといけませんよね。嫉妬しやすい人は自分に自信が持てない傾向が強く、なんでもマイナス的な判断をしやすくなっています。

とくに対面でのコミュニケーション以上に注意したいのがSNSなどのネットの世界。写真の公開や日記的な内容をネット上でアップするのに、なぜか私には直接話してくれないという関係は、嫉妬しやすい女性にとって悪い刺激になってしまいます。

友達なんだからもっと大切に扱ってほしい、2人だけの秘密にしたいなど特別感が薄れた時は女の嫉妬心が生まれる可能性があります。

 

付き合い方を変えましょう

女の嫉妬は我慢してバレないように努力する人もいますが、わざと嫉妬心を露骨にアピールしてくるタイプもいますよね。なにが気にいらないのかわからない、いつも嫉妬されてしまうという関係は相手に気を使いすぎて疲れる原因です。

このような友人関係は今後付き合い方を考え直してみませんか。たとえば二人で行動している時はとてもうまくいくのに、複数の友達と一緒にいると嫉妬してくるタイプなど。

女の嫉妬はシチュエーションによって変わりますので、付き合い方を変えてグループとして行動するか単独行動を増やすか相手の性格に合わせて見直してみましょう。

 

距離を置いて様子をみましょう

女の嫉妬はエスカレートすると、自分まで妬みやすい性格になりそうで不安ですよね。いつも人に嫉妬心を抱くタイプとうまく付き合うのは決して簡単ではありません。思考パターンを変えるのは自分の意思がないとできないことです。

女の嫉妬により人間関係がうまくいかないと感じる場合は、距離を置いて様子をみるのもよいでしょう。

そんな付き合い方になれば、きっと自分の悪い面に気が付くチャンスになるかもしれません。嫉妬ばかりの人は友達と呼べる存在にはほど遠く、思い切って関りを持たない姿勢をアピールすることも大切です。

 

さて、女の嫉妬は多少は仕方ないと納得できるレベルがありますが、一線を越えると苦痛以外のなにものでもありませんよね。嫉妬する人に対しては無意識に逆に嫉妬したくなるものです。

このような悪いサイクルが続くのは信頼関係が築けない大きな原因になるでしょう。女の嫉妬を回避して良好な関係を築くためには適度な距離を保ちながら、相手の思考パターンを考えて行動することが大切です。

妬みが生まれる仕組みはとても複雑で過去の経験や現在の心境なども影響して、無意識に嫉妬する人もいるでしょう。

良い関係を築きたい人とは相手の立場になり理解してあげる心の余裕も必要です。双方が嫌な思いをしないで付き合うためには、見当違いな妬みを生まない環境作りが大切なのです。

あなたが不幸なのは、運気のせいかもしれません。

運気を良い方向に戻す運命の日があるって知ってましたか? 運命の日を知っているといないとでは人生に大きな変化が生じてしまうのです。

『神言鑑定』では、神の言霊であなたの運命日を鑑定し、最も幸せになる方法を分かりやすくアドバイスしてくれます。しかも、今なら、初回無料鑑定してもらえるんです。

より良い幸せに導かれたい方はコチラ

連記事

コメントをお書きください