継続は力なり!上手な気持ちの切り替えで、毎日を元気にする7つの方法

継続は力なり!上手な気持ちの切り替えで、毎日を元気にする7つの方法
「継続は力なり」とは良く言ったもので。1日の積み重ねは僅かでありながら、日を追うごとに積み重ねが大きくなっていき、やがては大きな成果になりますよね

しかし継続は、口で言うほど容易なことではありません。継続の天敵である「三日坊主」に負けてしまうひとも多いですよね。

そこで今日は、継続を実現させるための気持ちの切り替えとモチベーションを高く維持するための方法をお伝えします



 

継続は力なり!
上手な気持ちの切り替えで、
毎日を元気にする7つの方法

 

継続は力なり! その1:とにかく始めてみる

何かの資格取得を目指して勉強を始めるとします。しかし、いつまで経っても勉強を始める気配がありません。

皆さんも経験があると思いますが、中学生や高校生の頃、「ベッドでゴロゴロして、なかなか勉強を始めない」はよくあることですね。私自身もそうでした。おかげで、学生時代の成績は「…」の連続でした。

そんな時には場合は、「とにかく始める」をキーワードにしておきましょう。嫌々でも構いません。乗り気でなくても構いません。とにかく始めるのです。

すると、テキストの1ページ目を開けるのは嫌だったのに、いざ始めてみると時間を忘れて勉強していることに気付きます。

つまり、「とにかく始める」という気持ちの切り替え1つだけで、継続的に勉強をすることが可能なのです。では、なぜ始めるのが嫌なのに、始めたら続けられるのでしょうか?

その最大の要因は、「勉強=嫌なこと」という認識があるためです。たとえば、読書が大好きな人がいるとします。つまりその人にとって、「読書=楽しいこと」なのです。したがって始めることも嫌ではなく、始めてからも時間を忘れて読書をすることになります。

もう一度言いますが、「始めてしまえば続けられる」は大切なキーワードとして覚えておきましょう。こうすることで、三日坊主のリスクを大きく軽減することが出来るのです。

 

継続は力なり! その2:声に出す

テキストの内容を覚える場合、黙読と音読のどちらの方が有利でしょうか?当然、音読の方が脳に知識を定着させやすいのは知ってますよね。なぜなら、黙読では知識を「視覚情報だけ」で覚えることになります。一方、音読の場合は「視覚+聴覚」の両方で知識を脳にインプットすることが出来るから。

つまり、何かの勉強をする場合でも、出来れば音読で参考書を読むようにして下さい。多少、周りの目が気になるかもしれませんが、そんなの気にしてはいけません。知識を脳に定着させるためには、周りの目を気にしてはいけないのです。

さて、勉強で得た知識を深く脳に定着させるためにも、声に出すことは重要です。そして、目標達成にも声に出すことは有効なのです。

たとえばダイエットをしている場合、「目標体重は○○キロ!」と、実際に声に出しておきましょう。さすがに外出先では恥ずかしいかもしれませんが、自宅で夕食を食べる場合、夕食前に声に出すと効果的ですよ。自然と食べ過ぎを防いでくれるため、「ついつい食べてしまう」という悪循環を防ぐことが出来るのです。

筋トレをしている方も同じです。「今日は腹筋を100回!」と、実際に腹筋運動を始める前に声に出すのです。何も言わずに始めてしまうと、「疲れたので止める」という事が多々あります。しかし、声に出すと目標回数が頭の中にインプットされた状態でトレーニングできますので、「その目標回数に行くまで止めない」という精神的効果を得ることが可能です。

「元気が出ない…」という場合でも、声に出すことは重要です。特に、オフィスに着いたら積極的に挨拶しておきましょう。元気が出ないのは、精神的or肉体的のどちらかに原因があります。肉体的な部分が原因であれば体調を整えることで解決できますが、精神的な原因がある場合は、声に出して「気持ちの切り替え」を行う方法が良いのです。

朝、「おはようございます」と声に出しておくと、自然と「一日が始まった」と意識するため、そこで気持ちの切り替えを行う事が出来るようになっていきます。

 

継続は力なり! その3:脳が疲れたら血流を良くする

継続を実現させようにも、脳が疲れていたら意味がありません。勉強の効率性も落ちますし、脳に定着する知識も低下してしまいます。

したがって、「頭がボーッとする」と感じたら、積極的に休むべきです。皆さんも経験があると思いますが、仕事で疲れて帰ってきても、お風呂に入ってご飯を食べ、しばらくノンビリしていると「あれっ?さっきまでも疲れはどこに…?」となることがあります。

これは、「入浴と休息で体を休めた」と「食事で脳に栄養を補給した」の2つが関係しています。つまり、休息や入浴、それに食事は、継続を実現させるために非常に必要なことなのです。

「疲れたけど…、ここまでは頑張る!」と思われる方も多いですが、そのような人に限って、三日坊主に陥りやすい傾向があります。物事を継続するには自分の限度を超えて作業をしてはいけません。ぜひ、積極的に休んでおきましょう。

なお、「疲れているけど、どうしても終わらせる必要がある」というケースもあると思います。その場合は、軽い食事とストレッチを行って下さい。

食事で脳と体に栄養補給するだけでなく、ストレッチで体内の血流を良くするのです。特に、脳の血流は集中力を維持するに重要なことです。どうしても終わらせなければいけない仕事などがある場合は、ぜひ「軽い食事+ストレッチ」でカバーしておきましょう。

ただし、この方法はあくまでも「脳を一時的に元気にする方法」であるため、作業が終わったらタップリと休むようにしましょう。

すごく疲れてしまった時には、これを聞いてたっぷりと癒されてください
1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音です

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、
とても、リラックスできますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

よかったらダウンロードして、使ってくださいね。

 

継続は力なり! その4:三日坊主に陥りやすい人は?

皆さんは、「自分はズボラな人」だと思いますか?「YES」と答えられた方の多くは、「三日坊主に陥りやすい」傾向のひと。

そのような人に見られる共通点としては、「始めるまでが長い」。三日坊主に陥りやすい人の多くが辿る道として、以下のような道筋があります。

「始めるまでが長い」

「嫌々始める」

「次の日も始めるまでが長い」

「その日は結局やらない」

「徐々にやらない日が多くなる」

「自然消滅的に三日坊主」

このような流れです。ここでポイントになるのが、「始めるまでが長い」という点です。始めるまでの時間を短くしてやれば、「やらない日」というのは生まれにくくなるものです。

そこで、「その壱」で紹介した「とにかく始める」をもう一度読んで下さい。とにかく始める事の大切さを紹介していますが、これによって最終的な三日坊主を防ぐ心構えを持っておきましょう。

 

継続は力なり! その5:真面目すぎる人は復習を忘れずに

「真面目な人は努力もちゃんと継続するんだろうなぁ」と思いますよね?しかし、真面目も度が過ぎると「継続できない」になってしまうのです。

先ほど、「三日坊主に陥りやすい人の共通点」を紹介しました。一方、真面目すぎる人に見られる共通点としては、「やる!という使命感が強く、疲れやすい」という点があります。また、「やらなければ」という気持ちがストレスとなり、普通の人では疲れないレベルでも息切れしてしまうのです。

そこで、そんな不安感やストレスから解放されるために、1つの気持ちの切り替え方法を紹介します。それが、「反復練習」なんですね。

「1つのテーマを2回勉強する」は、皆さんが想像される以上に大切なことです。同じテーマの勉強に関しては、回数を重ねるほどに知識が深く脳に定着するため、「忘れない知識」を積み重ねるに非常に有効です。

一方、真面目すぎる人の場合、「先に進まなければ…」という使命感があるため、なかなか反復練習をしない傾向があるのです。

しかし、反復練習は「知識の定着」に非常に重要なのです。したがって、「先に進まなければ…」という使命感ではなく、「忘れない知識を作るためにも反復練習は有効だ!」と気持ちの切り替えを行っておきましょう。

そうすることで、強すぎる使命感からくるストレスを感じることなく、毎日元気な体と心で継続を実現させやすくなるのです。

 

継続は力なり! その6:きっかけを作りましょう

仕事が終わり、自宅に帰ってきました。勉強やトレーニングはそこから始めるのですが、なかなか一歩を踏み出せないですよね?特に仕事が忙しかった日などは、「ゴロン…」としたら最後、なかなか起き上がれません。

ここでも気持ちの切り替え術によって元気とやる気を出すことが大切なのですが、果たしてどうすれば良いのでしょうか?

「その1」で紹介した「とにかく始める」に徹することも1つのアイデアですが、その踏ん切りがつかない人も多いはずですよね。

そこで、「始めるきっかけを作る」という方法を実践してみましょう。色んなきっかけがあると思いますが、例えば「テレビ番組が終わった時」など。

ゴールデンタイムの番組などは、番組が終わると約10分間のブランクがありますよね?いわゆる「フラッシュニュース」などが流れる時間帯ですが、この時間帯、どのチャンネルを回してもCMやフラッシュニュースしかやっていません。このタイミングを「チャンス」だと考えて行動してみる。

たいていの方は、その時間帯にチャンネルをザッピングしたり、あるいはCMのないNHKを見たりします。しかし、それをやってしまうとさらに1時間ほど始めるのが遅くなるため、踏ん切りをつけるにはそこが最大のチャンスなのです。

そして、テレビの電源を切り、テキストを開いたり、あるいはパソコンで仕事をしたりします。

他にきっかけはありますよ。たとえば、「この時間に開始しよう」と思うなら、思うだけではなく目覚まし時計をセットしておくのです。しかも、その目覚まし時計をテキストの上に置いたり、あるいはパソコンの前に置くなどの工夫を凝らすと効果的です。結局、テレビの前から離れなければいけない事になり、嫌でも勉強やトレーニングを開始するのです。

そして、「その壱」でも紹介した通り、「始めてしまえば時間を忘れる」になるのです。こうしておけば、「いつまでもテレビに張り付いている」ということを防げますし、安定して継続をすることが可能になるでしょう。

 

継続は力なり! その7:ヒマな時間を利用する

「勉強しなきゃ…、でも、始めるのが面倒だ…」という方は多いでしょう。きっと私もそんな人間の一人です。しかし、継続によって努力を成果に結び付けることは重要です。

そこで私が実践している方法が、「ヒマな時間を利用する」ということです。なぜ、テキストを開くのが苦痛なのでしょうか?色んな理由があると思いますが、「他に面白い事がある」も大きな理由の1つです。

「観たいテレビ番組がある」や「パソコンで友人とチャットしたい…」など、想像するだけでも「勉強よりも楽しい事」と感じてしまいますよね?結果、テキストを開けたくない気持ちがテレビやパソコンに向かわせ、結局、「今日はやらなかった…」という結果に終わってしまうのです。

ならば、「他に面白い事がない」という時間を利用すれば良いと思いませんか?具体的には通勤時間などは良い例でしょう。他にやることはありませんし、中吊り広告を見るにもあまり楽しいとは言えません。

しかも、今はスマホの時代です。昔のようにノートとペンが必要な時代は終わったのです。したがってスマホを見るだけなので、満員電車でも周りの人に迷惑をかけることはありません(さすがにノートを広げるのは迷惑行為ですからね)。

例えば何か資格の勉強されているのであれば、そのジャンルに合った無料アプリなどをダウンロードして、使ってみるという方法があります。すると、通勤や通学の隙間時間が案外有効に使える事に気がつくはずです。

また、他には、その資格に関するサイトなどをブックマークしておき、毎日の通勤時に繰り返し読む方法もあります。繰り返し読むことで知識を深く定着させることが可能ですし、毎日行うため、これも立派な「継続」の一つですよね。

 

いかがでしたか?

「継続は力なり」ということわざは本物です。1日の積み重ねは小さくても、いずれは大きな成果として生まれ変わるのです。

しかし、継続を実現させるための気持ちの切り替え術や、「元気で努力を続ける方法」に難しさを感じている人が多いのも事実です。

ここで紹介した方法が全てではありませんが、まず、上記の7つの方法の中から皆さんに合ったものを見つけ、そこから「自分オリジナル」の方法を見つけてみてください。

 

まとめ

継続は力なり!上手な気持ちの切り替えで、毎日を元気にする7つの方法

継続は力なり! その1:とにかく始めてみる
継続は力なり! その2:声に出す
継続は力なり! その3:脳が疲れたら血流を良くする
継続は力なり! その4:三日坊主に陥りやすい人は?
継続は力なり! その5:真面目すぎる人は復習を忘れずに
継続は力なり! その6:きっかけを作りましょう
継続は力なり! その7:ヒマな時間を利用する

目標を達成する為に!

そして、今日は、目標の明確化と、その達成のために役立つ「ナビゲーションシート」を用意しました。ぜひあなたの問題解決と目標達成のために活用してください!

あなたが本当に達成したい目標を知ることができれば、今までのように頑張らなくても、もっと楽に目標達成することが出来るようになりますよ。

 

目標達成を明確するナビゲーションシートのダウンロードはこちらから

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント