やる気がでない時に、気分を変える3つの方法

やる気がでない時に、気分を変える3つの方法
どんなことをするにも、やる気がでないことには始まりませんよね。ところが、どうしてもやる気がでないときというのがあります。やらなければいけないことはわかっているのにやる気がでない。やる気があれば一時間ほどですむことでも、やる気がでないときは2時間も3時間もだらだら時間だけが過ぎてしまいます。

仕事や勉強といった、どうしてもやらなければならないことがあるときにやる気がでないと困ってしまいますよね。

逆に言うと、やる気がでてきさえすれば、物事は半分以上出来上がったようなもの。何事も、最初の一歩が重要で、かつ難しいのです。こんなときは、やろうやろうと思っていても、実のところ効率があがりません。大切なのは、気分を変えること。

ということで今回は、やる気がでないときに気分を変える方法についてお届けします。

気分を変えるには、マッサージ!

マッサージ
やる気がでないときに気分を変えるには、マッサージがおススメです。やる気がでないときは、気分が凝り固まっているとき。そういうときは、身体もかたまってしまっていますので、ほぐしてあげるとやる気が沸いてきます。

家にいるときなら、足裏マッサージがおススメです。足の裏のつぼを押すと身体全体の血流のめぐりがよくなりますので、頭も活性化します。アイデアが枯れているときなど、ちょっと強めにつぼを刺激すると、気分もすっきり、頭もすっきり、一石二鳥です。

どこでも手軽にできる簡単マッサージは、頭皮のマッサージ。学校や職場で煮詰まってしまったとき、トイレや休憩室で頭を軽く揉み解してあげましょう。首の付け根から頭頂に向かって、指の腹で徐々に刺激していきます。携帯用のブラシで紙を梳くのも頭皮が刺激されて気持ちの良いものです。スッキリ系のオイルなどをプラスすると、目覚め効果も期待できます。

時間があるときは、ストレッチなど、軽い運動を加えるといっそう効果的です。筋を伸ばすと身体の凝りがほぐれますので、気分も刷新されます。

会議など、人目のあるところでやる気が出なくなってしまったときは、手指のマッサージが効きます。片方の手の親指と人差し指で、もう一方の手の指を順に押さえていきます。指の関節に沿って数秒ずつ、眠気に襲われたときなどにも効果的です。最後は指の付け根を強めに押さえると、すっきりしますよ!

 

周辺を片付けると気分転換に!

片付ける
やらなければならないことがあるのにやる気がでないときには、掃除や整理整頓がおススメです。仕事の締め切りなどがあるときはどうしてもその仕事のことばかり考えてしまい、整理整頓がおろそかになってしまいます。これは能率の上でデメリットです。

片付けたり、整頓したりすると、脳内から会館物質が出て、気分が前向きになります。整頓しているときは脳内に整頓したイメージを持ちながら、手は事務的に動かします。脳内のイメージがすっきり片付く上、手を動かすことで頭の働きもよくなるので、一石二鳥なのです。

職場でも、いまいち能率が上がらないと思ったら、思い切って手を休め、デスクの周りを整頓してみると気持ちがすっきりします。ただ、職場の場合、上司や同僚の目もありますので、時間を決めてコンパクトに整頓しましょう。

家にいるときなら、キッチンの整頓、デスク周りの整理、ベッド周りの片付け、バスルームの掃除など、普段乱れがちなところを徹底的に片付けてみましょう。バッグの中身、財布の中身などを整理するのも、気分の切り替えに効果的です。

乱れているところ、汚れているところをきれいにすると、気持ちの上で前向きになれます。さらに、身体をを動かすことで、全身が活性化します。ずっと同じ姿勢で仕事や勉強をしているとどうしても停滞してしまうものですので、やる気がでないなと思ったら、整理整頓タイムを取り入れましょう。

 

軽い運動で気分を変える!

軽い運動
やる気がでないときの気分転換に最適なのは、軽い運動です。仕事を仕上げようとデスクに張り付いていても、やる気がでないと能率は上がりません。そういうときは思い切ってデスクを離れ、軽い運動をしてみましょう。特に良いのは、下半身を使う運動と全身運動です。

下半身を使う運動で手軽なのは、スクワット。負担にならない程度の回数で、テンポよく行いましょう。慣れている人は、軽く負荷をつけてみても良いですね。スクワットは場所をとらないので、会社のトイレなどでも行えます。呼吸を整える効果もありますので、気分転換に最適です。

全身運動で一番簡単なのは、ウォーキング、歩くことです。自宅にいるときなら家の周辺を歩くだけで効果がありますが、出来るだけ空気の良い場所を歩くのが気分転換のコツです。ウォーキングの前後に準備体操、あるいはストレッチで身体をほぐし、深呼吸で呼吸を整えておくと万全です。

オフィスなどで気分転換が必要なときは、ヨガやストレッチも効果的です。いすに座ったままで出来るポーズもありますので、場所もとりません。普段から習慣づけておくと身体も動きやすくなりますので、手軽にできるようになります。

自宅で運動するときは、ウェアも取り替えましょう。着るものを換えると、気分転換になります。短時間でも良いので、集中的に行うと、気分もスッキリしますし、ダイエット効果も期待できます!

 

やる気がでないとき、仕事や勉強の能率を上げるには、気分転換が大切です。日本人は休息をとるのが苦手ですが、やる気がでないときにはひとつのことをやり続けないで、気分を変えた方が結果的に能率があがります。

身体の凝りをほぐしながら気分転換するのにおススメなのが、マッサージ。家にいるときなら足つぼマッサージ。どこでも手軽にできる頭皮のマッサージもおススメです。手指のマッサージも何時でもどこでも行えるので、会議の眠気飛ばしにも利用できます。

片付けや掃除にも気分転換の効果があります。自宅にいるときならキッチン、バスルーム、ベッド周り、デスク周りなどを整えましょう。オフィスにいるときなら、デスク周りを整頓するだけでも気持ちの整理を助けてくれます。バッグや財布の中身を整頓するのも効果ありです。

時間に余裕のあるときは、軽い運動をとりいれましょう。代謝がよくなると、頭の働きもよくなります。家の周辺をウォーキングしたり、ヨガやストレッチで身体をほぐしたり、軽く身体を動かすだけで淀んだ気分が向上します。ダイエット効果も期待できて一石二鳥ですよ!

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました