付き合い始めにNGな、LINEの送り方5選

付き合い始めにNGな、LINEの送り方5選

付き合い始めに恋人とするLINEのやり取りは楽しいですよね。離れている間も相手と同じ気持ちを共有したくて、繋がっていたくて、ちょっとしたことでLINEを送りたくなってしまいます。

しかし、付き合い始めだからこそ、LINEの送り方には注意が必要なのです。普段クールな男性がLINEだと可愛いスタンプや顔文字を使ってきて意外性にキュンとくるなんてことがあるように、付き合い始めの恋人とのLINEのやり取りで相手に幻滅したなんてこともあるのです。手軽に相手と繋がれるLINEだからこそ、ちょっとした気遣いが必要になってきます。

今日は付き合い始めにNGな、LINEの送り方についてお伝えします。これで付き合い始めの恋人に不安を感じずLINEを送ることが出来ますよ。



 

付き合い始めにNGな、
LINEの送り方5選

 

1.挨拶のみのLINEは相手を戸惑わせるだけです


付き合い始めは相手と全ての時間を共有したいもの。朝起きたとき、これから寝るときなど、恋人に「おはよう」や「おやすみ」の挨拶を送って離れていても一緒に起きたり、「おやすみ」を言い合えたら素敵です。

しかし、だからといって挨拶のみのLINEを送りつけるのはNGですよ。特にあなたが女性で相手が男性ならば、「おはよう」とだけ送っても、「は?」「だから?」となってしまいます。

挨拶のLINEを送る場合は「おはよう。今日は試験だよね。頑張ってね。」など、挨拶以外の内容も加えるようにしましょう。

 

2.スタンプのみが続くと幻滅されます


LINEを送るときに一番難しいのが実はスタンプの使い方です。会話のやり取りの中に面白いスタンプを使用することが出来るとやり取りも盛り上がりますし、センスが良いなと相手の好感度もアップします。しかし、一歩使い方を間違うと、LINEのやり取りが億劫だと感じさせてしまうのです。

それは相手が送ってきたLINEに対してスタンプしか返さない、またはスタンプを連続して送り続けるという送り方です。返信にスタンプを使用することは悪くないのですが、毎回毎回、スタンプのみだと受け取る相手は自分はあなたに軽く見られているのではないかと感じてしまいます。また、連続してスタンプを送るとその度に携帯が鳴るので面倒と感じる人が多いようです。

付き合いが長くなり二人の間のお遊びでスタンプのやり取りをする分には面白いですが、付き合い始めにスタンプで冒険するのは避けておいた方が無難です。

 

3. 長文を送られて喜ぶ人はいません


付き合い始めは相手に伝えたいことが次から次へと溢れてきます。しかし、だからといって長文を送りつけるのはNGです。LINEのやり取りの良いところは軽い気持ちでやり取りできることなのに、文字がびっしり並んだ長文を送りつけられては、便せん数枚の手紙を送りつけられたのと同じくらいのインパクトを感じます。正直、ちょっと重いですよね。

特に、改行なしで、だらだらと書き連ねた文章は読みにくさも倍増し相手を幻滅させてしまいますので注意しましょう。

 

4.愚痴や文句は親しくなってからです


付き合い始めに進んで愚痴や文句を恋人に送る人はいないですが、意外と自分で気が付かないのがちょっとしたネガティブな呟きです。

学校帰りや仕事帰りなどに「あー疲れた」なんてLINEを送っていたりしませんか。あなたにとっては何気なく送った文章でも、相手にとってはネガティブな内容ですから「どうしたの?」「大変だね」など理由を聞いたり、励ましたりする必要が出てくる訳です。たまにであれば甘えられているんだなと好意的に受け入れられても、毎日だとうんざりしてしまいますよね。

 

5.絶対にNGなのは束縛する内容です


付き合い始めのLINEの送り方で最もNGなのは束縛する内容です。あなたにその気はなくても「どこにいるの?」「何してる?」などの内容を頻繁に送られると相手は束縛されていると感じてしまいますので注意しましょう。

また、既読になっても返信がこないからとしつこく催促するのもNGですよ。返信がこないのは相手が他の異性といるからかもなんてネガティブな妄想でイライラすることなく、忙しくて返信できない状況にあるんだなとどんと構えましょう。付き合い始めなのですから、相手だってきっとあなたが一番ですよ。

 

以上、付き合い始めにNGな、LINEの送り方についてまとめてきましたがいかがでしたか。

LINEは電話とメールの中間のような存在ですので、程よい距離感を保つことがポイントになります。電話で会話している感覚で挨拶やネガティブな気持ちを送っても、相手は返信に困りますし、メールのように長文を送ると、軽い気持ちでやり取りできるLINEの良いところが全くなくなり億劫に感じさせてしまいます。

迷ったときは友人から自分がその内容を受け取ったら返信しやすいかを基準にすると良いですよ。付き合い始めに起こるトラブルの多くは、友人関係ならもう少し相手に気遣っていたのに、恋人関係になった途端、相手は自分のことは何でも分かってくれる受け止めてくれるという甘えが生じて自分の気持ちだけを押し付けてしまうことが原因だからです。

恋人に対してこそ、自分とは違う人間なんだと考え相手の考えや状況を尊重してあげることが二人のお付き合いを長続きさせるコツです。

 

まとめ

付き合い始めにNGな、LINEの送り方は、

・挨拶だけのLINEだけでなく、何か文章をつけよう
・スタンプのみ、もしくはスタンプの連投は相手に億劫だと感じさせてしまう
・改行なしの長文は大変読み辛い
・愚痴や文句はほどほどに
・束縛する内容は重いと感じます

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント