時間がなくて忙しいひと必見!パターン別、上手な時間の使いかた。

時間がなくて忙しいひと必見!パターン別、上手な時間の使いかた。

毎日忙しくて時間がない、やらなきゃならない事が多すぎて、いつも何かに追われている。あぁ、、、もっと時間が欲しい、もっと時間を有効に使いたい。なんて思ったこと、誰でも一度はありますよね。

時は金なり、もっと上手に使えたら、、、、どれだけ仕事がはかどるんだろう?どんなに楽になるんだろう、、、そんな時には、まずコレを試してください。ちょっとしたコツで、限りある時間を驚くほど有効に使えるようになり、「時間がない」「忙しい」なんて悩み、一気に吹っ飛んじゃいますよ

では早速始めましょう



 

時間がなくて忙しいひと必見!
パターン別、上手な時間の使いかた。

 

パターン1:何から手をつけて良いかわからない場合

⇒ 書き出して整理する

忙しい、忙しい、と言っているひとの多くは、自分が何から何までをやれば良いのか、わかっていない場合がよくあります。何から手をつけて良いかわからない、どこまでやれば良いか解らないから、精神的にもキツイし出口の見えない恐怖にストレスを覚える。

でも、わたしたちが感じる恐怖や不安の原因は「見えないから」「わからないから」「しらないから」なのです。ですから、あなたが今行うべきタスクを一度すべて書き出しましょう。すると、自然と今の状況を客観的に捉えることができるので、ストレスがなくなり、今やるべきことに集中できるようになります。

 

 

パターン2:物事がうまく進まずに、時間ばかりが過ぎてしまう場合

⇒ あえて問題から目をそらす

私たちは何かをしようと思った時に行動を起こしますよね。しかし行動してみたは良いものの、いつまでたっても結果が出ないときには、そこに何かしらの「問題」があるはず。

ですから多くの人は、その問題と向き合い解決しようとします。

しかし、実はココにもうひとつの大きな問題が隠れているんです。それは「今、解決しようとしている問題自体が誤っているかもしれない」という事。

つまり

・それってホントに大事なこと?
・解決しなきゃいけないこと??
・結果が出ない原因は本当にそれが原因なの???

という事

思うような成果が出ないときは、もしかしたら、取り組んでいる課題そのものが適切でないのかもしれません。

そんな時には一度、その問題から離れて、気分転換する、考えたをガラッと変えて軌道修正すると案外スムーズに動き出したりします。

この思考はいつか必ず役に立ちます、あたまの片隅でいいですから、覚えておいてください。

 

 

パターン3:物理的に無理な仕事量やスケジュールを抱えている場合

⇒ 2割の優先順位を先に行う

明らかにスケジュールに間に合わない、そもそもの仕事量が多すぎるときには「全部やろうとしないこと」。なにを??と思うかもしれませんが、仕事でも遊びでも、それぞれに優先順位がありますよね。

全部をやろうとして、自分を追い詰めて失敗するのではなく、優先順位の高い2割の物事を確実に、かつ完璧に終わらせる。そして時間があれば他のものにも着手する。

あまり良い言いかたではないですが、忙しいひと、売れているひとは、時間がないのはあたりまえなので、だいたいこういった方法をとっています。それでも重宝されるのは「重要な二割を確実に抑えているから」。これ、ちょっとした渡世術ですね。

 

 

パターン4:忙しいのに気分が乗らない、やる気が出ないとき

⇒ スパッと切り上げて、次の日にやる

忙しいときに限って、やる気がなえる、他のことが気になって仕方なくなる、、、。人間なんて、けっこう誰でもそんなもの。そんな時、だらだらと作業を続けても、決して良いものは出来ません。

良いものが出来ないばかりか、時間ばかりを浪費して何も良いことはないですから、気分が乗らない、やる気が出ないときには一旦手を止めて、しっかりと気分転換するか、その日は休んで、次の日にまわした方が、結果、短い時間で良いものができる場合がよくあります。

なまけろ、と言っているのではなく、自分のコンディションに合わせて、ONとOFFをしっかり切り替えましょう。という事です。

 

 

パターン5:思考によって手をつける順序を変える

⇒ プラス思考なら「難しいものから」 マイナス思考なら「簡単なものから」

プラス思考だと思う人は難しいものから取り組みましょう。無理難題を乗り越えたときの達成感が、あなたをもっとやる気にして、効率が上がります。

マイナス思考だと思う人は簡単なものから取り組みましょう。簡単なものから手をつけることで、出来るかも、、、という自信があなたに安心感を与えて、少しずつ進んでいく充実感が、あなたのやる気を促してくれます。

 

 

パターン6:とにかく毎日が忙しくて、時間に余裕がないと感じている場合

⇒ 自分の時間の使い方をもう一度見直そう!

漠然と忙しい、なぜかいつも暇がない。と思っていても、実は私たち、結構無駄な時間を過ごしていたりします。でも、普段はそれに気が付かない。今回はその無駄な時間の使い方を見直しましょう。

方法は簡単です、以前このブログでプレゼントした「ナビゲーションシート」を使って、今の自分が毎日の生活の中で「行っていること」と「やりたいこと」を書き出し、その中から、不要なものを削除して「未来の自分に必要なもの」をピックアップする。そして、それを基に大目標、中目標、小目標を定めて、予定表を書き出す。

くわしくはシートの使い方に記載してありますので、とにかく毎日が忙しくて、時間に余裕がないと感じているひとは、それを参考にぜひ行ってみてください。

ナビゲーションシートシートをお持ちでないひとはコチラから受け取れます。

 

★最後におまけにもうひとつ

忙しいから、とにかく早く終わらせないと気がすまない、そんなひと、沢山いると思います。私もどちらかというとその属性なのですが

実は

・せっかちな人ほど実は無駄が多い
・せっかちな人ほど損してる

ことが多いです。

なぜかというと、せっかちな人の多くは遠くにあるものや目標は見えているのですが、近くにある物事を楽しむのを忘れてしまっていることが多いんです。

つまり「先のこと」ばかり考えていて「今」をないがしろにしてしまっている。ということ。多くの場合、「目的」に辿り着いたら、もう次の「目的」が気になって、、、またその繰り返し。これってちょっと、さびしい感じがしますよね

もう少し噛み砕いて説明すると

・せっかちなひと
  ↓
・時間が勿体無いと思っている
  ↓
・でも実は一番時間を無駄にしている
  ↓
・なぜならば「早く終わらせよう」と考えている時間が最も多いから

といった感じですね。

先のことを考えるのは大切ですが、それと同時にもっと今を楽しみましょう。今を楽しめないひとは未来になっても、今のままですよ。それって、凄くもったいないと思いませんか?、その日、その時の感情が1日を作り、その積み重ねがあなたの未来を育んでいきます。だからこそ、忙しくても、時間が無くても、今この時を、その日、その時を思い切り楽しむことを忘れずに!

 

 

では、今日のまとめです。

時間がなくて忙しいひと必見!パターン別、上手な時間の使いかた。

パターン1:何から手をつけて良いかわからない場合
パターン2:物事がうまく進まずに、時間ばかりが過ぎてしまう場合
パターン3:物理的に無理な仕事量やスケジュールを抱えている場合
パターン4:忙しいのに気分が乗らない、やる気が出ないとき
パターン5:思考によって手をつける順序を変える
パターン6:とにかく毎日が忙しくて、時間に余裕がないと感じている場合
おまけ:せっかちは、損してる。今をもっと楽しみましょう。

ナビゲーションシートシートをお持ちでないひとはコチラから受け取れます。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント