勉強法を一気に改革して希望の試験に合格する5つの方法

勉強法を一気に改革して希望の試験に合格する5つの方法

「かなり努力して勉強しているつもりなのに、なかなか試験に合格できない」「勉強にかけた時間・労力と成果が比例しない」という悩みを持つ人は多いですよね。

そんな人は、もしかしたら勉強法が間違っているのかもしれません。希望の試験に合格することを諦めてしまう前に、一度勉強法を見直してみましょう。

どんなに時間・労力をかけて勉強しても、肝心の勉強法が間違っていたら、成果も出ませんよね。実際に、多くの人が、小・中学生の時に刷り込まれた誤った勉強法を続け、成果が出ずに苦しんでいます。

ここで一気に勉強法を改革すれば、希望の試験に合格することも夢ではありません。そこで今回は、勉強法を一気に改革して希望の試験に合格する5つの方法をお伝えします。



 

勉強法を一気に改革して
希望の試験に合格する5つの方法

 

「時間単位」ではなく「内容単位」で勉強を区切ろう


勉強するときに、「平日は1時間勉強する」「休日は3時間勉強する」といったように、時間を単位にして区切っている人がいます。

おそらく、中学生の時に「学年プラス1時間勉強しよう!」というふうに時間単位で勉強の目標を立てるよう指導されたなごりでしょう。

しかし、この勉強法は間違っています。勉強の目的は、「決めた時間分勉強すること」ではなく、「試験に合格する」ことです。

時間を単位にして勉強していると、だんだん「決めた時間分勉強する」ことが目標になり、目的がすり替わってしまいます。試験に合格するための勉強のはずなのに、時間を区切っての精神修行のようになってしまうのです。

どんな試験でも、その試験に合格するために必要な知識・内容というものがあるはずです。勉強するときには、試験内容から逆算して、必要な内容や単元を基準に区切るべきです。

 

インプット中心ではなく、アウトプット中心の勉強をしよう


中学生の時の「とにかく教科書を読む」「ノートをまとめる」という勉強法を続け、とにかくページを決めて参考書を読んだり、やたらと丁寧にノートをまとめたりして勉強している、という人がいます。

これらの勉強法は、知識を獲得・整理するためには役立ちますが、インプットに偏りすぎている、という欠点があります。まず、勉強にはインプットとアウトプットの2つの側面があり、そのバランスが重要であることを理解しましょう。

そして勉強の最終目的は、試験問題に正解するというアウトプットのはずです。インプットに偏った勉強をしていては、成果も上がらないのです。そこで、実戦問題を解くといったアウトプット中心の勉強をしましょう。

 

アウトプットした後は、フィードバックして定着させよう


1冊網羅的な参考書で知識を獲得した後は、実戦問題集などを使ってアウトプットの確認をしていくことが大切です。その際に忘れられがちなのが「フィードバック」です。

中学生の時、テストが終わったら点数だけ見てそのまま引き出しにしまっていた…という人はいないでしょうか。問題を解いてアウトプットをした後は、自分の覚えた知識が正確だったかどうか、ヌケ・モレがなかったかどうか、採点した答案を見ながら検証をする必要があります。

そして、不正確な暗記やヌケ・モレがあれば、参考書に戻って知識を確認し直します。この反復学習の流れが勉強における「フィードバック」であり、勉強で成果を上げるためには不可欠な手順になります。アウトプットした後は、フィードバックをして知識を定着させるようにしましょう。

 

「エア授業」で理解を確かめよう


問題を解く以外のアウトプットの勉強法としては、「エア授業」がオススメです。自分が先生になったつもりで、勉強した内容について授業をしてみるのです。同じジャンルの勉強をしている友達に説明してみるのもいいでしょう。

他人にも理解できるように話すことによって、自分の記憶も定着します。また、自分の理解が曖昧だと、他人に理解させることは決してできません。自分の理解度合いを確かめるためにも、「人に説明する」という方法はオススメです。

 

絶対に睡眠時間を削らないようにしよう


ここまで勉強法の改革、そして効果的な勉強法について述べてきましたが、多くの人が実践している誤った勉強法として、「睡眠時間を削って勉強する」というものがあります。

学生時代、テスト前に一夜漬けで乗り切った経験がある人もいるかもしれません。しかし、これは長期的に見るとかなり非効率な勉強法と言えます。記憶は寝ている間に整理され、定着するものです。

また、睡眠時間が短いと日中に十分な集中力が発揮できません。そこで、睡眠時間を削って勉強するのは絶対にやめましょう。たくさんの時間を費やすことを目的とするのではなく、短い時間で、効率的に成果を上げることを目的に勉強をするようにしましょう。

 

いかがでしょうか。

勉強で思ったような成果が上げられず、「私は頭が悪いんだ」「僕には能力がないんだ」と落ち込み、希望の試験に合格することを諦めそうになっている人もいるかもしれません。

もし勉強法を改革することで、勉強で思ったような成果を出すことができ、希望の試験に合格することができるとしたら、その方法を試してみたいと思いませんか?

ここまで誤った勉強法と、その改革の仕方についてお伝えしてきましたが、他にも様々な効果的な勉強法があります。たとえば、人間の脳には「視覚優位型」と「聴覚優位型」があるのをご存じでしょうか。

視覚優位型の人は目で見たイメージが記憶に残りやすい反面、聴覚優位型の人は耳で聞いた音声が記憶に残りやすいのです。

そこで、聴覚優位型の場合、オーディオブックなどを使って耳から知識を入れる勉強法も有効なのです。このように、多くの勉強法が提唱されています。

いろいろと試してみて、自分に合った勉強法を見つけることが重要です。楽しみながら、勉強法の改革をして、希望の試験の合格をめざしましょう。

 

まとめ

勉強法を一気に改革して希望の試験に合格する5つの方法

・ 「時間単位」ではなく「内容単位」で勉強を区切ろう
・ インプット中心ではなく、アウトプット中心の勉強をしよう
・ アウトプットした後は、フィードバックして定着させよう
・ 「エア授業」で理解を確かめよう
・ 絶対に睡眠時間を削らないようにしよう

でも自信がない、ちょっと元気がなくなってしまった時にはこの音声を聞いて、やる気を取り戻しましょう。だまされた!と思って試してみてください、結構すっきりして自信を取り戻せるはずです。

自信満々になってやる気を取り戻す音声

この音声のダウンロード版を用意しているので、よかったら下記よりダウンロードして、スマホや音楽プレイヤーなどに入れてお使い下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント