陰と陽を活かして「春」を快適に暮らす7つの方法

陰と陽を活かして「春」を快適に暮らす7つの方法

少し前に、「陰と陽を活かして「冬」を快適に暮らす7つの方法をご紹介しました。
(詳しくは ⇒ こちら

復習も兼ねて、簡単にご説明しますね!

世の中には、相反するものが必ず存在します。
男と女、太陽と月、朝と夜、静と動、生と死。
これのように相対的な物事を「陰陽」として見るのですが、このバランスが大切で、意識して生活すると、自然調和し、心身穏やかに、健康に暮らせる、長年の東洋に伝わる智恵なのです。

大切なのは、「バランス」
どちらかに偏っているならば、もう一方を補って「中心」に持ってくるように
工夫をしていこうよ、という考え方なのです。

早速、春バージョンをご紹介しましょう。



1シーズン前の冬は、極陰でしたね。

陰の特徴は、冷たく、静かで、遠心的、上昇的。
寒いシンと静まり返った朝に、太陽を浴びて、蒸気が上に上がる様子。方々に踊りだす雪のダイヤモンドダストと思い浮かべると、この特徴は分かりやすいですね。。

さて、春。

春は「小陽」と位置付けられます。極陽である「夏」の一方手前という所でしょうか。
この小陽の春の大きな特徴は「上昇するエネルギー」があります。
春になると、何だか、やる気がでますよね、あれは自然の上昇エネルギーなのです。
この時期に大切なのは、地球の上昇に乗って、身体を上昇ペースにもっていく事です。
冬の目覚めを促す過ごし方がポイントになります。

1. 上昇する食材を食す

「エネルギーの上昇」
これを体に当てはめて見てみると、身体の不要な毒素を上昇(最終地点は顔)させ、排出とイメージできます=身体のデトックス。
冬にため込んだ毒素も上昇させ、一気に出してしまいましょう。
実は、春に肌荒れを起こしやすいのは、これに関係しているのです。顔は上昇した体の毒素をだす、最終地点ですから。
春の肌荒れは、歓迎しましょう!体の不要なものデトックスですから!

さて、上昇する食材

① 上伸野菜(上に向かって伸びている野菜)菜の花、ねぎ、水菜、パセリ
ここで重要なのは、デトックスしやすい野菜=苦味が強い成分のものが効果的です。

② 雑穀(大麦、はと麦、まる麦、ライ麦)
雑穀は、白米や玄米よりも、パワーがあります。エネルギーが高いのです。この上昇エネルギーの時期にエネルギーが高い雑穀を食すと、エネルギー上昇を促すことができますよ


 

2.「小陽」向けの調理法で食す

1シーズン前の冬は、陽性の力を多く必要としたので、火力(=陽性)を加える煮込み料理がいいとお伝えしました。
春は、小陽ですので、今度は抑えていかなければなりません。
火力を少しにする、ゆでもの、和え物、さっと炒める程度のものに変えていきましょう。
次に来る「極陽」の夏に向かって、火力を減らしていく意識をしていると、季節の変わり目に心身が対応しやすくなりますよ


 

3.早起きをする

春になると、「陽気=陽性の気」が流れ始めます。
「陽気だね」という言葉、この春から来た言葉なのかもしれませんね。
冬には縮こまっていた体や心を解放するために、日の出をたっぷりあびる早起きをしましょう。

冬で癖がついてしまった体の縮こまりを、緩めてあげましょう。
大きく伸びをして、まるで土から根がでるようなイメージをしながら、太陽の陽の気をあびて体を春モードに合わせてみましょう。


 

4.新しい事を始める

春は芽吹きの季節です。自然の視点から見ると、春は植物の芽吹きにパワーを取られて
人はおいて行かれがちになります。
なんせ、一つ前は極陰の冬でしたらから、まだ体が目覚めていなかったりするのです。
意識を上昇するエネルギーに切り替えましょう。
そのためには、春に新しい事をするのが適しています。

春・・と言えば、入学式、新学期、確かに新しい行事をここに持ってきていますよね。
理にかなった配置ですよね。
学生生活から卒業すると、新学期を意識できなくなってしまうので、何か一つ、春に始めてみましょう。早起きの習慣、朝のランニング、英会話、せめて1年かけて続ける何かをやり始めてみましょう


 

5.肝臓と目をいたわる生活にする

春は、肝臓が疲れやすい季節と言われています。周りの自然環境が春に移り変わるにつれて、体も春に移行しようと頑張ります。
しかし実際は、冬の漂流したエネルギーの転換はすぐにはできません。
肝臓は、「怒り」の臓器ですから、体のエネルギー転換がうまくいかないと、イライラしやすく⇒不眠⇒血圧上昇や生理不順、アレルギー という悪循環を生んでしまいます。

肝臓を通っている道(体の道筋=経絡)は目に繋がっているので、肝臓の調子が悪いと目に不調がでます。目の疲れ、目の疾患、この時期は十分に注意をするといいでしょう。
日が伸びたからといって、夜遅くまでテレビを観たり、飲んでいると、肝臓や目に不調がきてします。体=心ですから、両者のバランスが崩れると、心も不安定になり、怒りやすいくイライラしがちになってしまいます。
陽に転じたとは言え、緩やかな対応をしていくようにしていきましょうね


 

6.陽気にふるまう

陽気は、春にピッタリの言葉です。
気持ちも朗らかに、体も緩んでくる季節です。
社交的にもなるでしょう。
是非、意識的に「陽気」に振る舞ってみましょう。笑顔を作ると笑顔筋肉を通じて脳が「笑っている=楽しんだな」と勝手に判断して幸せホルモンを出します。

陽気で幸せな気分になると、体全体が冬を脱する事ができ、新しい春に適合できるようになります。
自然のリズムに体が適応できると、心身の不調和を起こしにくくなりますよ


 

7.自然を愛でる

春は、自然のパワー、エネルギーをふんだんに感じる季節です。
突然に出した植物の芽に、花に驚く事もあるでしょう。
まさに「エネルギーを蓄えていた」ことを感じさせられるでしょう。

こんな言葉があります

“何も咲かない冬は、下へ下へと根を伸ばそう。
春になると、やがて大きな花が咲く“

植物は、まさしく寒い冬をじっと地面で耐えていたと言えるでしょう。
何も言わず、文句も言わず、ただじっと耐えていたのです。
ある日来る春のために。
そんな植物に、自然にレスペクトの気持ちを感じませんか?
忙しく飲んでいる人間たちとは違い、しっかり根を下にはって次の季節に備える自然。
その力強さを見習い、感謝し、愛しましょう。
その気持ちが周りの人達への愛にも通じ、より良い人間関係を築くスタートになりますよ。


 

いかがでしたか?

陰陽で季節をとらえて、特徴を知ると、色々な側面が見えてきますよね。
是非とも、意識してみてくださいね!
どうぞ素敵な春ライフを。

陰と陽を活かして「春」を快適に暮らす7つの方法
1. 上昇する食材を食す
2. 「小陽」向けの調理法で食す
3. 早起きをする
4. 新しい事を始める
5. 肝臓と目をいたわる生活にする
6. 陽気にふるまう
7. 自然を愛でる

written by セルフハーモニー
心・魂・身体に本気で向き合い、自然との調和を本気で目指すOrganic Therapist
ブログ ⇒ http://selfharmony.blog.fc2.com/

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消する
モーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている脳や神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント