シンプルで効果的、とにかく実践、7つのモテる方法

シンプルで効果的、とにかく実践、7つモテる方法モテるとは「持て囃す」という言葉から転じたもので、人にだけ用いられるものではありません。言い換えれば「取り立てられる。」という意味で、男女の関係にせよビジネス上の関係にせよ、モテるというのは、多くの人が望む状態であることに変わりはないでしょう。

人間関係上でモテるための条件として、何かと外見が取沙汰されますが、世の中でモテている人が、必ずしも美男美女ばかりとは限りません。容姿に関係なくモテる人はいますし、いくら容姿端麗であっても多くの人から嫌われている人もいます。

そこで、容姿に関係なく実践できる「モテる方法」をお教えしましょう。



 

□シンプルで効果的、とにかく実践、7つのモテる方法

 

モテる方法その1:似顔絵を書く

まず、モテるためには己を知らなくてはなりません。自分がどのような姿なのか、他人からはどのように見えているのか知らなければ、自分を魅力的に見せることも叶わないでしょう。

大事なのは、自分の姿を客観的に見つめることです。そのために、モテる方法として自分の似顔絵を描いてみましょう。毎日、鏡を見ている人でも自分の顔が、他人の顔の様に感じられるまで真剣に似顔絵を描いてみると、自分の容姿の中にも今まで気づかない発見があるものです。

 

モテる方法その2:らしくないことをする

モテるためには、モテていない今の自分を変えなければなりません。どう変えたらいいのか?という前に、なかなか今までの自分を変えるというのは難しいものです。突然の思い付きで急に性格や趣味志向を変化させると、自分も廻りの人もその変化についていけず”悪目立ち”するばかりです。

モテる方法の2つ目は、自分を変えるための練習をします。例えば、今まで選ばなかった色の服を着てみるとか、帽子をかぶってみるとか、挨拶の仕方を変えてみるとか、些細な変化を加えてみましょう。そのちょっとした変化が、自分自身にとって新しい発見となったり、周囲の人たちの注目を集めたりすることになります。

 

モテる方法その3:自撮りをする

「自撮り」とは、携帯電話のカメラ機能やデジカメを使って、自分のポートレイトを撮ることです。基本的なことですが、自分自身を好きになれない人は、人から好かれることはありません。嫌いといわないまでも劣等感を持って人と接していれば、自ずと卑屈な態度となって表れ、人を遠ざけることとなります。

コンプレックスを持っていたとしても、それを受け入れることが大事です。あるがままの自分を受け入れて、魅力的な自分を出せる様になれば、多くの人に自分をアピールすることができる様になります。自撮りをくり返してお気に入りの自分の姿を求めることで、コンプレックスを含めた自分を受け入れることに繋がります。

 

モテる方法その4:嫌いな人を好きになる努力をする

モテる人は「いい人」であることが絶対条件なので、人の悪口を言いません。常に他人を肯定的に捉える人は、人からも好かれます。どんな人物でも、その人の良いところを見付けることができることはモテる方法のひとつと言えると思います。

ですから、普段敬遠している人の良いところを見つける様、努力しましょう。

 

モテる方法その5:相づち上手になる

自分の知らないところでいくらモテていても「モテる」を実感することはできないでしょう。真に「モテる」ためには、相手とのコミュニケーションは欠かせません。モテるためのコミュニケーションとは、ズバリ「聞き上手」になる事です。

ここで大事な事は、相手の話をただ黙って聞いているだけではダメだという事。こちらが「聞いている」ことを相手にアピールしなければなりません。そのために実践できるモテる方法は、相手の話を引き出す様な、相づちのバリエーションを増やすことです。

 

モテる方法その6:普段の挨拶に一言添える

モテるためには、相手を気遣うホスピタリティの精神が不可欠です。しかし、気を惹きたい相手にだけ優しくしても、万人に対して気遣いができなければ、なかなか気持ちが通じるものではありません。

そこで、シンプルなモテる方法として、普段の挨拶に一言添えてみてはどうでしょうか。例えば「おはよう」の後に「最近お仕事忙しいですか」とか「お疲れさま」の後に「気をつけて帰ってね」とか、一言添える事で、気遣いを伝えることができるでしょう。

 

モテる方法その7:役に立つ人になろうとする

「人の役に立つ」というのは、モテる方法としては究極です。しかし、そう簡単にできるものではありません。しかも、自分に無理をして滅私奉公で役に立っても、それはただの「便利な人」でしかありません。

ですから、ここは「なろうとする」だけで良いのです。相手にとって、どんな事が貢献できるのか。相手にとって自分がどんな役割なのか意識するだけで、自ずと相手が自分に求めているもの、相手にしてあげられる事が分ってくるでしょう。

 

以上、性別や容姿に関わらずモテる方法をお知らせしました

この7つのモテる方法を応用すれば、異性に限らず、上司や取引先などビジネス上の関係でも使えると思いますし、商品開発など人間関係以外でも応用できると思います。

モテるとは、人の関心を集め自分を好意的に捉えてもらう事に他なりません。どんなシーンであっても、モテていた方が良いですよね。

まとめ

シンプルで効果的
とにかく実践、7つのモテる方法

モテる方法その1:似顔絵を書く
モテる方法その2:らしくないことをする
モテる方法その3:自撮りをする
モテる方法その4:嫌いな人を好きになる努力をする
モテる方法その5:相づち上手になる
モテる方法その6:普段の挨拶に一言添える
モテる方法その7:役に立つ人になろうとする

でもちょっと難しい、、、と思ったひとはこれを使ってみてください。

あなたの悪い癖を直し、良い癖を身につけるため目標計画表「エクスプレッションケアシート」です。これを行うことで、あなたは、

  1. 自分が変わることによって周りも変わることを実感することができます。
  2. 自分に自信が持てるようになりコミュニケーションが改善します。
  3. 周りからも目が変わり、外見的にもイキイキしてきます。

ぜひこれを使い、良い癖と、思考を身につけて、人を虜にする仕草美人・仕草イケメンに変身してください。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント