少ないもので暮らすには必読、シンプル生活の5つの秘訣

少ないもので暮らすには必読、シンプル生活の5つの秘訣
少ないもので暮らすにはまず不要なものの処分をしないと生活環境にスペースが生まれない為、思いきって模様替え等も必要ですよね。

物が溢れる今の時代、安く買い物ができる点はメリットになりますが、いつのまにか家の中が色々なものでごった返してしまいます。少ないもので暮らすには生活に本当に必要なアイテムを把握しないといけません。

どんどん処分してしまうのは逆に無駄になってしまう可能性もありますので、どうやっている物と不要な物を区別するのかが大切な点になるのです。

そもそも少ない物で暮らすには金銭的な面だけでなく、意識としてシンプルな生活を送る気持ちも忘れはいけません。そこで本日は少ない物で暮らす為に必要な、シンプル生活をスタートするコツについてお伝えします。

生活空間にスペースを増やしましょう

少ないもので暮らすには生活空間のスペースがあるほど、快適で過ごしやすくなりますのでまずは見た目をスッキリさせる点が重要です。

ごちゃごちゃした部屋の中では気分的に落ち着かず、整理整頓をしないといけないプレッシャーがいつもつきまとってしまいます。家具など大きなアイテムは必要最低限にとどめ、掃除がしやすいようにスペースを増やすことがまず最初のステップです。

少ないもので暮らすにはものを持たないことと置かないことが基礎。シンプルな生活になるほど家事の時間が節約されて自分のために有効な時をリラックスして過ごせるようになります。

 

着ない衣類を処分しましょう

少ないもので暮らすには、まず不要なものを処分しないといけませんよね。身の回り品で意外と余分なものが衣類。着なくなった洋服も、いつか着るかもしれないと思いずっと保管しているものがあります。

でも冷静に考えてみるとずっと箪笥のなかで眠っている衣類って着ることがほとんどなく、ただ自分の執着心のせいで手ばなせない場合がほとんどなのです。

もったいないという気持ちはものを大切にするうえでとても重要ですが、不要な物を生活空間にいつまでも置いておくほうが物欲をさらに掻き立てる要因になってしまいます。

たくさん洋服を持っていても、体型が変わって着られない、もしくは流行おくれで使えないアイテムなどもあり無駄になってしまいます。

 

ストックの持ちすぎに注意しましょう

少ないもので暮らすには余計なものを保管しないように心がけないといけませんよね。でもセール時期など特価品をみるとつい買いこんでストックしたくなります。

今買った方が安い、たくさんあっても後で必ず使うなんてアイテムは家のなかで場所を取り、シンプル生活には逆効果になってしまいます。

ストックを持ちすぎると同じものを繰り返して買ってしまう場合や、商品が劣化して使えなくなりかえって無駄になることだってあります。ストックの数は決めておき、スペースとの兼ね合いを考慮しながらできるだけシンプルを意識しましょう。

セール品や特価品を買うチャンスを逃しても、必ずサイクルで二度目のチャンスが訪れます。

 

必要不可欠なアイテムの見直しをしましょう

少ないもので暮らすには、「絶対にないと生活できないアイテム」について見直しが必要です。自分のこだわりでどうしても持っていないと不安になるものがありますよね。

でも本当に必要不可欠なものなのか、もしないとしたらどうなるのか、少し角度を変えて判断してみましょう。少ないもので暮らすには、「無い生活」に慣れていき様々なアイデアで生活するのも刺激的で楽しくなります。

またあると便利なものたちもシンプル生活には必ずしも必要ではありませんので、自分のライフスタイルに合わせて本当に必要不可欠なものだけを見極めましょう。

 

好きなものと使うものだけで生活をしましょう

少ないもので暮らすには、好きなものと使うものだけがあれば十分です。あらゆる技術が進む現代、デジタル化できるアイテムも多くなりましたので、写真などはパソコンに保存するなどスペースを取らない方法をプラスするのもよいでしょう。

本やDVDなど数が増えるごとに家のなかが狭くなり、毎日窮屈になってしまいます。自分の好きなものをコンパクトに保管するアイデアや、使うものだけをセレクトし時には勇気を出して処分しないといけないのです。

 

このように、少ないもので暮らすには生活必需品や大切なものなどどうしても手ばせないものがありますよね。しかしものが溢れるなかで生活をしていると「感謝」や「大切」さについ気が付かなくなってしまいます。

シンプル生活とは単にいらないものを処分して生活しやすい環境を作るだけでなく、もっと大切な価値観や快適さを追求する目的もあるのです。

ものに対する執着心は心の余裕をなくす原因になり、本当に人生において何が必要なのか判断力が欠けてしまうことにもなりかねません。

少ないもので暮らすには生活環境だけでなくもっと広い範囲にもたらすメリットを意識するとよいでしょう。すっきりした生活こそがあらゆる場面でクリアな視野を持つ人生の第一歩なのです。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました