言葉の力の絶大的な効果を知って開運する5つの方法

言葉の力の絶大的な効果を知って開運する5つの方法
開運するために風水や占いを取り入れる人は多くますが、中には難しい精神論の書物を読んだり、高額なセミナーなどに参加して開運法を学んだりする人もいますよね。しかし、実はもっと簡単に開運できる方法があり、日頃使っている「言葉」の使い方を変えるだけで、自分が発する「言葉の力」で幸運体質の脳に変化させ、簡単に開運することが出来きるんです。

例えば、女性は年齢を重ねるにつれ、男性よりも自分の年齢を気にするようになり、30歳、40歳となっていくと、よく「もう30歳」「もう40歳」とマイナスにとらえられる言葉の使い方をしますよね。
ですが、50歳、60歳の人からすれば、「まだ30歳」「まだ40歳」であり、人生まだまだこれからではないかと感じるもので、すなわち、自分が発する言葉には自分の考え方や物事のとらえ方が反映されているのです。

つまり逆を言えば、言葉の使い方を変えれば、その「言葉の力」で考え方や物事のとらえ方を変えることが出来るため、結果としてポジティブな思考になり、開運に繋がっていくのです。この「言葉の力」は絶大で、自分が発する言葉は常に自分の耳から脳にダイレクトに伝わるため、毎日ポジティブな発言をしていると、その言葉で自分の脳にポジティブになる暗示をかけているようなものなのです。

そこで今回は「言葉の力」にはどのような効果があるのか、そしてどうやってそれを開運に結びつけていくのかについてお伝えします。

まずは「愚痴」を言わない事

人間関係だったり、仕事の事だったり内容は様々ですが「愚痴」を言っている人はストレスが発散できてスッキリしますが、聞く側は気分が悪いものですよね。しかし、「愚痴」を言っている人がスッキリすると感じているということは錯覚で、実は「愚痴」を言っている人の脳からすれば、「愚痴」を聞いている人と同様にストレスを感じでいます。

脳は自分が発している言葉でも誰かに言われた言葉でも関係なく、耳から入ってきた言葉をそのまま受け止めてしまうため、自分が「愚痴」を言っていても誰かから「愚痴」を言われているように感じてしまい、知らないうちにストレスを感じ続け、暗示をかけ続けられた脳は聞こえてくる「愚痴」の通りの行動をしようとするのです。

その結果、自分が他人を非難するために発した「愚痴」と同じような行動や考え方を知らないうちに自分もしているという状態になり、今度は同じような「愚痴」を他人から受けるようになってしまい、そのような状態では開運はほど遠くなってしまうので、「愚痴」は言わないようにしましょう。

 

そしてポジティブな言葉を意識的に使う

「愚痴」を言わないと決めて、自分は「愚痴」を言いませんと宣言すれば、開運へ繋がるなら簡単と感じている人も多いですよね。確かに、「愚痴」を言わないことは開運の方法のひとつですが、さらに「言葉の力」を活用して開運に繋げる方法があります。

「愚痴を言わない」ということだけだと、現在はまだ「自分は愚痴を言うかもしれない人である」ととらえることが出来てしまうため、どちらかと言えば、まだマイナスな思考が残っている状態と言えるため、そこからポジティブなプラスの思考は生まれません。

ポジティブな言葉の例えとしては、年齢であれば「もう40歳」を「まだ40歳」、お金に関してでは「もう1000円しかない」を「まだ1000円もある」というように言葉の使い方を変えていくと、物事のとらえ方がポジティブになり、いつの間にかプラス思考になることで、さらに幸運を引き寄せやすくなるでしょう。

 

次にアファメーションで幸運を引き寄せる

「アファメーション」という言葉は引き寄せの法則や様々な開運方法を紹介しているサイトや書物などで目にしたことがある人も多いですよね。「アファメーション」とは、ポジティブな短めの言葉で自分の叶えたい願望や目標を毎日自分の好きな時に繰り返し自分に言い聞かせることです。つまり、「アファメーション」は「言葉の力」によって潜在意識に働きかけ、願望や目標の成就を引き寄せる方法です。

「アファメーション」で発する言葉はすでに願望や目標が成就したか、している設定で長い文章ではなく、短めで言いやすく覚えやすい言葉にすると潜在意識に入りやすく、「本当に叶うのかな」などと半信半疑な気持ちは持たず、すでに成就したような気持ちで、「言葉の力」で最大限に効果を出すために、自分の耳から聞こえるように声に出して言うと良いでしょう。

 

意識して「ありがとう」を言うようにする

古代から言葉には霊力が宿り、声に出した言葉が何らかの形で現実に影響を与えると信じられ、良い言葉には良い未来をもたらすとされており、この「言葉の力」は「言霊(ことだま)」と呼ばれていることを知っている人も多いですよね。

現代にも残っている言葉の力を信じる言霊信仰の代表的な例に「忌み言葉」があり、結婚式やお葬式など冠婚葬祭で使わないようにし、本来は口に出してはいけない言葉であったと言われている言葉があり、聞いた事がある人もいるのではないでしょうか。

このように言葉は霊力があり、エネルギーを放つもので、日常的に使っている言葉の中でも特にプラスのエネルギーをも持っている言葉に「ありがとう」があり、「ありがとう」という言葉はたったひと言ですが、言われる側にも言う側にもお互いにとってプラスのエネルギーをもたらしてくれます。

「ありがとう」という言葉を言う度に、自分にも周囲の人にもプラスのエネルギーを循環させることになり、良いエネルギーが良い現実を創るため、結果として幸運の引き寄せが加速し開運することが出来るでしょう。

 

意識して話す相手の「名前」を言う

「名前」はひとりひとり名付けられた理由も込められた願いも異なり、誰もが持っている世界でたったひとつのもので、「名前」を呼ばれて嫌な気持ちになる人はいないですよね。

人生においてチャンスは人が運んで来てくれるため、まずは自分のことを知ってくれている人が多くなければ、チャンスにも恵まれにくくなってきてしまいます。しかし、自分が誰であるのか覚えてもらうには、よほど印象的な人か密に接する人でなければ、なかなか名前を覚えてもらうことは難しいかもしれません。

そこで、より自分の名前を覚えてもらうには、まず自分から覚えてもらいたい人の名前を覚え、その人と話すときに相手を「あなた」などと呼ぶのではなく、相手の名前を言うようにすると、相手は印象良く感じてくれるため、自分の名前も覚えてくれるようになります。

すると、名前も覚えてもらえますし、印象も良く感じてもらえるため、何かあれば、たくさんの情報やチャンスをもたらしてもらえようになり、幸運を引き寄せることができ、開運することが出来るでしょう。

 

このように「言葉の力」で考え方や物事のとらえ方を変えることで、ポジティブな思考を日常的にすることが出来るようになり、開運に繋がっていくため、ポジティブな思考になるためには「愚痴」を言わないようにし、自分が聞いても気分が良くなるようなポジティブな言葉を使うようにすることが重要です。

さらに、「アファメーション」でポジティブな短めの言葉で自分の叶えたい願望や目標を毎日自分の好きな時に繰り返し自分に言い聞かせることで、その「言葉の力」によって潜在意識に働きかけ、願望や目標の成就を引き寄せます。

また、言葉は霊力があるとされ、日常的に使っている言葉の中でも特にプラスのエネルギーをも持っている言葉に「ありがとう」があります。言われる側にも言う側にもお互いにとってプラスのエネルギーをもたらしてくれるため、「ありがとう」という言葉を言う度に、自分にも周囲の人にもプラスのエネルギーを循環させ、幸運の引き寄せが加速し開運することが出来ます。

そして、幸運のチャンスは人が運んでくるため、チャンスに恵まれるように多くの人に自分の名前を覚えてもらうために、まずは自分から話す相手の名前を覚えて呼ぶようにすることで、自分の名前を覚えてもらい幸運につながるチャンスをつかめるでしょう。

連記事

コメントをお書きください