正しい言葉遣いで、好印象を与えるコツ

正しい言葉遣いで、好印象を与えるコツ
人間が誰かと接するときに、相手に好印象を与えるポイントとして「言葉遣い」があります。特に社会人になって、言葉遣いを間違ってしまいますと仕事に影響が出るなどのトラブルが発生してしまうでしょう。

相手に悪い印象を与えてしまうよりは、好印象を与える方が良いですよね。仕事や人間関係を築いていくためには、言葉遣いはとても大事なものと言えます。生きていく上で対人関係を良好にしておくと、何事も幸運が働くというものです。

では、好印象を与える言葉遣いとはどのようなものなのでしょうか。その注意点やコツなどを知って、正しい言葉遣いができるようになれば、出世にも繋がっていきます。

そこで今回は、正しい言葉遣いで好印象を与えるコツをお伝えします。

敬語を覚える

敬語
まず言葉遣いと聞いて思い立つのは敬語ではないでしょうか。誰もが多少は身につけてはいますが、少なからず覚えておかなければいけないものがあります。

時代とともに敬語を使える方が少なくなってきていますよね。その結果、会社の取引の相手やお客様に失礼なことを言ってしまい、印象を悪くしてしまうことも少なくはありません。なので、敬語は最低限、覚えておく必要があります。

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語とあります。同じ意味でも、相手の動作を敬う尊敬語と自分をへりくだって敬意を表す謙譲語では言葉が変わるのです。

例えば「見る」という意味でも、尊敬語は「ご覧になる」、謙譲語は「拝見する」というように分けられます。難しいと思うところですが、これを覚えておくと相手の方に失礼の無い好印象を与えることができるでしょう。

丁寧語は「です、ます」を語尾につける敬意の表し方となります。この話し方ができないと社会での印象はよくないでしょう。ですから、言葉遣いで好印象を与えるには、敬語を覚えることは大事なことです。

 

シンプルに分かりやすい言葉を使う

シンプルに
言葉遣いと言うと、誰かと話をしていて「え、その言葉ってどういう意味?」と思ったこともありますよね。初めて聞いた言葉があると、その度に聞き手は疑問に思ってしまうことになります。

このような疑問を抱かせるような言葉を何回も使ってしまいますと、相手は話が分かりにくいと感じて不快感を得てしまいます。これは印象が悪くなってしまいますね。

好印象な言葉遣いを意識するのであれば、誰もが解るような言葉を使って話をすると良いでしょう。専門用語や一部の人にしか分からないような言葉は使わないほうが良いのです。

自分自身の博学なところをアピールしたいという自尊心から、つい難しい言葉を選んでしまう方もいます。しかしそれは相手には理解しにくい話に感じるだけです。

どうしても専門用語などを出す時は、「○○という、こういう働きをする機械があるのですが〜」というように、先に説明を言うようにすると好印象につながるでしょう。

 

沢山のボキャブラリーを身につける

キャブラリー
好印象を与える言葉遣いには、沢山のボキャブラリーを持っていることも大切な要素となっていきます。上記のシンプルに話すという事に矛盾しそうですが、この場合は話しているときの気分を明るくして好印象につながると言えるのです。

ボキャブラリーと言うと意味としての言葉ではありますが、一方で表現という意味でも使われることもあります。つまり、豊富なボキャブラリーは場を和ませたり笑いを取ることもできると言えるでしょう。

例えば相手が「昨日新しいバッグを買ったけど、よく見たらポケットがあまりついていなくて…」と言ったとしましょう。この時に「それはジャガイモの入っていないカレーの様ですね」と返せば、「確かにそのくらいイマイチでした」と言いながら盛り上がるでしょう。

このように、ちょっとした世間話の中でも盛り上がる話ができれば好印象につながるのです。相手からは「あの方は楽しい方ですね」と評判を得ることができるでしょう。

話をすると言うことは、いくら仕事関係の人と言っても仕事の話しかしないわけではありませんよね。世間話などもする機会があります。その時に豊富なボキャブラリーを持つということも、好印象を与える言葉遣いの一つと言えるのです。

 

言葉遣いというと一語一語に気を付けるというイメージがあります。それは決して間違いではなく、敬語を最低限覚えることは好印象に繋がるのです。

先ほども言いましたように、最近では敬語を使えない方が増えていますので、逆に覚えておくことで評価が上がるのです。「です、ます調」は一番印象に繋がりやすい言葉遣いとも言えるでしょう。

そして言葉遣いには物事の言い方や表現も関係してきます。分かりにくい言葉を使わないことも言葉遣いですし、場の空気を盛り上げることも言葉遣いなのです。どちらも印象は良いものでしょう。

言葉選びが難しいと思う時もありますが、まずは相手に失礼の無いようにという事を意識することが大切です。難しく考えるとかえって失敗してしまうこともありますので、少しすつコツを意識しながら慣れて行くようにすると良いでしょう。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました