今すぐ実践!職場の人間関係を劇的に改善する5つの方法

今すぐ実践!職場の人間関係を劇的に改善する5つの方法
職場の人間関係は出来れば良い方がいいに決まっています。でもこの人とは相性がいいけれど、この人は苦手・・というようなこともあるかもしれません。そういう時でも笑顔で付き合っていかなくてはいけないので、大変ですよね。
でも職場の人間関係を今よりも良くする方法を知っていれば、もっと楽に苦手な人とでも接する事が出来るようになるかもしれません。その方法が役に立つかも知れないのです。



 

今すぐ実践!
職場の人間関係を劇的に改善する5つの方法

 

その1: 笑顔でいるように心がける

八方美人でいるという必要はありません。ただ出来るだけ笑顔を見せることにより印象が良くなります。笑っていてはいけない場面で笑うということはいけませんが、そうではないような場合でしたら出来るだけ笑顔を見せるようにしましょう。
そうしているうちに、相手も笑顔を見せてくれるようになるかもしれません。必要以上に笑うことは無いかもしれませんが、相手と話す時に出来るだけ笑顔を取り入れることにより、相手は「自分は嫌われていなかったんだ」と安心感を持つかもしれません。

こちらが相手のことを苦手というように思うと、それは自然と相手に伝わりやすいものです。そして伝わることにより相手もこちらのことを苦手だと思ってしまうようなことになるのです。
ということは最初からこちらが笑顔でいることにより、相手も笑顔になってくれる可能性が高いということなので、人間関係の改善に大きく繋がることでしょう。

 

その2: 聞き上手を目指そう

相手は何か伝えたいことがあり、それを伝えることによりすっきりするということも多いです。でもその伝え方が怒り口調だったり、激しい言い方だったりする時は、こちらも負けていられない!と思うかもしれません。
でもそういう時には、ひとまず受け止めてあげることが必要です。なぜそのように怒っているのかということを聞いてあげましょう。そして受け止めているうちに相手は段々穏やかになって来ます。
その時にゆっくりとこちらの思うことを伝えればいいのです。こちらも同じようになって相手と張り合うようにして話してしまうと、相手はこちらのことを敵だというように思ってしまうかもしれません。
自分は味方ですというようにして、まずは相手の憤りをこちらで聞いてあげるようにしましょう。そうすれば相手は落ち着くはずです。そしてお互いの関係も悪くなることはないでしょう。

 

その3: 相手を褒めるようにしてみましょう

相手のことがあまり好きではなくても、円滑な人間関係をというように思うのであれば、さすが○○さん!というようにして褒めてあげることが必要です。それによって、相手はとても嬉しい気持ちになるでしょう。
でも持ちあげてばかりいても疲れる・・と思うのであれば、本当にたまに褒める程度でいいのです。あまり褒めすぎるとお世辞というように取られてしまって、せっかく褒めていることが台無しになってしまいます。
ある程度の間隔をもって褒めるようにしましょう。そして褒め方もわざとらしくないようにあくまでも自然に、そして感動したような褒め方が効果的です。それを見て相手は自信をつけるでしょうし、こんなふうに言ってくれるなんて、と喜ぶはずです。
相手を喜ばせることをするということは本来は人間関係を良くするためには必要なことなのです。自分は全然そうは思わないということでしたら、褒める必要はありません。でもなるほど、そういう考えもあるんだというように思うことでしたら、褒めてみてもいいと思います。
そして相手の反応がどのようなものか、少し冷静に見てみましょう。

 

その4: 相手を分析することは重要

相手を探るということはあまりしたくないことかもしれません。でも相手がどういうタイプでどういう時に喜ぶのかということを観察して、把握しておくのは重要なことです。それによって、とても人間関係が楽になるのです。
自分のことを知ってほしいという気持ちをあまり持ちすぎることにより、相手から見るとそれが重荷になることもあるのです。確かに自分のことは伝えたいですが、そこは少し我慢をして、まずは相手を知ることから始めてみましょう。
そして相手の情報について一度聞いたら覚えておくといいかもしれません。そしてそれを二人の時にでも言ってみると、相手は「覚えていてくれたんだ」というように感動することもあります。
相手が上司から褒められたことを見て、それについて数日経ってからその話をするのもいいですね。相手がどういう態度に出るのかということを観察してみましょう。きっと見えてくるものがあります。

 

その5: 優しいとお人好しを間違えない

優しくしているつもりが、お人好しになっていることってありませんか?この二つを間違えると、結局は人間関係がうまくいきません。相手からみるとうまくいっているかもしれませんが、こちらは疲れているというような状態です。
優しさというものはこういうもの、そしてお人好しというものはこういうもの、ということを自分の中でしっかりと理解をして人との関わりを持ってみましょう。

 

職場の人間関係について気を使うことは結構多いと思います。人と人の間に入ることもあるでしょう。でも実際に自分が誰かから助けてもらうようなこともあるのです。職場という場所だからプライベートとは分ける必要があります。
でもあまりにも分け過ぎると、職場の人間関係はうまくいきにくいです。あまり分け過ぎずに、そこでの自分の立場や考え方というものをまずは大切にしていくことをベースにすると良いでしょう。

 

まとめ

今すぐ実践!職場の人間関係を劇的に改善する5つの方法

その1: 笑顔でいるように心がける
その2: 聞き上手を目指そう
その3: 相手を褒めるようにしてみましょう
その4: 相手を分析することは重要
その5: 優しいとお人好しを間違えない

あなたの環境を見直そう!

今日は、あなたが現在どのような人間関係を持っていて、どのような意識を持ち、何を行えば良好な人間関係を築くことが 出来るかを知ることが出来る、ワーク形式のエクササイズシート 「コミュニケーションマップ」を用意しました。ぜひあなたの目標達成のために活用してください!

あなた自身に変化を与えることで、抱え る人間関係の問題の多くが解決し、良好なコミュニケーションに 恵まれる素晴らしい毎日を送ることができますよ。

 

人間関係を改善する為のワークシート
コミュニケーションマップはこちらからどうぞ

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント