なぜ人の気持ちがわからないのか。友達が少ない人の特徴

なぜ人の気持ちがわからないのか。友達が少ない人の特徴
世間には、友達の多い人と少ない人がいます。友達が少ない人というのは、人の気持ちがわからない人なのです。皆さんの周りにも、ごく自然に人と友達になれる人がいると思います。学校でも会社でもサークルでも、当たり前のように人と知り合い、すぐに友達になれる人。

ところが一方で、どういう場所に行っても、なかなか人と知り合えない人というのがいるのです。外見的に劣っているわけでもないし、勉強ができないわけでもない、なのに友達が全然できない。こういう人たちには共通した特徴というのがあります。

人の気持ちがわからないため、周りの人が何を感じているか、何を欲しているかが理解できず、周囲から浮いてしまうのですね。この点を改善しないと、友達はできないのです。ということで今回は、人の気持ちがわからないがゆえに友達が少ない人の特徴についてお伝えします。



 

なぜ人の気持ちがわからないのか。
友達が少ない人の特徴

 

人の気持ちがわからない人は人の話を聞いてない?!


人の気持ちがわからない人に共通している特徴は、人の話を聞いていないということです。人に好かれる人というのは、人の話をよく聞いて、相手の話を理解してあげられる人。それができるだけで、また会いたいと相手に思わせることができます。

逆に、人の話を聞かず、相手が話しているときにその話の腰を折って話し始めたり、自分のことばかり話し続けたりする人は、次第に友達を失っていきます。会話の基本は話すことではなく、聞くことにあるといわれるくらい、聞くことは大切なのです。人の気持ちがわからない、友達がなかなかできない、出来てもすぐに人が離れていってしまうという人は、努めて人の話をよく聞くようにしましょう。

人の話をよく聞く、と簡単に言いますが、実はなかなか難しいことです。人は会話中、聞くことと話すことを同時にこなしています。普通の人でも、相手が話している間、その話を聞きながら、自分が次に何を言うかを考えているのです。

相手が何かを話しているとき、「あ、そういう経験自分にもある!」と思うことは誰にでもあると思います。そういうとき、すぐに相手の話をさえぎって、「私もねー」などと話しかけず、相手の話を最後まで聞き、きちんと相槌を打ってから、自分の話しをするようにしましょう。そうした小さな気遣いをするだけで相手の貴方に対する対応も変わってきます。

 

人の気持ちがわからない人は失言が多い?!


人の気持ちがわからない人、友達の少ない人の特徴は、余計なことを言うところです。いわゆる、一言多い人ですね。よく、無口で口下手の人は友達が少ないと思われがちですが、それはちょっと違います。

無口で口下手でも、聞き上手で的確な応答が出来る人は友達に恵まれています。友達が少ないのは、言わなくても良い一言を口にする人、余計な一言を飲み込めない人です。その一言が、友達を減らすことになってしまっていることに気付きましょう。

では、どうすれば失言をなくせるのでしょうか?一番大切なのは、相手の嫌がりそうなことは言わないようにすることです。人の気持ちがわからない人は、この点をおろそかにしている人が多いです。誰にでも、ちょっと意地悪を言いたいときってあるものです。でも、それを自分が言われたらどう思うかを考えてみてください。

そして、自分が言われて嫌だと思うようなことは一切口に出さないようにします。それだけで、人間関係はぐんと良好になりますし、次第に人の気持ちが分かるようになってきます。それでも、どうしても余計なことを言って人を怒らせてしまうという人は、まず、発言を控えることから始めてみましょう。

人間には口が一つ、耳は二つ、これは多く聞いて、少し話しましょうということだと昔の人は言いました。人の話をよく聞いて、言うべきことだけ言うように心がけていると、段々友達も増えてきますよ!

 

人の気持ちがわからない人は自分のことばかり考えている!


人の気持ちがわからない人は、自分のことばかり考えている人です。そのせいで、相手の欲していることが分からず、友達もできません。

こういう風に言うと、「そんなことない!ちゃんと相手のことも考えてる!」と反論されそうですが、人の気持ちがわからない人たちは社会経験が浅いため、相手のことを考えているつもりでも、実は自分基準になっていることが多いのです。

そのため、相手の立場に立つということができず、考えても考えても、思いが空回りしてしまいます。そして、結果的に、相手に嫌な思いをさせてしまうのです。

人の気持ちがわからないと訴える人には、社会経験の少ない人が多く見られます。社会経験というのは、働いた経験ということではなく、人と積極的に接した経験です。年齢は同じでも、学生時代にクラブやサークル、あるいはバイトなどで人間関係でもまれてきた人は、人を見る目が養われているので、相手が何を欲しているかを見極めることができます。

そうした経験の全くない人は、人との接触が薄いため、相手のことを考える習慣がないのです。自分は人の気持ちがわからないという実感のある人は、少しずつでも外に出て、視野を広めることが大切なのです。交友関係を広めることで、人の気持ちにも敏感になってくるものですよ!

 

人の気持ちがわからない人は、どうしても人から避けられてしまいます。人の気持ちが分からなくて友達が少ない人には、会話のとき相手の話を聞いていないという特徴があります。相手の話を聞かず、話の腰をおって自分のことばかり話してしまうタイプの人は、話しづらい人、コミュニケーション能力の低い人と思われてしまいます。

また、会話の中で余計なことを言ってしまう、言わなくて良い事を黙っていられないという人も、友達を失いがちです。こうした人たちの多くは、社会経験が浅いため、自分のことばかり考えているのですね。人の気持ちがわからないという実感を持っている人は、少しずつでも外の社会に出て行って、交友範囲を広めていきましょう!

 

まとめ

友達が少ない人の特徴は、

・人の話を聞いてない
・余計なことを言う
・自分のことばかり考えている

の三つです。心当たりのある人は気をつけましょう!

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント