読めば納得、早起きは三文の徳!ホントに凄い理由とは。


読めば納得、早起きは三文の徳!ホントに凄い理由とは。早起きは三文の徳なんて言われているけど、「本当に?」なんて思っているひとも多いのではないでしょうか。

結果からいうと本当です。

私の周りでも、成功している経営者、ビジネスマン、アーティストは、みな例外なく早起きです。

そう、早起きには お金には代えられない価値やメリットがあります。

なぜなら、一つ目は、早起きはあなたの心の闇を取ってくれる効果があるからです。また、二つ目は、早起きは、あなたにイマジネーションを与えてくれるからです。

それでは、早起きは三文の徳の本当の意味をお話します。



 


早起きは三文の徳:心の闇を取る

私たち人間も、所詮動物、 人類の歴史の中で、昼夜関係なく行動できるようになったのは わずかここ100年くらいのものです それ以前は、日の出とともに起きて、 日の入りとともに床につくのがあたりまえ それが過去、何十世代にもわたり続いてきたのです。

その常識が変化したのは、 わずかここ2〜3世代くらいで、それ以前は夜は眠るもの 常識や意識、行動は変わっても、 過去何十世代にもわたり、刻まれた私たちの中にあるDNAは そうそうすぐには変わりません  。
いくら夜活動できるようになったとはいえ やはりひとの身体は、朝起きて夜眠るように出来ています。
ですから、そのサイクルが乱れれば身体は痛み、心は病んでしまいます。

規則正しい生活をしているひとは 身体は若々しく、心も健やかな場合が多く 逆に乱れた生活をしてるひとは 身体が痛み、心に病を抱えるケースが多くみられます。

なんとなくでも結構ですから、イメージしてみてください。

朝早く起きて規則正しい生活を続けているひとと
夕方に起きて朝方に眠る、夜の仕事をし続けているひと

心はどちらが健康だと思いますか?
身体はどちらが健康だと思いますか?


ふたつめは【朝は脳にとってのゴールデンタイム】

私たちの脳は朝が一番エネルギッシュで
一番よく働きます。

ビジネスマンや勉強をしているひとにとって
朝は実はいちばんのゴールデンタイムなんです。

 

本当に??と思うひとは こんな風にイメージしてみてください。

私たちの脳をガラスのコップに例えます。
朝は目覚めた時は中身は空っぽです。その空っぽのコップには一日のなかで、色々なことが起こって だんだんと「記憶」や「疲労」が注がれていきます

ほとんどのひとは夕方くらいには コップの中身はいっぱいになります。

そこから何か覚えようとしても、頭に入ると思いますか?
頭の中がいっぱいなのに、斬新で新しいアイディアが浮かぶと思いますか?

そんなわけないですよね。

そしてこのコップいっぱいに入った 「記憶」や「疲労」は
寝ている時に、きれいに整理されて 別の場所に移されます。 
もちろん上質な眠りが重要にはなりますが 寝ている時に頭の中が整理されて、コップが空の状態に戻るわけですから 朝起きた時が一番頭がクリアであるのは、理解できますよね。

では、その大事な朝の時間
会社や学校に向かうギリギリの時間まで寝ていて
毎日慌ただしい、、、
なんて、無駄な使い方をしていませんか?

終わらないからといって 夜中にだらだらと数時間かけて行う仕事や勉強や作業は 質も低く、効率が悪くなりがちです

同じ作業、朝ならサクッと終わります。

頭がクリアですから、一番エネルギーがある時間ですから

どうです? これって、早起きは三文の徳どころではないですよね。

心身を健やかに保ちたい、仕事や勉強の効率を上げたいと思うなら
ぜひあなたも早起きを意識してみてください。

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃいます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!

Comments

  1. 占い師、加賀喬妃 says:

    私も占い師ですが占いで助かるは四柱推命の
    命式の星が性格で自分を知るのに最適です。
    自分の短所と長所知っていて短所は気を付け
    長所は最大に生かせば生き方に無理がない
    後々は自然の摂理の生き方を勉強し宇宙自然の
    法則に従えば生き方が楽である
    生かされている喜びに感謝と神仏に感謝です。

コメント