失敗の本質がわからない人に効果抜群!目から鱗の思考術

失敗の本質がわからない
失敗した時、失敗の本質がわかっていないと次回も同じ失敗を繰り返してしまいますよね。毎回同じ失敗をしてしまう、あるいは、前回の失敗から何も学べていないと反省することが多いという方もいるかもしれません。

人生、失敗はつきものですが、失敗をした時に失敗の本質を見抜いて次回の失敗を防いだり、失敗を自分が成長するための糧にすることができるかどうかで、失敗で成長できる人になれるかどうかが決まります。

失敗を自分の成長や次回の成功のきっかけにしてくださいね。そのためには、まずは失敗の本質を見抜いたり理解することから始めなければいけません。ということで今回は、失敗の本質がわからない方のための、目から鱗の思考術をお伝えします。

失敗の本質は甘い見通し!自分が立てた計画を見直すこと

計画に不明瞭な部分があったり、甘い見通しのもとで計画を立てると失敗します。甘い見通しこそが失敗の本質!失敗したり計画通りに事が進まないときには、事前に立てた自分の計画を見直してみましょう。

計画のどこからに曖昧な部分や不明瞭な部分があったり、「こうなったらいいな」「こうなるだろう」という甘い見通しがありませんか。計画と現実に起きたことに違いがある部分こそが、不明瞭な部分や甘い見通しの部分ですよ。

失敗の本質を理解するときには、自分が立てた計画と現実に起きたことを比べ、計画のどの部分が現実ではうまくいかなかったのかを見つけてみましょう。

不明瞭な部分や甘い見通しの部分を見つけたら、そこを修正したり次回の計画では明確で現実的な見通しのもとで計画を立てるように気を付けます。

 

失敗の本質は期待や希望的観測!シビアに現実を見ること

失敗の本質の二つ目は「こうなったらいいな」という期待や希望的観測、これらを持って仕事をすると失敗します。「こうなったらいいな」という期待や希望的観測がその通りになることは、現実ではそうそうないからです。

たとえば、誰かが助けてくれることを前提に仕事をするのは失敗のもと!失敗したときには、自分に「こうなったらいいな」「誰かが何とかしてくれる」という期待や希望的観測がなかったか、振り返ってみてくださいね。

期待や希望的観測は無意識のうちに持っていることもあります。冷静に考えたら絶対に締切りに間に合わないタイミングで仕事を始めたとき、無意識のうちに「誰かが助けてくれること」を期待しています。

自分の行動を振り返ることで、自分の中に無意識の期待がなかったのかを確認!期待や希望的観測で失敗したときには、次回からはまだ確定していない手助けに期待したり観測を持たず、今目の前にある現実や条件で仕事を成功する方法を考えるようにしましょう。

 

失敗の本質は自分の能力の過信!自分の能力を高く評価しないこと

失敗の本質の三つ目は自分の能力の過信!自分を能力以上に高く評価することで失敗してしまうのです。自分の能力を過信するのには、その人の性格もありますが、それ以上に前回の成功体験が原因のことが多いです。

「前回はうまくいったから、今回もうまくできるはず」「難しい仕事をこなした自分なら、今回くらいの仕事は朝飯前だ」と自分の能力を過信した結果、うまくできるはずのことがうまくできなくなるのです。

失敗したときには、自分の能力を過信したり、過信するあまり仕事や課題を甘く見ていなかったか、自省してみましょう。

過去の成功体験を捨て、自分の能力を高く評価しないことで、次回は慎重に仕事に取り組むことができますよ。成功体験の大半は、運がよかっただけ、もしくは周囲の手助けがあったからこそと肝に銘じておくのがおすすめです。

 

失敗の本質は準備不足!万全の準備をすること

失敗の本質の四つ目は単純な準備不足です。いくら現実に沿った綿密な計画を立てても、計画を遂行するための準備が万全でなければ計画倒れになりますよね。失敗した時、自分が万全の準備をしていたかどうかを振り返ってみましょう。

計画を実行するぞというときになって、足りないものや忘れ物がなかったかどうか、事前に作成した準備リストに漏れがなかったかどうかを確認してみてくださいね。

準備リストに漏れがあったり、事前には必要だと思っていなかったものが必要だった場合は、次回からは準備リストの一番上にそれを書いておきましょう。

 

失敗の本質はマイナスイメージや不安感!自信を持つこと

失敗の本質の五つ目は「失敗するかも、失敗するに違いない」というマイナスイメージや不安感!マイナスイメージや不安を持ったまま仕事に取り組むと、失敗のイメージ通りのことが現実に起きたり、冷静さを失って失敗してしまうことが多くなります。

我が身を振り返ってみて、事を始める前からマイナスイメージや不安を持っていなかったかどうかを確認!次回からは自信を持って仕事に取り組むよう意識してみましょう。

自信を持つためには、穴のない計画や万全の準備が必要ですし、自分の能力を正確に評価することも大切です。

「これなら自信を持って仕事を始めることができる」という状態になるまで計画や準備をしておくことで自分に自信を持つことができ、同じ失敗をしないで済みますよ。

 

上記の通り、失敗の本質とは甘い見通しや希望的観測、曖昧で不明瞭な計画や準備不足です。失敗したときには、自分に甘さや「こうなったらいいな」という期待がなかったかどうか、計画に非現実だったり曖昧な部分がなかったかどうかを確認してみてくださいね。

一つずつ確認していくことで、自分の失敗の原因を見つけ、次回の成功につなげることができますよ。また、自分の能力を過信することも、また自分の能力を低く見たり過大な不安やマイナスイメージを持つことも失敗の本質です。

自分の能力を客観的に・正確に把握し、能力以上の計画を立てないように気を付けてくださいね。自分に自信を持てない方は、自信が持てるまで計画や準備を重ねることが大切!「これなら大丈夫」と自分で納得することができたら、自然と自信を持つことができます。



連記事

コメントをお書きください