男性心理をメールから 読み解き職場を円満にする7つの方法

男性心理をメールから 読み解き職場を円満にする7つの方法

メールは現代の恋愛事情において重要なツールであり、直接会ったり電話をするよりも頻繁に使用されています。告白や約束などの場面でもメールでコミュニケーションをすることが普通になり、SNSの普及で会ったことがない人とでもメールなら気軽にやり取りできるという人も少なくないでしょう。

しかし女性がメールを好むのとは対象に、男性の多くはメールでのやり取りが苦手だといいます。そのため男性は普通にメールを送っているつもりでも女性にすればそっけなく感じてトラブルの原因となることも。そこで今日は、男性心理をメールから読み解き、恋愛や職場での人間関係を円満にする7つの方法をご紹介します。



 

男性心理をメールから
読み解き職場を円満にする7つの方法

 

メールは男性の「連絡手段」と割り切ろう


女性はメールでその日の出来事や思ったことなどいくらでも会話を弾ませることができますが、男性にとってのメールは電話と同じ「連絡手段」にすぎません。そのため返信への意識が薄く、メールで連絡が来てもその話に重要性を感じなければ「面倒くさい」と感じて「返さなくてもいいか」と後回しになってしまうのです。

女性はメールをコミュニケーションの道具と考えていますが、男性はメールをするくらいなら会って話したいという人がほとんどですから、できるだけ会って話せる機会をつくるようにしましょう。

 

質問ばかりするのはやめよう


メールは質問系にすると返事をもらいやすいといわれますが、男性心理では質問ばかりされると尋問にあっている気分になります。短文の質問ならまだしも、長文メールに質問が羅列されていると、質問に返答するだけでなくメールを読むのもうんざりしてしまうのです。

ましてや「どう思う?」と質問しても、男性は「そう言われても…」と困ってしまい、面倒くさい女のレッテルを貼られてしまうかもしれません。相手にプレッシャーを与えないためにはできるだけ質問は控えるようにしましょう。

 

相手の行動を探らないようにしよう


「今何してる?」「今日は何してた?」「明日何するの?」女性同士であればなんてことない会話ですが、男性心理では束縛されていると感じます。特にそのメールを受け取ったときが仕事中や友達などと過ごしているときには、大きなストレスを感じて返信するのが億劫に感じてしまうでしょう。

気になる男性の行動は気になるものですが、関係を円満に続けるためには知りたい気持ちをグッとこらえて相手の行動を探らないように気をつけてください。

 

明るいポジティブな言葉を選ぼう


これは男性だけでなく誰にでもいえることですが、メールは言葉が全てですからネガティブな話題や言葉は避けたいところ。疲れた、うざい、つまらない、嫌い、などのネガティブな言葉が入っているメールは読んでいて面白いものではありません。

男性心理として暗い気持ちになってしまいます。恋愛であれ職場関係であれ、どんな男性でも話していて楽しいと思う相手とメールをしたいものですから、メールで嫌われないように注意しましょう。

 

長文にならないように気をつけよう


女性は悩みや報告、今日の出来事など、特別な理由がなくても文章が長くなることがあります。また長文メールでも負担に感じることはほとんどありませんが、男性心理でいうなら精神的拷問を受けている気分になるでしょう。

そもそも男性同士では日々の細かいことは話しませんので、これといった内容のない長文メールを見ると非常に面倒くさく感じてしまいます。男性で長文メールをもらって喜ぶ人はほぼいませんので、特に好意のある男性には絶対送らないようにしましょう。

 

返事がなくても気にしないようにしよう


今まで普通にメールのやり取りをしていたのに、あるときプッツリと返事が来なくなった…それはあなたの送ったメールの内容が悪いわけではなく、相手が何かをしている証拠です。女性はテレビを見ながら食事をしたり、会話をしながらメールの文章を作るなど複数のことを同時にできます。

男性は基本的に一度にひとつのことしかできません。相手からなかなか返事がこないとイライラするかもしれませんが、相手の男性は悪気がないことがほとんどですから、男性心理を理解して責めないようにしてくださいね。

 

「何も考えてない」ことを理解しよう


メールの内容がそっけない、返事が次の日になっても来ない…男性とメールをしていてストレスを感じる女性は多いでしょう。しかし男性は時にボケーッとしていたり、何も考えないままメールを送ってしまうことがあります。

男性心理は女性よりも一人の時間を重要視しますし、そもそもメール自体に重要性を感じていませんから、好きな相手にさえそっけないメールを送ることだってあります。こうしたときにはヒステリーを起こさずに、そっとしてあげるのがいいでしょう。

 

いかがでしたか。

メールは会話のやりとりが残りますので、誤解が生じにくく後から読み返せるというメリットがあります。受け取った内容が嬉しいものであれば何度も読み返してしまうことでしょう。しかしメールは便利な反面、男女の解釈やとらえ方の違いでトラブルに発展することもあります。

好かれようと努力していたつもりが嫌われてしまったり、避けられたり…。男女のメールの価値観は大きく違いますから、まずは男性心理をしっかりと理解することが大切です。

メールでの些細な一言が今後の関係に大きく影響することもありますので、男性の負担にならないように注意して恋愛や職場の人間関係を円満にしてくださいね。

 

まとめ

男性心理をメールから読み解き職場を円満にする7つの方法

・ メールは男性の「連絡手段」と割り切ろう
・ 質問ばかりするのはやめよう
・ 相手の行動を探らないようにしよう
・ 明るいポジティブな言葉を選ぼう
・ 長文にならないように気をつけよう
・ 返事がなくても気にしないようにしよう
・ 「何も考えてない」ことを理解しよう

あなたの環境を見直そう!

今日は、あなたが現在どのような人間関係を持っていて、どのような意識を持ち、何を行えば良好な人間関係を築くことが 出来るかを知ることが出来る、ワーク形式のエクササイズシート 「コミュニケーションマップ」を用意しました。ぜひあなたの目標達成のために活用してください!あなた自身に変化を与えることで、抱え る人間関係の問題の多くが解決し、良好なコミュニケーションに 恵まれる素晴らしい毎日を送ることができますよ。

人間関係を改善する為のワークシートコミュニケーションマップはこちらからどうぞ

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント