愛されて幸せになる。喜怒哀楽を豊かにする、感情表現7ステップ

愛されて幸せになる。喜怒哀楽を豊かにする、感情表現7ステップ

喜怒哀楽の感情表現は、いわば「コミュニケーションの潤滑油」。対人関係でのコミュニケーションを円滑に進めるためにも、感情を豊かに表現することはとても重要ですね。しかし、それって実は結構難しいですよね。

では、いったいどうすれば感情表現を豊かにすることが出来るのか?また、それを邪魔している要因はいったいなんなのか?

今日は皆さんの感情表現を豊かにする方法や、喜怒哀楽の感情トレーニングについてお伝えします。



 

愛されて幸せになる。
喜怒哀楽を豊かにする、感情表現7ステップ

 

感情表現を豊かにする方法 その1「優しさかもしれません」

「私は感情表現に乏しいと言われます。どうすれば良いですか?」という方も多いですが、感情表現が苦手な理由は本当に様々です。
最も多く見られる要因では、「優しすぎる」というものがあります。

具体的には、「相手の事を優先的に考えるため、自分の感情を自然と抑え込んでいる」と言えます。「まずは相手のことを考える」という「優しさ」が、あなた自身の感情を押し殺している可能性があるんです。

その証拠に、「やたらと感情を爆発させる人」っていますよね?そのような人たちは、「優しい人」と言えるでしょうか?ほとんどのケースで「NO」ですよね?結局、「優しさ」が「大人しさ」に結び付き、それが感情を抑え込んでいるだけ。

したがって、「私は感情表現が苦手だ…」と落ち込むのではなく、「私は優しい人なんだ」とポジティブに考えてみきましょう。

そんなふうにポジティブに考えるだけでも、「感情を表に出すのが苦手だ…」という落ち込みを軽減させる効果がありますよ。

 

感情表現を豊かにする方法 その2「日記を付ける」

感情表現を豊かにする方法の1つとして、よくあるのが「作文」。

小学校の時に読書感想文を書かされたと思いますが、あれは一種の感情表現のトレーニングなんです。

もちろん、大人でも作文を書いて感情表現のトレーニングをすることは可能です。作文の中で喜怒哀楽を存分に織り交ぜることで、トレーニングとしては十分な効果を得られるでしょう。

しかし、なかなか大人になって作文を書くのは面倒ですよね?そこで、「日記を付ける」という方法が有効なのです。しかも、専用の日記帳を買う必要はありません。

少し厚めの手帳を購入してください。そこに3~5行ほどの簡単なものでも良いと思います。しかし、その日にあったことを列記するだけではなく。あくまでも感情表現のトレーニングですから、以下の点に注意して書き込みましょう。

■「楽しかったこと、腹が立ったこと」をセットで書く
■「嬉しかったこと、悲しかったこと」をセットで書く

まずは、上記のうち1つを選んで下さい。どちらでも構いませんし、その日によって使い分けても良いでしょう。理想を言えば喜怒哀楽の全てを3~5行で表現すると良いのですが、最初は難しいと思いますので、「楽しい⇔腹が立つ」や「嬉しい⇔悲しい」など、正反対の感情をセットで書くことが重要です。

これを毎日続けるだけでも、徐々に自分の中で感情が湧きたってくることを実感できるでしょう。

 

感情表現を豊かにする方法 その3「感動できない…は勘違い」

喜怒哀楽を表現するのが苦手な人が持つ悩みの中に、「感動するってオススメされたのに、私が観ても感動しなかった…」や「この本すごく良いよ!と言われたのに、私が読んでも何が良いのか分からない…」というものがあります。

つまり、世間一般的には「感動する」と言われる作品や映画でも、あなたは感動することが出来ないのです。結果、「私は無感情な人間かも…」と悩むことになってしまいます。

しかし、冷静に考えてみて下さい。小説や映画など、個人の好みによって感動できるかどうかは大きく異なるのです。一応、世間一般的に通用する「多くの人が感動できるライン」は存在しているものの、そこから外れている人もたくさんいるのです。

私だって、大衆受けする映画や小説にはあまり興味がありません。自分の好みに正直に、その世界の作品を深く楽しむことが好きなのです。なので、周りからは「変わり者だね」なんてよく言われます。

もし、あなたが大衆受けする作品に感動できなくても、何も悩むことはありません。要するに、「自分の興味にピッタリな作品やジャンルに出会っていない」というだけなのです。

ですので、焦らずにじっくりと自分の好みを探求するようにしておきましょう。むしろ、周りから「変わり者」と呼ばれる人の中に、天才が眠っているのかもしれませんよ。

 

感情表現を豊かにする方法 その4「失感情症は治療すれば治る!」

「喜怒哀楽の感情表現にかけており、空想力や想像力に欠ける」という場合、多くは「感情表現のトレーニングをすれば改善する」と言えるのですが、中には改善しないケースも考えられます。

1970年代になって生まれた概念であり、今では「病気」として認知されている「失感情症」をご存知でしょうか?また、失感情症は「アレキシサイミヤ」とも呼ばれており、トレーニングで感情表現に改善が見られない場合は、この病気を疑ってみることも視野に入れてください。

以前は、心の病気として「うつ病なのか?」や「心の問題なので解決できない」と言われてきましたが、今では治療可能なものとして改善する可能性は十分にあるからです。

さて、アレキシサイミヤの場合、「社会生活に不適応なのでは?」と思ってしまうかもしれません。しかし物事を客観的に捉える能力は持っているため、むしろ「過剰に適応してしまう」という特徴があります。

つまり、周りと自分との違いに過剰に反応してしまい、それが大きなストレスとなって心に積み重なり、結果、心身症(うつ病)を発症してしまうケースが多いんのです。

こうなると治療が難しくなることも考えられるため、「どうして私は自分の感情の動きを察知できないのだろう…」や「どうして私の心には感情が芽生えないのだろう…」と思うなら、一度、専門医に診てもらった方が良いかもしれません。

ストレスを放置してうつ病になることを考慮すれば、アレキシサイミヤの状態で治療を受けた方が全然早く治りますからね。

 

感情表現を豊かにする方法 その5「挨拶とお礼で感情を表現してみる」

感情表現を豊かにするトレーニングは様々ありますが、「挨拶とお礼」が簡単なトレーニング方法として人気です。

感情表現が苦手な人の場合、「話し言葉が棒読み」や「挨拶やお礼が上手く言えない」というケースがあります。「話し言葉」は長期のトレーニングが必要ですが、挨拶やお礼であれば短い言葉なので、簡単に実践することが可能です。

なので、率先して職場や学校で「おはよう!」や「オッス!」などと声掛けをしておきましょう。これをするだけでも大きく自分の表現が改善しますので、「明日から実践できる方法」として効果的なのです。

もう1つ、「お礼」もかなりオススメですよ。ただし、「ありがとう」と一言で終わらせるのではなく、「何に対してのお礼なのか?」もついでに述べておくが大切です。

たとえば、同僚が仕事を手伝ってくれたとします。その場合、「○○さんが手伝ってくれて助かりました。おかげで早く帰れそうです。ありがとうございました」という感じで述べるのです。

言葉で「ありがとう」と言うだけは簡単です。しかし、「何が助かったのか?」を理解しなければ豊かな感情表現には結び付きません。したがって、「何に対してのお礼なのか?」も一緒に述べることが大切なんですよ。

そうすることで、「なぜ、私は嬉しかったのか?」を理解できるようになるため、「喜び」の感情表現が徐々に上手になっていくことを実感できるでしょう。

 

感情表現を豊かにする方法 その6「相手の感情を表現する」

「感情を上手く表現できない…」という方が多いですが、その要因の1つとして、「まず相手の事を優先して考えている」という、一種の「優しさ」が考えられます。つまり、相手を優先して考えているからこそ、自分の感情を抑え込んでいるのです。
これは克服するに簡単なことではなく、「がめつい人間になって下さい!」と言われてもなかなか難しいかもしれませんね

ですから、その場合は、「相手の感情を相手に代わって表現してみる」という方法を取りましょう。相手が仕事の辛さを語っている時は、相手に代わって「辛い表情」をしてみましょう。面白い話をしているなら、相手に代わって笑顔を作ってみましょう。

あなた自身の感情は復活していないかもしれませんが、少なくとも、相手からすれば「この人は感情表現が上手だな~」と思われるのです。そう思わせるだけでも、「豊かな感情表現」として相手に伝わります。つまり、「コミュニケーションの潤滑油」としての役割は十分に果たしています。

 

感情表現を豊かにする方法 その7 「とにかく一度爆発させてみる」

それでも、なかなか自分の感情を表現出来る場所がない、、、、というのであれば、これを使ってみてください。家の中で「喜怒哀楽」の感情を表現する為のトレージング音声です。

ナレーションに合わせて、感情をググッと引き出して、恥ずかしがらずにとにかくやってみる事!「笑う」「怒る」「悲しむ」「楽しむ」これらの感情を自分の限界ギリギリまで、おもいっきり吐き出しましょう。

必ずスッキリとした気持ちになります。「喜怒哀楽」の感情を引き出す事で、ストレスが消えて清々しい気持ちになるのがわかるはずですよ。

音声を聞く:

いかがでしたか?こちらの音声は、ダウンロードすることができます。
気に入った方は、ぜひ、落ち込んだ時や気分が乗らないときに気軽に聞いて下さいね。

 

如何でしたか

喜怒哀楽の感情表現を矢高にするトレーニングは様々あり、それらを実践することによって感情を豊かに表現することが可能になります。

その一方で、「アレキシサイミヤ(失感情症)」のような病気の可能性も考えられるため、「トレーニングor治療」の両方で解決策を模索することが大切です。

感情は、誰でもトレーニングや治療次第で豊かに表現できます。今は苦手かもしれませんが、いずれ、明るい笑顔で周りと接することが出来るよう、少しずつでも良いのでトレーニングを続けてみましょう!

 

まとめ

愛されて幸せになる。喜怒哀楽を豊かにする、感情表現7ステップ

感情表現を豊かにする方法 その1「優しさかもしれません」
感情表現を豊かにする方法 その2「日記を付ける」
感情表現を豊かにする方法 その4「失感情症は治療すれば治る!」
感情表現を豊かにする方法 その5「挨拶とお礼で感情を表現してみる」
感情表現を豊かにする方法 その6「相手の感情を表現する」
感情表現を豊かにする方法 その7 「とにかく一度爆発させてみる」

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント