退職挨拶のスピーチで 皆に気持ちを伝えきる7つの話し方

退職挨拶のスピーチで 皆に気持ちを伝えきる7つの話し方

転職や結婚、出産、育児、独立、定年などなど、たとえどんなに好きな職場だったとしても現在働いている職場を去る機会は誰でも訪れますよね。辛いことも楽しいこともあった職場での最後の挨拶・・・。

「なにを話そう・・・?」、「どんな顔でみんなに向き合えばいいのだろう・・・?」、といろいろと考えてしまってなかなか退職挨拶のスピーチ内容が決まらないこともあるかと思います。

でも退職挨拶がなかなか決まらないのはみんな一緒ですよ。この記事では、自分の気持ちをうまくみんなに伝えきるスピーチのコツを読者の皆様に捧げます。聞き手の心に残る退職スピーチの一助となれば幸いです。



 

退職挨拶のスピーチで
皆に気持ちを伝えきる7つの話し方

 

感謝の気持ちを言葉にしましょう


仕事をする上では時に嫌な思いや大変な思いをすることもあったでしょう。もしかしたら苦い思い出の1つや2つがあるかもしれません。しかし、退職挨拶のスピーチではネガティブな話題は避けましょう。

よりによって最後の場面で苦いエピソードや愚痴のような話をわざわざ盛り込む必要はありませんよね。最後のあいさつになるので上司や先輩、同僚、後輩への感謝の気持ちを言葉にしましょう。

具体的に感謝を伝えたいエピソードがある場合には「○○の際には特にみなさんにお世話になりました。ありがとうございました。」という具合に簡単にエピソードを混ぜた挨拶をしても良いでしょう。その際にはあまりにも内輪なネタを話さないように気を付けましょう。

 

涙はこらえましょう


何かの理由で大好きな職場を後にするような場合は感極まって涙がこみ上げてくることもあるかもしれません。しかし、そこはグッと堪えましょう。

泣いてしまってはせっかくの感謝の言葉が涙声にかき消されてしまいかねませんし、聞いている方も反応に困ってしまうことがしばしばです。ほろりと涙がこぼれるぐらいなら温かい目で見てもらえますが、大人の本気の号泣となると周りを困らせてしまいますからね。

 

残る人への激励を盛り込みましょう


あなたは職場を去りますが、職場に残る人ももちろんいるわけです。あなたがいなくなってからも会社は存続し、プロジェクトや事業も進行していくのです。

ですので、残る人たちへの気遣いの一言も盛り込めるとよいでしょう。難しく考えず、進行中のプロジェクトの事だったり、新しい事業の事だったり、について成功を願う気持ちを言葉にしましょう。

 

最後は笑顔でおわりましょう


スピーチの途中で涙ぐむことがあったとしても、最後は笑顔で「ありがとうございました」と言って終わりましょう。

公式に職場のみんなの前で挨拶するのはこれが最後です。みんなの記憶に残る顔は笑顔である方が良いですよね。感謝の気持ちを込めた温かい笑顔でスピーチを終えましょう。

 

大きな声ではっきりと話しましょう


せっかく考えたスピーチも聞こえなかったら意味がありませんよね。普段は小さな声で話している人も人前であいさつをするときには大きめの声でハキハキとしゃべることを意識しましょう。

しゃべる時には自分の一番遠くにいる人に向かってしゃべるようにすると自然と大きな声で話すことができます。

 

早口にならないように気を付けましょう


緊張するとついつい早口になってしまいがちです。意識して普段より少しゆっくりなペースで話しましょう。アナウンサーが一分間に読む文字数が400字、原稿用紙一枚分だと言われています。

スピーチをする場合にはそれより多少ゆっくり読むぐらいでちょうど良いでしょう。どうしても緊張して早口になってしまう人は普段より大きく口を開けて話すことを意識してください。

そうすると一つ一つの音をはっきりと発音できるので早口になってしまってもきちんと言葉が聞き手に届きます。

 

個人的なエピソードは個人的な場面で話しましょう


職場にはいろいろな人がいますから、よく面倒を見てもらった上司や先輩、切磋琢磨した同期、慕ってくれていた後輩など、特に親交が深かった人というのが何人かいるでしょう。

しかし、公式なスピーチという場では個人的な思い出話やエピソードなどのいわゆる「内輪ネタ」は控えましょう。一部の人にしかわからないような話では聞いていてつまらない人も出てきてしまい、その人にとってはあまり気分のいいものではないですよね。

どうしても話したいことがある場合には個人的にお昼にランチに誘ったり、会社帰りに飲みに誘ったりして積もる話をしましょう。

 

いかがでしたか?

この記事をよんでいらっしゃるあなたは様々な思いを抱えて退職なさるのだと思います。

新しい職場に移られる方、事業を起こすのに挑戦する方、新しいパートナーと歩んでいくことを決めた方、第二の人生をスタートされる方、退職の理由はさまざまだと思いますが、「終わりよければすべてよし」、「立つ鳥跡を濁さず」です。

退職のスピーチと言うのは現在の職場に残るあなたの最後の印象を決める挨拶なので後悔が残らないような挨拶をなさってくださいね。そして気持ちよくそれぞれの新しい生活をスタートさせましょう。

読者のあなた様の新しい生活でのご多幸を、微力ながら筆者もお祈りしております。

 

まとめ

退職挨拶のスピーチで皆に気持ちを伝えきる7つの話し方

・ 感謝の気持ちを言葉にしましょう
・ 涙はこらえましょう
・ 残る人への激励を盛り込みましょう
・ 最後は笑顔でおわりましょう
・ 大きな声ではっきりと話しましょう
・ 早口にならないように気を付けましょう
・ 個人的なエピソードは個人的な場面で話しましょう

プレゼンを成功させる為に!

面接やプレゼンを行う目的意識や目標を明確にして、プレゼンテーションを確実に成功させる為のワークシート「プレゼンテーションワークシート」を作りましたぜひ活用してください。

プレゼンテーションワークシート 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント