職場の人間関係を自然に改善できる5つの挨拶とその方法

・職場の人間関係を自然に改善できる5つの挨拶とその方法

職場において人間関係は仕事よりも神経を使い、ストレスを抱えやすいですよね。それぞれ育った環境が違い、様々な人間がいる世界でもコミュニケーションを取ってうまく生きていかなくてはいけないのが社会人。

社会人にとって、コミュニケーションの基本は”挨拶”ですよね。学生時代でも挨拶は欠かせないものですが、社会人になると挨拶はそのままその人の印象へとつながるものなのです。

挨拶の言葉、姿勢、全てがその人の評価や信頼となるほどの影響力を持っているんです。また、挨拶を正しく行うかどうかは、職場の明るさにも影響してきますよ。そこで今回は、職場の人間関係を自然に改善できる5つの挨拶とその方法をお伝えします。



 

職場の人間関係を
自然に改善できる5つの挨拶とその方法

 

正しいお辞儀をしよう


お辞儀は挨拶の基本ですよね。職場の人間関係を形成するうえで必要なことですが、相手との関係、立場次第でお辞儀の仕方は変わるものなんです。正しいお辞儀をしてあなたの印象を良くしましょう。

【お辞儀の仕方】
1・背筋を伸ばして直立したまま相手の目を見て挨拶の言葉をかける。
2・頭ではなく腰を曲げて上半身を下げる。
3・そのまま少し停止してから、頭を上げる。

★腰を曲げる角度によって意味合いが変わってくる!
15度 = すれ違いざまなどの軽い挨拶
30度 = 一般的な挨拶
45度 = 謝罪などの最敬礼

お辞儀に限ったことではないですが、作業をしながらの挨拶は絶対にやめましょう。無愛想、社交性がないなど、職場の人間関係に悪影響をもたらしてしまうかもしれませんよ。

 

正しい挨拶の言葉を使おう


挨拶の言葉には様々な種類がありますよね。その時代、年代によって意味合いが変わり、本来の意味合いが分からないといった方も度々目にします。

挨拶の言葉を誤ると、「礼儀がなっていない、仕事ができないのでは…」と、思われてしまう場合もありますよ。正しい挨拶の言葉を使うことは、お辞儀と同様、職場の人間関係において重要なことです。

間違えやすい挨拶の言葉をいくつかご紹介するので、覚えておいて下さいね。

★間違えやすい挨拶の言葉
1.「ご苦労様」これは目上の者が目下の者をねぎらうときに使う言葉なので「お疲れ様です/でした」の方が好ましいです。

2.二重敬語はマナー違反二重敬語とは同じ種類の敬語を一つ以上使うことです。主に尊敬語を重複させてしまうケースが多いので注意しましょう。

(例:×おっしゃられていました、○おっしゃていました)正しい挨拶の言葉を使うと、職場の人間関係に好影響を与えるだけでなく、社会人として一段レベルアップしますよ。

 

退社の際は、一言付け加えるだけで好印象に!


職場によって退社の時間は様々ですが、退社のタイミングに悩むのは共通だと思います。「定時になっても上司よりも先に退社するのはどうか…?」などと、人間関係を気にしてしまうものですよね。

そんなときは退社の挨拶「失礼します」の前に「お先に」を付け加えてみましょう。「お先に、失礼します」これだけで随分印象が変わりますよ。職場の人間関係が穏やかになると思うので、是非試してみて下さいね。

 

頼みごと等をするときは一言付け加えてみよう


職場で何か頼みごとをするときの言葉を思い浮かべてみてください。その言葉に以下の言葉を付け加えてみてください。

「お手数をおかけしますが…」「ご面倒をおかけしますが…」「お忙しいと思いますが…」少し印象が良くなりましたよね?頼みごとをするときは職場の人間関係を気にしてしまいますよね。

こういった言葉を付け加えるだけで、相手は前向きな気分で引き受けてくれると思いますよ。頼みごと以外でも使える言葉なので、是非覚えておいて下さい。

 

挨拶は表情と積極性も大切にしよう


挨拶に欠かせないのは言葉やお辞儀といったことだけではありません。まずは、「笑顔」です。想像してみて下さい。正しい言葉、正しいお辞儀でも笑顔のないボソッとした挨拶を…。無愛想で何かスッキリとしませんよね。

笑顔で明るい挨拶をすると、自分も相手も気持ちよく一日を過ごせますよ。また、口調は明るくはっきりと喋るように努めましょう。

「積極性」も心がけよう。受け身の意識だと、社交的ではないと悪印象を与えたり、上司に先に挨拶をさせることになってしまいます。失礼のないように、職場の人間関係を円滑にするためにも積極的に挨拶をしましょう。

普段関わりのない部署や人に対しても同様です。配達員など、特別面識のない方にも積極的に挨拶をすることは職場を明るくしますよ。また、他部署の方でも挨拶を交わしておくと、困ったときに助けてくれるかもしれませんよ。

会社の行事などで突然遭遇したときも距離感が縮まった状態だと会話がしやすいですよね。単なる会釈だけでも良いので積極的に行いましょう。

 

いかがでしたか。

たかが挨拶。されど挨拶。「お疲れ様でした、ありがとうございました」他人にそういった声をかけてもらえると単純に嬉しいですし、明るい気分になれますよね。

挨拶とはそれほど大きな影響力を持っているもので、職場の人間関係は挨拶一つで大きく変わってしまいます。正しく行わないと悪い方に変わってしまいますが、たった一言、たった少し意識を変えるだけで好印象へと変わるのです。

また、挨拶は自分、他人、職場の雰囲気を前向きにし、職場の人間関係にポジティブなパワーも与えてくれます。

職場は一日の大半を過ごす場所。そういった場所に一緒にいるなら、無愛想や教養のない人より、明るくハキハキとした人の方が好まれますよね。挨拶というきっかけで、明るく楽しく職場を過ごして下さい!

 

まとめ

職場の人間関係を自然に改善できる5つの挨拶とその方法

・ 正しいお辞儀をしよう
・ 正しい挨拶の言葉を使おう
・ 退社の際は、一言付け加えるだけで好印象に!
・ 頼みごと等をするときは一言付け加えてみよう
・ 挨拶は表情と積極性も大切にしよう

あなたの環境を見直そう!

今日は、あなたが現在どのような人間関係を持っていて、どのような意識を持ち、何を行えば良好な人間関係を築くことが 出来るかを知ることが出来る、ワーク形式のエクササイズシート 「コミュニケーションマップ」を用意しました。ぜひあなたの目標達成のために活用してください!あなた自身に変化を与えることで、抱え る人間関係の問題の多くが解決し、良好なコミュニケーションに 恵まれる素晴らしい毎日を送ることができますよ。

人間関係を改善する為のワークシートコミュニケーションマップはこちらからどうぞ

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント