壊れる前に乗り越えろ!問題解決力を手に入れる5つのステップ

壊れる前に乗り越えろ!問題解決力を手に入れる5つのステップ
昨今、あらゆる業種のビジネスシーンにおいて「問題解決力」の低下が取沙汰されています。問題解決力が低下した要因として、業務の過剰なマニュアル化やITによる情報技術の向上などが上げられる。つまり、問題が発生してもすぐに対処できる様にマニュアルが用意されていたり、問題に対する対処法がすぐに求められる様に情報技術が整っているという事です。

業務の効率化を進めた結果ではありますが、そういう環境での仕事に馴れてしまうと、進歩に伴う新たな問題の解決方法を導き出す事や、発展につながるマニュアルに無い問題解決方法を見つける事は難しくなってしまいます。

ビジネスの現場で日々発生する想定外の問題を解決する力が弱いという事は、将来的に事業が行き詰まる事になるだろう。そうなる前に、問題解決力を鍛えるための方法をお伝えします。



 

壊れる前に乗り越えろ!問題解決力を手に入れる5つのステップ

 

問題解決力アップのためのステップ1:基本的な手順を身につける

問題が発生した時、行き当たりばったりの解決や当てずっぽうの対策では、問題解決とは言えない。どんな問題にも対応できる様な、問題解決に至るまでの基本的な手順を身につける事が必要だ。

その問題解決に至る基本的な手順とは、俗に「PDCA」と呼ばれるもので、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)の頭文字を示している。問題が発生した際に、まず問題点を認識し、その問題に対する対策を考え、実行し、その結果をチェックして更なる改善策を考える。

そのように、問題に対してPDCAをくり返す事を身につければ、あらゆる問題に対応することが出来る様になるのである。

 

問題解決力アップのためのステップ2:便利なメソッドを習得する

世の中には、問題解決をサポートする幾つかのメソッドが存在する。それらのメソッドを習得すれば、スムーズに問題解決することが可能になる。しかし、ひとつのメソッドですべての問題が解決できるわけではない。問題の種類によって、使う問題解決メソッドを切り替えられる様なら、より強い問題解決力を手にすることが出来るだろう。

問題解決を補うメソッドとして、先に述べた「PDCA」もそのひとつである。他にも、どう行動するべきかを整理するための「デシジョンツリー」という手法や、新しい発想を導き出すための「マインドマップ」「ブレーンストーミング」などは知っている人も多いだろう。問題の状況により、解決策を導き出すために最適な方法を知っておくことも重要である。

 

問題解決力アップのためのステップ3:思考技術を高める

さて、問題解決の道筋を確認し、問題解決のための方法を用いたとしても、実際に問題を解決するためには、その解決方法を「思いつく」ことが必要になる。いくら問題点を明らかにしても、その解決策を思いつかないのなら問題は棚上げにされるままだ。
そこで、問題解決のための基本的な思考技術を身につけよう。ひとつは状況に囚われない思考をすること。問題が発生した時に、その問題の発生源を基点に思考していては解決策は見つからない。常にゼロベースの思考ができる様、普段から心がけておくことが必要だ。もうひとつの思考技術として、仮説思考というものがある。これは仮説を立てて、その仮説を検証し実行していくというもので、仮説を元に「とりあえずやってみる」ことで問題の解決を図っていく方法になる。

 

問題解決力アップのためのステップ4:実行力をつける

ネズミが猫の首に鈴を付けようとする、あの有名なイソップの寓話を知っていれば、この実行力の大切さは分るだろう。つまり、問題解決のためのどんなに優れたアイデアも、実行できなければ無意味ということだ。企業の中で問題解決を図ろうとした時、自分だけの実行力では解決できないことが多いだろう。その問題となる業務に関わる他部署、他機関の実行力を把握していなければ、解決策を導き出すことは難しいということになる。

 

問題解決力アップのためのステップ5:多角的な視野を持つ

問題解決のために的確な状況判断と解決策を導くための思考力、そしてその解決策を実行する力が必要なことは述べてきたが、それらの問題解決プロセスを「そもそも・・・」という視点で見ることができれば、問題の解決は更に容易になるだろう。問題は起らないにこしたことは無いが、問題が起ることで、どのような影響が出るのか、その影響がなくなれば問題は問題ではなくなるかもしれない。
その様な、俯瞰で物事を見たり、お客様の立場、上長の立場、経営者の立場など多角的な視野を持って問題の解決に当たることで、より有効な解決方法を導くことが可能になるだろう。

 

以上如何でしたか?

問題解決のために必要となる事柄を順を追ってご紹介しました。一言で問題といっても、その内容は重大なものから軽微なものまであるでしょう。重大な問題であれば、一人の問題解決力では対応しきれないでしょう。しかし、問題解決までのプロセスと技術を身につけておけば、問題の大小に関わらずその解決に向けてリーダーシップを示すことができます。そして企業にとって、問題解決力を持つ社員というのは最も大事であることは間違いありません。

 

まとめ

壊れる前に乗り越えろ!問題解決力を手に入れる5つのステップ

問題解決力アップのためのステップ1:基本的な手順を身につける
問題解決力アップのためのステップ2:便利なメソッドを習得する
問題解決力アップのためのステップ3:思考技術を高める
問題解決力アップのためのステップ4:実行力をつける
問題解決力アップのためのステップ5:多角的な視野を持つ

 

でもちょっと難しい、、、と思ったひとはこれを使ってみてください。

あなたの悪い癖を直し、良い癖を身につけるため目標計画表「エクスプレッションケアシート」です。これを行うことで、あなたは、

  1. 自分が変わることによって周りも変わることを実感することができます。
  2. 自分に自信が持てるようになりコミュニケーションが改善します。
  3. 周りからも目が変わり、外見的にもイキイキしてきます。

ぜひこれを使い、良い癖と、思考を身につけて、停滞している「今」をぶち壊してください。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント