メンタルを鍛えるために、毎日行うべきこととは

メンタルを鍛えるために、毎日行うべきこととは
仕事やプライベートでも「メンタル」という言葉をよく使いますよね。メンタルが強いと言われる人は色んな場面で人として尊敬されています。それは様々な場面で結果を出しているからと言えるでしょう。

このようにメンタルが強いと言われる人間に、あなたもなりたいですよね。ちょっとのことでは落ち込まないで最後までやり遂げることができれば、あなたも周りから尊敬されるのです。

しかしメンタルを鍛えるなんてことできるのかと疑問に思う方も多いでしょう。いつものように生活していれば、もちろんメンタルなど鍛えられません。メンタルを鍛えるためには毎日のように行うべきことがあります。

そこで今回は、メンタルを鍛えるために、毎日行うべきこととはお伝えします。

厳しい状況を選びそこに身を置く

いきなり最初から厳しいことを言いますが、メンタルを鍛えることは厳しい環境に身を置いて、そこでやり抜いていくことが一番なのです。それができる人のことをメンタルが強いと言うのでは…そう思いたくなりますよね。

それができるようになるためにどうしたらよいのか?今一度聞き返したい気持ちも分かります。しかしここで考えていただきたいのは、今現在メンタルが強いと思われる方が最初からそうだったのかと言うことです。

そんな彼らは小さなことからでも厳しい環境を選んできました。楽な道を選んでいたら今の彼らは無かったでしょう。必ずどこかで厳しい道に足を踏み入れたのです。そう考えると、今あなたが厳しい状況を選ぶ意味が分かるのではないでしょうか。

 

失敗から得たものを自分で確認する

厳しい道を選んだあなたは、残念ながらその世界でやり抜くことはできなかったとしましょう。つまり失敗という結果に終わったのです。この時に「やっぱりこうなってしまった。言わんこっちゃない!」なんて思っていたら、この経験は無駄になります。

しかしやり抜くことはできなくて失敗に終わっても、あなたには少しでもその世界に足を踏み入れ、そして少しの時間でもその世界を知ったわけです。そこをしっかり自分で確認しましょう。

例えば自由参加の登山をすることになった時、疲れるから不参加にしてしまえばそれまでです。しかし勇気を出して参加して、でも頂上までたどり着けずに半分で終わってしまったとしましょう。

登り切れなかったのですが、確実に半分までは行けたのです。不参加なら記録が無いですが、半分までは登ったという結果が残ったわけですよね。これは次への自信になるはずです。次に挑戦するときは少なくとも半分までは行けるわけですから。

そして次に頂上までいくためのヒントを得ることができたのです。ペース配分や持っていく水分など、次につながるヒントを得ることができましたよね。この繰り返しが結果的にメンタルを鍛えることに繋がります。

 

全てのことをポジティブに考えてみる

メンタルが強い人は考え方がポジティブなのです。常に自分が上手くいくことを想像していると言っても良いでしょう。つまり失敗したと見えることでも、あくまでそれは途中経過であり、これから上手くいくための糧でしかないと考えているのです。

上記の山登りが正にそういうことですよね。「頂上まで行けなかった」ではなくて「半分まで登った」と考えられるわけです。そのような考え方を普段から行ってみましょう。最初は無理やりにでもよいのです。

全てのことにはメリットとデメリットがあり、それは背中合わせとなっています。つまり考え方次第とも言えるのです。

例えば、車での仕事帰りに途中工事で通れなかったとしましょう。ここで「回り道して時間がかかってしまう」と考えずに、「たまには違う道を走るのも景色が変わって良いかな」と考えるのです。

これにより本当に今まで気づかなかったきれいな景色や、気になるお店の発見などができるかもしれません。ポジティブな方向に考えて動くと、結果として自分にプラスになる経験が増えていくのです。

 

今の自分を受け入れて今できることをやる

最後になりますが、メンタルを強くするには今の自分をしっかりと受け入れることです。人間はどうしても周りの人と比べて、自分は劣っていると思いがちです。そのネガティブな気持ちが行動力を抑制してしまい、メンタルを強くしようとしなくなるのです。

今の自分は自分でしかありません。それであればあとは自分が何をするかで将来が変わるということになります。人と比べても誰かに否定されても自分自身が変わることは無いのです。

しかし今自分ができることを本気でやっていけば、将来は今の自分よりも変わった姿になっているでしょう。

登山の話に戻すと、今の自分は半分まで登れるのですから、また半分まで登れば良いのです。その時にまだ余力があると分かれば6分目7分目まで行きましょう。いつか頂上にたどり着けます。今の自分ができることに全力で取り組めば良いのです。

 

メンタルが弱い方は今の自分を壊したくないと思っているのでしょう。恥をかきたくなかったり失敗が怖かったりと考えてしまい、何も行動しないで結果的にメンタルは弱いままでいることになります。

しかし今現在メンタルが強いと思われている方は恥もかいてきました。失敗も繰り返してきました。それはなぜかと言えば、人が辛くてやらないような事をやってきたからです。それをやり抜いてきたわけですから、人よりも自信をつけることができたのでしょう。

自信はメンタルを強くします。上記であげたことは自分に自信をつけるための方法とも受け取れるのです。厳しいと思うからこそそこに身を置いて、少しでも出せた結果を受け入れていきましょう。

その日々の繰り返しが、将来のメンタルの強い自分に育てるのです。

まとめ

メンタルを鍛えたいのなら

・常に厳しい状況に身を置こう
・失敗から得たものを自分自身で確認しよう
・全てのことをポジティブな方向で考えてみよう
・今の自分を受け入れてできることをしていこう



連記事

コメントをお書きください