企画書は構成で決まる!できる人とできない人の3つの違い

企画書は構成で決まる!できる人とできない人の3つの違い
企画書は構成が大切だと聞いた事ありますよね。提案する相手にわかりやすく、且つ納得してもらえる企画書を作成するためには、まずは「読ませる構成」が必要なのです。

内容的には同じでも、企画書の構成によって印象はガラリと変わります。もしもあなたが「自分と大して変わらない企画書なのに、なぜあの人の企画書はいつも通るのだろう」と感じているのだとしたら、構成に大きな違いがあるのかもしれません。

企画書は仕事を行う上で軸となるものであり、企画書を通すことであなたの仕事の評価が上がります。だからこそ頭を悩ませて作成する企画書ですが、効果的な構成を知るだけで、ぐっと質が上がるのです。

そこで今回は、できる人の企画書の構成を解説し、できない人とはどこが違うのかをお伝えします。



 

企画書は構成で決まる!
できる人とできない人の3つの違い

 

企画書の狙いがわかる魅力的なタイトルがつけられている


多くの企画書の中で「これは!」と思わせ、じっくりと読ませるためには、あなたの企画書に魅力を感じてもらう必要があります。できる人の企画書は、相手のニーズに沿った魅力的な狙いが一目でわかるようにできているのです。

これができる人とできない人の大きな違いです。企画書の構成の頭にくるタイトルは、その後の文章を熟読してもらえるかどうかを左右する最重要項目なのです。

読ませる企画書のタイトルは、以下のことが工夫されています

・簡潔明瞭に企画書の狙いを述べている
・企画書を読むことでどんな得があるのか強調している
・相手の想像力を刺激して「読みたい」と思わせるキーワードがある
・タイトルの中に具体的な数字を盛り込む

例えば、玩具メーカーで幼児向けおもちゃの新商品を企画書で提案する場合、上記の点に留意するかどうかでタイトルも大きく変わります。

「幼児向け電車玩具新商品の提案」
「手先の発達を促す!組み立て式電車玩具の提案〜母親のニーズを満たした3つの工夫〜」

ただ単に企画書の内容を簡潔に述べただけのタイトルでは、例えその後の構成が素晴らしく、中身にどんな深い内容が書かれていても、忙しいという理由ではじかれてしまうかもしれません。一方、タイトルに企画書の構成が想像でき、且つどんな内容なのか興味を惹く工夫を施すと、「読んでみよう」という意欲を与えることができます。

 

現状分析、問題提起、目標、提案の4本柱で成り立っている


企画書の構成は、わかりやすく、且つ必要な情報が全て記載されていることが必須です。企画書の構成は、大きく分けると4本の柱で成り立っています。その4本柱とは、現状分析、問題提起、目標、提案です。これを順序立てて作りこむことによって、わかりやすく説得力のある企画書の構成ができあがります。

1. 現状分析
企画書の構成の冒頭には、現状がどのようになっているのかを調べ、具体的且つ客観的な数字と説明を述べましょう。問題提起の前に現状を説明し、今どのような状態なのかを分析するのです。「こうだと思われます」という予測ではなく、しっかり調べて断言できる確たる事実を調べましょう。

2. 問題提起
現状分析の次は問題提起です。現状分析から問題点や改善点を指摘します。現状分析ができているからこそ、問題提起に説得力が出るのです。次の目標につなげられるような文章を心がけましょう。

3. 目標
問題提起の後は、その問題点を解決してどこを目標とするのかを明確にしましょう。企画書の構成では、先に目標を掲げることにより、「この目標に到達するために何をしようと考えているのか」という興味を惹くことができます。目標は高いほど魅力的ですが、同時に現実的であることも大切です。

4. 提案
最後は提案です。企画書の構成で最も力を入れるべき項目です。ここにくるまでに企画書を読む対象者を惹き付けることが、構成に求められることでもあります。スペースやページ数を最も費やす項目でもありますので、提案の中の構成にも読ませる工夫が必要です。

 

ターゲットが明確で、確たるデータを元に計画が立てられている


企画書の構成で要となる提案は、まずターゲットを明確にすることが重要です。性別や年代、職業や未婚既婚など、誰に向けた提案なのかを具体的に明言しましょう。

説得力のある企画書の構成には、必ず確たるデータが添付されています。なぜそのようなターゲットに提案するのか、どうしてその提案が効果的なのかを納得してもらうために、確たるデータが必要なのです。

また、企画書の提案を実行した場合、どのような利益があるのかを、しっかり分析して提示することも重要です。

・ターゲットの明確化
・そのターゲットに効果的だという数値データ
・提案内容後見込める利益のデータ

企画書の構成はこの3つを意識し、説明文の他に一目でわかるように協調することを心がけましょう。また、データは表だけではなく、グラフなどを使って見やすい構成にしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

企画書は構成が命です。どんなに良い企画でも、見づらく読むのが苦痛になるような構成では、読み込んでもらえません。企画書は、読み手を思いやった構成を意識することで、ぐっと読みやすくなります。

更に、構成を工夫することで、企画書を魅力的に、且つわかりやすくすることが可能です。思い入れが強いと、つい説明が長くなってしまいがちですが、順序立てて簡潔明瞭な構成にした方が、読み手に伝わりやすくなります。

あなたにとっては唯一無二の企画書ですが、読み手にとってはたくさんの企画書の中の一つに過ぎません。多くの企画書の中から「これは!」と思わせるには、内容はもちろんですが、やはり目を惹く構成かどうかが勝負を分けるのです。

 

まとめ

企画書は構成で決まる!できる人とできない人の3つの違いは

・企画書の狙いがわかる魅力的なタイトルがつけられている
・現状分析、問題提起、目標、提案の4本柱で成り立っている
・ターゲットが明確で、確たるデータを元に計画が立てられている

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれると話題の「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。

プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

近日中に起こる運命を知りたい方は、初回無料ですので是非お試しください!

コメント