あなたが就職できない理由と今からとるべき対策とは

あなたが就職できない理由と今からとるべき対策とは
就職できない人はその理由と対策を考えることが大切ですよね。不景気な世の中であることを考えるとなかなか就職できないのは当然かもしれませんが、「仕方ない」で片付けられる問題ではありません。

さて、物事うまくいかない時、まずしなければならないのはうまくいかない原因を考えることです。そして原因を知った後はそれを改善するための対策を考えることが基本であり、就職においてもそれは同じです。つまり、なぜ就職できないのか?…その理由を考えることが第一であり、次にそれを改善する対策をとってはじめて就職ができるのです。

ここでは就職できない理由として実際にあり得る可能性をいくつか挙げ、どうすればそれを解決できるかをアドバイスしていきます。このため今回は「あなたが就職できない理由と今からとるべき対策とは」をお伝えします。



 

あなたが就職できない理由と
今からとるべき対策とは

 

「やりたい仕事が見つからない」への対策


「やりたい仕事が見つからない=やりたい職種を募集していない」というのであれば、仕事を探す地域を変えてみてください

例えば、あなたが都会の中心に住んでいるならそこはオフィスやお店が立ち並ぶ環境ですし、求人募集も当然営業職や販売職が大半を占めるでしょう。そして、もしあなたが工場で働く製造業を希望しているなら、そもそもこのような都会の中心でその仕事を探そうとするのが無謀です。この場合、少し離れた地域の求人募集に注目することで問題が解決する可能性があります。

もし隣の市町村の環境がガラリと変わるなら、その地域の求人募集の内容もガラリと変わります。やりたい職種が決まっているなら、その職種の募集が多い地域の求人に注目するべきです。もちろん、通勤が可能かどうか…場合によっては引っ越しが可能かどうか…その点はあなた自身で判断しなければりません。

 

「面接を受けさせてもらえない」への対策


就職できない理由として面接も受けさせてもらえないのであれば、応募の仕方を考える必要があります。対策としてはまず「早く応募すること」です。

全てがそうというわけではないですが、企業によってはいち早く人材が欲しいことで半ば早い者勝ちで採用するところもあります。このため、例えば雑誌や求人広告を見て応募するのであれば、雑誌の発売日や広告が入った日にいち早く応募しましょう。

また、「応募の電話をする際の印象を良くすること」も大切です。ハキハキした口調と声、さらに言葉遣いなど、少しでも相手に良い印象を与えれば面接を受けさせてもらえる確率も高くなります。また、お昼休憩にあたるような時間の電話は避けるなど、相手が嫌に思わない時間帯に電話することも大切です。

 

「面接で合格できない」への対策


面接でどう判断するかは相手ですし、資格の有無や年齢も対象になるため100%面接で合格するテクニックはありません。しかし、面接の合格率を高める秘訣があるのでそれをお伝えします。

まず、履歴書や職務経歴書をあまり細かく書きすぎないことです。細かく書きすぎると相手はそれを見ただけであなたを判断できてしまえますし、そうなると言葉で直接アピールすることができません。このため、履歴書などを書く際に意図的に多少曖昧に書いて質問を誘導する…そして狙いどおり質問されたところで改めて自分の言葉でアピールする…これも1つのテクニックです。

もちろん確認すべきことはしっかり確認する、清潔感ある外見を意識する、やる気があることをしっかりと伝えるなどの真面目な印象を与えることは必要不可欠です。

 

「年齢的に厳しい」への対策


年齢が高くなるほど就職が厳しくなるのは事実です。30代や40代になると募集の際の年齢条件に該当せずに就職できないという人もいるでしょう。この場合の対策は、年齢条件を満たしていない時点で諦めないことです。

例えば、自分が35歳だとして応募の欄に25歳〜30歳までと記載があったとしても、電話して「35歳だけど面接を受けたい」と伝えれば、熱意次第で受けさせてもらえることもあるのです。年齢を理由に就職できないという人は、「自分の年齢が記載されている条件を満たしていないから就職できない」ということが多く、実際に問い合わせていないケースがほとんどです。

例え募集している年齢と自分の年齢に差があってもやりたい仕事があるなら電話してみる…その姿勢を徹底してください。そうすれば中には面接を受けさせてくれる企業もありますし、就職できない現状を打破できる可能性もあるのです。

 

就職できない理由と対策にはこれらのようなことが考えられます。就職するにはまず求人に目を通さなければならないですが、その際は自分の希望する職種が多い地域の求人に目を通す、年齢は気にせずとりあえず電話する…こうした意識や姿勢が大切です。また、電話する際には相手に迷惑が掛からない時間を選び、なおかつ求人が掲載されてから少しでも早いタイミングで電話することを心掛けてください。

ちなみに、「引っ越しするから県をまたぐ距離でも気にしない」という人はインターネットの求人サイトを利用するのもおすすめです。インターネットでは地域を指定して求人を探すことができるため、極端な話、沖縄に住む人が北海道の求人情報を見ることも可能です。就職できないからといって諦めてはいけません。

就職できない理由や対策を考えることで意外にも簡単に就職できることもあるのです。

まとめ

就職できない理由とその対策

・「やりたい仕事がない」…今と違う地域の求人を見れば違う職種が掲載されていることもある
・「面接を受けされてもらえない」…早い者勝ちの時もあるので少しでも早く応募する
・「面接で不合格」…敢えて曖昧な履歴書を作り、質問を誘導して言葉でアピールするのもテクニック
・「年齢的に厳しい」…応募条件の年齢は目安のため、その年齢と異なっていても電話してみるべき

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

コメント